エンサイ・空心菜(茎が空洞になっている野菜という意味)・ウォンサイ・パックブン……etc.
洗ってすぐ油炒めOK、夏バテ予防の栄養を簡単に美味しく摂れる!
 
これ、全部一つの野菜の名前ですがご存じでしょうか?
一昔前まで日本ではとても口に入らないだろうと思われた様々な外国の栄養価抜群のスーパー野菜が、今ではホントにスーパーで簡単に、しかも結構安く買えるようになりました。農家の皆様に感謝。
で、このエンサイですが、もともと熱帯の池や川に浮かんで生えるヒルガオ科の多年生水生植物だそうです。写真はこちら
もう30年以上も昔、生まれて初めて東南アジアでこれを食べて以来、日本に帰ってからもずっとそのおいしさを忘れられませんでした。他の材料は何も使わず、大きな皿にドン!と油炒めした緑の葉っぱが山盛りにされて出てくるのですが、シャキシャキとちょいヌルの不思議な食感のとりこになり1人でもペロリとたいらげてしまいます。クセというほどではありませんがちょっとアクっぽいところもあります。でも炒め方、味付けがうまいと全然気になりません。
この幻の野菜が、なんと、今では日本でも栽培されていて、一部の地域ではスーパーで売られているではありませんか!しかも一束¥100ほどで。見かけられたら是非買って食べてみて下さい。料理は(も、かな)まるでダメの私、レシピなど持っていませんが、とにかく絶対オススメは油炒め。これに限ります。しかも、他の野菜や肉など入れず、これだけで!下ゆでは不要です。
 
 エンサイは水洗いして、5cmくらいにザクザク切る。
 フライパンに油を熱し、ニンニクのスライスを入れ、香りをつけたらニンニクを取り除く。
 エンサイの茎を先に炒める。
 次に葉を入れて、しんなりしてきたら
 火を止める直前に化学調味料、醤油、お好みでオイスターソースなどで手早く味付け。
 出来たらすぐ食べます。時間をおくと鉄分のためか黒ずんで見た目がちょっと……
 
くどいようですが、肉やら何やら色々入れるよりこのシンプルな食べ方が一番美味しいと思います。それが証拠にタイでも中国でもこう料理しています。タイに行かれたら「パックブンパット」(phak bung phat)、中国なら「素炒空心菜」と注文してみて下さい。
 
どうしても油炒めが口に合わないという人は面倒見切れないというのが本音ですが、家族の健康の為には仕方ありません、ほうれん草の要領でおひたししてみて下さい。蓚酸などありませんから、ゆであげたら水に浸す必要はありません。それでもクセが気になる場合は、だいこんおろしをかけると意外に合います。
 
或いはお好み焼きにキャベツの代わりにタップリ入れるのもグー。野菜ぎらいのお子さんからお父さんまで誰でもきっと文句なしに「おいしい!」と言うに違いありません。栄養価もキャベツよりぐんと高いはず。(キャベツさん、ごめん)
 
 
種も売られています。日当たりがよくて水はけの悪い土地なら最適です。肥料を十分やれぱどんどん伸び、収穫時に根もとを5〜10cm残しておくと節のところからまた伸びて再度収穫ができます。また買ってきたエンサイの根もとの部分を挿しておいてもすぐ根付きます。
 
栄養価など:(台湾・中国などのHPから抜粋しました)
空心菜はビタミンA、B、C及び蛋白質を豊富に含む。
高血圧、赤痢、鼻血、痔、口臭に効く。便通を整え、解毒作用がある。
体を冷やすので「虚寒」の人、下痢している人は食べすぎに注意。

空心菜に含まれる蛋白質はトマトの5倍,カルシウムはトマトの12倍、
豊富なカロテンを含む。繊維質も多く含み、腸の動きを活発にし、便通・
解毒作用を持つ。
空心菜はアルカリ性食品で、腸の酸性度を低下させ、腸内細菌のバランスを整え、カロテン、ビタミンCとの相乗効果でガン予防効果をますます高める。動物実験では空心菜の抽出液に、コレステロール、トリグリセリドを減らす作用が認められた。
空心菜の葉緑素は優れた虫歯予防、美肌効果がある。
空心菜には黄色葡萄球菌、連鎖球菌に対する抑制作用がある。
夏にせっせと食べると熱射病、食中毒の予防になる。
生の空心菜の葉を絞って液を塗ると、腫れ物、皮膚の感染症に効く。
              ☆ 便秘によく効きます!
我が家のエンサイ畑です。画像クリックでブログの関連記事に飛びます
Back