恥ずかしながらというか、御多分にもれずというか、ここ2、3年、総コレステロールが高い状態が続いていました。数値的には240くらい。正常値は130〜219とのことです。医者にかかっていた訳ではありませんが、知人の医者からはコレステロールを下げるという薬を夜一錠飲むよう勧められていました。でも飲んでませんでしたけど。

ほぼ毎日30分の水泳は欠かさないので運動不足ということはありません。でも夜更かしをする生活でどうしても夜中に何か食べてしまうので、これが一番悪いとは分かっていましたが、今に至るまで夜中の猫絵描きは止められません。

先日、一年ぶりくらいに血液検査をしました。すると、なんとコレステロールは正常値の範囲になんとか滑り込みセーフだったのです。
生活状況は変わってないので、食べ物で何がよかったのかと考えると2、3思い当たることがあります。

@この一年ほど「酢漬けニンニクを一日2粒」を心がけている。
Aここ2ヶ月来、夜中に空腹を覚えたら、食べるのは「納豆」2パックと決めた。(もちろんアホエンをかけて)
B最近手作りおやつ(私の手作りではありません)をプリンから寒天に替えた。
Cこの一ヶ月くらいの間、アジの三杯酢に凝り、平均二日に一度くらいの頻度で食べた。(私の料理で唯一自慢できるのが甘ずっぱ味なのです。)
これ以外にも、だんだん「肉より魚」「油脂をできるだけ摂らない」食生活に切り替えていくよう努力をしています。野菜は昔から大量に、生野菜より煮物で摂ります。

単なる勘ですが@のおかげが大きいのでは、と思います。仕事のある方はいくら「臭わない」と言っても毎日ニンニクを食べるのは心配でしょうから、せめて土日だけでも試してみられてはどうでしょう。ニンニクでなく、酢の方を飲むのもいいと思います。

酢漬けニンニク、アホエンともに「明日から役立つ健康法」に掲載しています。