復調

一月も半ばとなり体調は完全に元に戻りました。が、何だか疲れ易い上にやる気が出ない。絶対欠かせない猫の世話以外はダラダラして過ごしています。?と言うことは前と同じ?本当は部屋の片付けとかする計画だったんですが。まあ、やらなかったからと言って誰に迷惑かける訳でもなく、自分が不便をかこっていれば済むこと、気にしてるのは自分だけさー。(周りの人は呆れてる)

朝日の当たる裏手の林へ行くといつもどこからかチュルオがやって来ます。

ヤマザクラの幹に登って朝日を見つめるチュルオ。

こんな不思議な形の物が。キノコのショウロ?じゃない。それに左上が裏返した物ですが、土に接してない。じゃ、何かのタネ?

丸い部分はフワフワ、割いて見たら中身はまるでココアパウダー。

調べて見たら、やはりツチグリと言うキノコ。土から離れているのは時間が経ったからでしょうか。若いものは食べられるとか。今年の発見第一号でした。

今年は無理せずボチボチ行きます。

遅まきながら明けまして

初春の光に輝くエノキの梢

皆様、2019年の幕開けを如何お過ごしでしたでしょうか。お天気的には予報より暖かく日差しに恵まれた最高なお正月でした。が、、、去年秋ごろからずっと続いたとんでもない忙しさが祟ったのか、私的には生まれて初めての絶不調、エライこっちゃな年明けでした。それも体の中で一番丈夫なはずの消化器系がノロウイルスかと心配する状況、でも熱も吐き気もなく、その疑いは勝手に晴らし、ひたすらゴロゴロ寝て過ごしました。大晦日から電波の届かない山奥の温泉に泊まっていたこともありますが、更新がやっと今になったのはそのためです。今はほぼ普段通りの体調に戻っていますので、先ずはご安心下さい。

ゴロゴロしてたと言っても、猫達の世話、投薬、点滴、病院通いは欠かせず。まっちゃんの抗ガン剤注射の為の週一の通院に加え、ニコちゃん、チュンチュン、チュルオが次々に風邪を引きゲホーッゲホーッと恐ろしいような咳、注射してもらっても若いニコちゃん以外はシツコク咳が残り心配しましたが今は皆ほぼ完治。

カレンダーですが、第1刷が12/20に届いたらすぐさま泊まりがけで配りに出かけるやら郵送、宅急便、手渡しとせっせと送り出していると、どう計算狂ったのか足らなくなって、印刷屋さんの年内最終日に間に合うギリギリで再発注、そしたら何とまたしてもなくなってしまい、大晦日に第3刷を発注、というドタバタ。何もただでさえ忙しい年末にこんな苦労することないのに、ひとえにさっさと秋ごろに印刷出来なかった私が悪い。今年から絶対絶対余裕で仕上げるッ!!

まっちゃんですが抗ガン剤治療が思いのほか著効あり、今は元気な時と同じくらいに回復しています。部屋の中でじゃれて咬むとか態度も前と一緒に。週一で静脈注射、その後抗ガン剤を毎日飲むのが2錠、3日に一度が1錠。それを8回が1クールとか。まっちゃんはとても大人しく治療を受け、薬も上手に飲んでくれます。飲ませる時、ああ、毒を飲ませてるんだ、吐気がしたり毛が抜けたりするんだ、、、というためらいがあった私ですが、こんなに元気になるなんて。どうして人間の場合はこうじゃないんだろう。

年末に起こった想定外の事件、犬を一匹預かりました。飼主さんが足を骨折してしまったので世話が出来ず暫く預かってもらえないかと。ま、犬ならお任せあれという人です。

と言うわけで年賀状やメール頂いた方々にご返事出来てませんが何卒ご容赦下さい。


カレンダー印刷中

13日大安の日、やっっとの思いで脱稿~。去年は奇跡的に10月初頭に刷り上がったというのに。今年からもそのペースを守ろうと思っていたのに。

師走にずれ込んでしまった上に風邪引いて一時38度超の発熱、一週間フラフラ、その上この同時期にまっちゃんが危篤、入院。連日片道1時間程かけて病院へ通うことになり、更に私もシェフも歯科と胃カメラの予定が目白押し、という散々な状況の中、何とか年内に間に合いました。

