いやー、まいりました。今年(2004)の異常猛暑、6/20から10日間、夏至の頃の炎天下に毎日1時間ほど泳いだとあっては日焼けしないわけがありません。この歳になっては美貌より健康を取る、と割り切ってはいたものの、生まれもつかぬ日焼け顔にシミが浮かび上がるほっぺたを見るとさすがに少し慌てます。去年は曇りや雨の日が多かったのに、今年はギンギンの灼熱サンビームだったし。
 
もちろん、頼みはMITCHI OIL、せっせと塗ったのですが、ここまでコンガリと焼いているとあっては、美白効果もなかなか目に見えるものがありませんでした。そこで、瓶の底の沈殿層、抹茶のオリーブ油練りを割り箸ですくい上げ、それをこってりと頬に塗りつけました。
 
すると3日目あたりから、黒く焼けた中にさらに醜く目立っていたシミがさほど目立たなくなり、地の色も少し白くなってきた感じ。肌のキメも整ってきました。手の甲も同じく白さが戻りつつあるのが目で見て分かります。
 
速効美白にはこれがオススメです。沈殿層をすくうより、初めからペースト状に仕上げるレシピも加えることにします。
序でながら、これ……水虫にも効果テキメンでした。