いざ印刷屋さんへ、という段階になって、ふと困ったのが来年の祝日がどうなるのか、ということ。良くも悪くもここまで遅れてしまった以上、来年の実情に合ったものにする方がいいのでは、日本一遅く完成するカレンダーとしては、と悩みました。ネットで色々検索してもなかなか決定的な情報がない。最近寝込んでいたりしてニュースも殆ど見ていない。

でもシェフの意見で5月の連休を10連休に、10/22を赤色にしました。その時点でネットでこのようになっているカレンダーの画像は一件しかなかったので内心ちょっとハラハラ。もしそうならなかった場合、休みと思い込んで欠勤しちゃう人が出たりしては責任重大。でも14日に正式に公布されたとのことで一安心です。

実はさっきシェフが気付いたんですが、ちょっとしたデータミスが1ヶ所...まあ大勢に影響ないのですが。増刷する機会があれば訂正せねば。シェフは校正の鬼なんですが事前に気付かなかった><

完成間近の頃、農協の直売所へ野菜買いに行った時、「猫のカレンダー、来年のはないの、とお客さんに聞かれたよ」との嬉しいお言葉。これで一気にやる気が蘇りました。

それからさっきハッと気付いて年賀状もアップしておきました。

まっちゃんは肺のレントゲンの白濁が取れた後、胸に腫瘍があることが判明、、、。手厚い治療のおかげで何とか危篤状態から生還、12日に退院し家に連れて帰りました。その晩はご飯も食べ水も飲み、まずは一安心でした。

次の日かかりつけの先生に診て頂いたところ、確かに胸に腫瘍があるのは間違いない。組織を取って生検に出すことになり、まっちゃんは優しい二人の看護師さんに取り押さえられ、胸に5回も注射針を刺されて...血の混じった液体をプレパラートに塗りつけ、検査へ。一週間後に結果を連絡して下さいます。

帰りに八幡神社へ寄ってお賽銭をあげお神籤を。「大吉」で病気は「重くない。治る」とのお告げでした。

まっちゃんは肝臓の数値も悪く、毎日一錠錠剤を飲ませ、肝臓用の療養食を食べさせています。痩せてはなくご飯もまあ必要量は食べていますがさすがに元気はあまりありません。部屋の暖房も一畳のカーペットに加えて去年使った台所用のマットも追加。外見は毛づやも良く目も澄んでいてそんな重病人には全然見えません。可愛そうなまっちゃん。ガンになった子は初めてです。

 

 

ドタバタ師走

カレンダーあと一息までこぎつけたところで、先月末にまた一泊でお江戸へ、帰りに大阪へ寄って土曜日に帰宅。日曜日は鋭意カレンダー制作。

3日の朝になって頭痛と熱っぽさ。実はこの日歯科検診の予約入ってたのをコロッと忘れて、目が覚めたのが丁度その予約の時間。電話で明日に変更、絶対1日で治してみせると、大阪で買って来た漢方の風邪薬「板藍根」を仇のように飲みまくったおかげで、歯科受診は辛くもクリア、口開けている時に咳き込んだりとかはありませんでした。ついでに腎不全のクリちゃんも一緒に連れて出て点滴パックもらうのと血液検査のため帰りに動物病院へ、何とか現状維持出来ているとの結果。

が、その晩から38度超の発熱。週一のゴミ出しが出来ず。

5日午前中の猫の世話に行ってみるとまっちゃんが何だかおとなしすぎる。よく見ると息をする度にお腹がやや大きく膨らむ。

引っ越して来て間もない頃、最初の異変を見逃してゴローちゃんを死なせてしまった教訓、すぐさま軽トラで病院へ。途中何度かニャーンニャーン、キャッと声を出していたまっちゃん。

病院へ着いたら何と先生が学会出席のためお留守、前の日クリちゃんを診て頂いた時にチェックしてなかったー。診て頂いたことのあるもう一軒の病院は本日休診、で紹介して頂いた一番近いという病院へ、これが結構遠い。着いて受付の看護師さんがまっちゃんの顔を真っ先に確認して下さったところ、口から泡を吹いている。全然気付かなかった私。まっちゃんは朝よりぐっと容体が悪くなっていて診察台の上で横になったまま口からハアハアと息をしてヨダレもいっぱい(実は私はこれは車酔いだとばかり)、酸素吸入、抗生剤、利尿剤注射、レントゲンは無理すると死んでしまうかもということですぐには写せず。しばらくしてやっと一枚撮ったら何と肺が真っ白!まるでゴローちゃんの悪夢の再来。呼吸はゴローちゃんと比べればずっとマシでしたが先生はこのまま急死する恐れがあると。

2時間ほど付き添っていましたが10分15分おきに様子をみて色々な注射や採血、やや落ち着いて来たので酸素室で預かって頂けるようになり一旦帰宅。夜また様子を見に行くと口も閉じ顔つきはほぼ普通に戻っていました。その晩酸素室で入院。

明くる朝早朝から行く胃カメラ検査の病院を下見して夜も更けてから帰宅、やっぱり38度位の熱があり、明日大丈夫かな、と思いつつバッタリ倒れて眠る。

続きはまた明日にしてもう寝なきゃ。明日は地元の会場でレントゲン受けます。特定健診の最終項目。忙しいー。

 

 

 

晩秋点描

紅葉の山を背景にカラとトムの2ショット。あの紅葉してる木はヤマザクラのようです。

庭のサルスベリの下に生えているこれはハゼ?そのまんま日本画みたいに美しい。

と思ったら暫くしてもっと美しくなっていました。

春に家出して帰って来ないフーちゃんを軽トラで捜しに行く道にこんなきれいな風景が。

ちょっとした渓谷の脇に生えている柿の木。

猫小屋の入り口の足下に張り付いていた黄色い大型のきれいな蛾。四つある目玉模様のところは透明です!動きが鈍いのでもう寒くなって寿命なのかと猫に踏まれない場所に移動させていたら次見た時また元の場所に戻っていました。

お腹がかわいい!

ウスタビガという種類で幼虫は桜の葉を食べるとか。害虫だけどかわいい。

毎日写真ばっかり撮ってスマホのストレージがそろそろ満杯です。

勿論カレンダーも鋭意制作中、ですが毎日眠くて遅々として進まず。

 

httpsになってました

かなり前からレンタルサーバー会社からのお知らせで悪意ある連中からサイトを保護するための措置を執るようにと言われていましたが忙しさの余り無視し続けていました。そしたら最近ふと気付くとHP(http://mojunicat.com)もこのブログも「保護されていない通信」と表示されているではありませんか!!人聞き悪くてしょうがない。

しかたなく少し面倒な操作を。無料のsslが使えるというので、それを設定しようとしたら、何とどうやらもう使用しているみたい。でも何度やっても保護されていないとの表示は変化なし。もう諦めようと思いましたが、試しに手動で「https://mojunicat.com」と入力してみると、ちゃんと「保護されていない通信」という文字の消えたサイトのメイン画面が表示されました。但し無料のサービスのためでしょう、タイトルの前の i をクリックすると「このサイトへの接続は完全には保護されていません」という説明が出ます。完全に「安全なサイト」であるというお墨付きをもらうには費用を払わなければならないようです。(暫く経ってみるとブログの方は「安全」の鍵マークがついてます。訳分からん)

個人情報を記入して頂くようなページはありませんので、ご覧頂く皆様には害はないと思うのですが、私の方からすれば悪意のある人物に勝手に書き換えられる可能性があるというらしい。

お金を払ってセキュリティ強化するかどうするか、考え中です。

5日ほど前の深夜に突然の来訪者あり。シェフのお友達で大阪から九州まで車で帰省中に突然ナビが故障という災難に遭われ、やっとのことで真夜中の到着となったらしい。ナビ無しでこんな真っ暗な山の中へ入って、無事着いたからいいものの、道に迷ったらエライ事になるところでした。

 

紅葉

まずまずの秋晴れが続いて、日の光の中で始まったばかりの紅葉が目を引きます。

常緑樹が殆どなのでこの一角の紅葉がとても貴重。何の木なのか分かりません。

前の家から持って来たナンテンの葉が何とも言えず美しい赤色になっていました。もう何年も小さな鉢のまま過ごしていて早く直植えにしてやらないと。毎年注連飾りにはこの葉を頂いています。

ヤマザクラの落ち葉とバニーちゃん。この時実はトイレの場所を探していたのでした。

暖かい今日、温水器から離れたチュルオ、やけに私に寄り添って来るので写真を撮ろうとしたら背中にジャンプすると言って聞かず。やっと寝そべっているところをパチリ。

カレンダー、毎日頑張っているものの眠くて筆が進まない。新作はほどほどにして前のイラストを使ってチャッチャッと仕上げようかなぁ。

特定健診のオプションの胃カメラの予約をしました。何でも「徳島で胃カメラと言えばここ」という病院、1ヶ月先です。鼻から入れるとのこと、初めてのやり方です。

 

秋晴れ続く

やっと秋晴れと呼ぶにふさわしい天気が何日も続くようになりました。とは言っても午後3時頃になると曇りがちになることが多いです。猫たちの部屋5部屋に一畳のホットカーペットを新調してやり夕方からスイッチオン、腎臓の悪いクリちゃんの部屋は24時間つけっぱなしです。今日は最後の一部屋、リカちゃんのいるサンルームの片付けをして掃除機をかけ、寝袋を広げた上に電気カーペットを敷いてやりました。寝床として段ボールの箱に入り口の穴を開けたのを逆さにしてカーペットの上に設置(コタツ等重いものを置けないので)、でもリカちゃんはそれには入らずカーペットの下に潜り込みました。夜になってから見に行ったら箱に入っていましたがサンルームなのでガラス張りの部屋、広いカーペットにしてもひんやりしています。なのでアルミ蒸着の救命用の体を包むブランケットを段ボール箱の上にすっぽり被せてやるととたんに中がポカポカ、リカちゃんもゴロゴロ。これで猫たち全員の冬支度めでたく完了です。電気代がいくらになるか心配。

大好きなナンキンハゼの美しい紅葉が始まりました。これから年々豪華な紅葉を見せてくれると思うと嬉しいです。

ソメイヨシノの葉っぱ、去年は枝に付いたまま茶色くなって散ってしまいましたが、今年は美しく紅葉しました。今年見つけたネムノキベイビーの上にもハラハラと。この鉢の中に3本の小さなネムノキが育っています。

きれいに色づいた葉を拾ってテーブルの上に並べました。

ミニユンボのバケットで日向ぼっこするチュルオ。何故か人相悪^^; この頃昼も夜も家の裏手の温水器の上のホンワカ暖かい場所に寝ていてあんまり顔を見ない。心配で時々いるかどうか確認に行きます。

2月末に請け負った猫の肖像画2枚の仕事が9ヶ月かかってやっと完成、晴れてのんびりと秋を楽しめる...いやいや△カレンダーを今月中に仕上げなきゃ。

△カレンダーが間に合わなかったあるメガネ店さんのイベントのためにこんなの作りました。

日付の文字、フリーのカレンダーを使ったけどフォントが気に入らなかったので手書きにしました。

 

 

芸術の秋?

ずっとお約束の期日を大幅に超えて尚仕上がらない仕事があるのですが、いよいよ今年も終盤、お尻に火がついて大車輪です。

一昨日、昨日はまあまあの秋晴れだったのに今日はまたまた雨、お蔭で猫たちの世話が手抜き出来るので稼ぎ時です。

先週末に用事で東京へ1泊、今回は初めてのICカードでの新幹線乗車、少しドキドキでしたが改札機をすんなり通れホッとしました。これまで何度かはスマートEXで座席予約、切符は乗車前に専用機で暗証番号とクレジットカードで購入していましたが、何せ徳島から新神戸までは高速バスなので切符購入の時間がヒヤヒヤもんでしたがこれで安心。

新神戸駅で手土産購入。いつも風月堂のゴーフルに決めています。自分が食べたいものだから。

それが慣れない都会、我ながら情けないやら可笑しいやらなドタバタ珍道中。復路、東京駅始発ののぞみ1号の指定席に座って、ふっともう一度確認のため切符を取り出して見ると、えっ、のぞみ2号になってる!!えらいこっちゃ、と飛び降りてもう一度よく見ると、それは捨てないで入れてあった使用済みの上りの切符。慌ててまた飛び乗りました。はずかしー。

下車してからもまた...何度目かの新神戸駅なのに正面玄関を出て左手にあるはずの高速バス乗り場がない!え~~間に合わないよーTTと青ざめて暫し考えると、そうだ、エスカレータでもう一階下に下りないといけないんだった。

寄る年波でことごとくマゴマゴしてしまう...年内にまた行くことになっているのですが、次は慌てる事無く済みますかどうか。

近頃やけにバッタやカマキリを見かけます。家の中にも入って来ます。初めて見たカマキリのカップル(多分)、こんなに大きさが違うんだ。これなら食っちゃうのも訳ないですね。この彼氏の運命や如何に?

黒き猫図2幅。

ソメイヨシノの落ち葉とトム。

ヤマザクラとバニーちゃん。

 

晩秋?点描

晩秋と言うにはちと早いかも知れませんが。

昨日10/10は体育の日、晴れの特異日だと言うのに朝から小雨、夕方には大雨、しかも夜中までしつこくザーザー、シトシト降り続きました。結構寒くてリカちゃんのサンルームの窓を閉めホットカーペットの電源を入れてやりました。

午後の猫の世話の合間に敷地のはずれの栗の木のところへ。

栗の木は2本、手前の方が大きくて今までよりたくさんの実をつけています。新しい住人の私がクリが大好きだと知って気を良くしたのか?本当に植物は人間を観察し、自分に好意を持つ人間に寄り添うものなんですね。

運良くサルを出し抜いて地面に落ちてる丸々した立派な実をたくさん拾えました。クリのイガを靴で踏んで剥いで実を取る、というのが正しい採取法だとは知っていますが、そうそう器用に剥けず、しかたなく素手の指でイガを開いて実を取りました。かなり長い間指先がチクチクしました。

イガが雨に当たってふやけて自然に開き、実が取りやすくなっているものが多くラッキー。木になっているうちに実がこぼれ落ちる程開いているものは地面に落ちた瞬間実が飛び出して楽勝で拾えます。

サルが食った形跡のある実がたくさんありました。イガの中には大体3個の実があって、真ん中のものが丸々育ち、両脇のは貧弱にペシャンコになっているのが多いのですが、サルは丸々してるものばかりを渋皮の内側に全然実を残さずきれいに食べています。

小さな茶の木には蕾、花、実が同居。花はいい匂い。

こんな赤いススキの穂って見たことないかも。とても怪しい美しさ。狐に化かされそう。

バニーちゃんがソテツの前にいました。

その近くのエノキの根元の緑の絨毯。