晩秋?点描

晩秋と言うにはちと早いかも知れませんが。

昨日10/10は体育の日、晴れの特異日だと言うのに朝から小雨、夕方には大雨、しかも夜中までしつこくザーザー、シトシト降り続きました。結構寒くてリカちゃんのサンルームの窓を閉めホットカーペットの電源を入れてやりました。

午後の猫の世話の合間に敷地のはずれの栗の木のところへ。

栗の木は2本、手前の方が大きくて今までよりたくさんの実をつけています。新しい住人の私がクリが大好きだと知って気を良くしたのか?本当に植物は人間を観察し、自分に好意を持つ人間に寄り添うものなんですね。

運良くサルを出し抜いて地面に落ちてる丸々した立派な実をたくさん拾えました。クリのイガを靴で踏んで剥いで実を取る、というのが正しい採取法だとは知っていますが、そうそう器用に剥けず、しかたなく素手の指でイガを開いて実を取りました。かなり長い間指先がチクチクしました。

イガが雨に当たってふやけて自然に開き、実が取りやすくなっているものが多くラッキー。木になっているうちに実がこぼれ落ちる程開いているものは地面に落ちた瞬間実が飛び出して楽勝で拾えます。

サルが食った形跡のある実がたくさんありました。イガの中には大体3個の実があって、真ん中のものが丸々育ち、両脇のは貧弱にペシャンコになっているのが多いのですが、サルは丸々してるものばかりを渋皮の内側に全然実を残さずきれいに食べています。

小さな茶の木には蕾、花、実が同居。花はいい匂い。

こんな赤いススキの穂って見たことないかも。とても怪しい美しさ。狐に化かされそう。

バニーちゃんがソテツの前にいました。

その近くのエノキの根元の緑の絨毯。

 

 

深まる秋

少し前収穫したシバグリと柿。どちらも敷地のはずれにあって普段殆ど世話どころか見に行ってやることもないためか木にも元気がなく実もみすぼらしい、と思っていたらクリは今年今までよりたくさんの実をつけ中身もしっかりしたものが増えました。柿はまともなのは3、4コしかないのですが1つ一番熟れているのを食べるととても甘かった。この冬肥料をやらねば。

先月中頃第一陣がチラホラ開いた後は暫くまた青い蕾のままだったキンモクセイがいよいよ満開となり、毎日朝一番戸を開けると周りにいい匂いが漂っています。去年の満開が9/22と記録があるので、今年は随分遅れたのですが、それでも愛媛の海沿いと比べると10日以上早い。まだ地面に花びらは全然散っていませんがやがて黄金の絨毯が見られます。

またまた台風接近。今度は進路の右側に当たるし風台風だとのことでまたまた心配。でも中心はかなり離れたところにありそうだし四国山地があるから...

猫の暖房にホットカーペットを買おうかと調べたら、8時間後に自動オフという機能つきが多いです。留守にする時なんかにそれでは可愛そう。でもそんな機能が付いてると言うことはつけっぱなしはかなり危ないということ?エアコンは高いし温もらないし、石油も薪もストーブは面倒だし危険...ペット専用の座布団は何だか商品説明も口コミも日本語が怪しいので買う気がしない。

急に寒くなって夜はダウンコート着るほどです。これまでだったらまだまだ半袖、遮光ネットが活躍している時期なのに。万年ヘルペスのクロリー、春にえぐい風邪で入院までしたリンタロー、食べ物を直後によく吐くカラの3匹がそれぞれ症状がぶり返したり頻繁になったので病院に連れて行き、インターフェロンの注射をして頂いて毎日朝晩2回投薬中、クリちゃんの点滴に加え暫く手間がかかります。

芸術の秋だというのに絵を描く時間が全然取れない><

災害月

今年の9月は何という1ヶ月だったのか...

記憶が正しければ丸一日文句なしの秋晴れだった日は一日もなく朝夕どちらかが曇りだったという難ありの晴れの日が二日位だったかな。一昨日木曜日は何故かほぼ一日中気持ちよく晴れた一日でしたが、不気味な巨大台風が来ているというのが玉に瑕でゆっくり青空を見上げてもいられず。

前回4日の台風21号で高い場所にある小屋へ避難した時も準備~事後の片付けでクタクタ。今回は別の小屋(トッピーとクリちゃんが使っている)を使うことになり、昨日の金曜日、朝早くから猫の寝床やトイレを片付け、空気で膨らませるベッドを置いて人間の寝場所をしつらえるのに丸一日を費やし、夜になってやっと準備完了し、雨が降り出す前に移動しようと言ったらシェフが今回は避難しないと言いだしたのでドッと疲れが。土砂崩れはたった6秒間の出来事だとか...まあ、ここは上からドシャッと崩れて来る崖はないのですが、家が滑り落ちる恐れが...

猫たちは台風の間、計5ヶ所の部屋に監禁して置くので、それぞれの部屋の布団を日に干してやり、水とカリカリを替え、トイレを十分に準備してやるという作業も平行して行ったので本当に重労働でした。本来なら10月いっぱい位まで必要なはずの遮光ネットも今年はもう用なしのようなので取り外して巻いて片付けという仕事も。

更にこの頃やけに頻繁に食べた物を直後に吐いてしまうカラと風を引いたのかくしゃみと鼻提灯のクロリーを病院へ。クリちゃんの補液セットも2ヶ月分もらって計3万円超TT。その帰りに再びの停電に備えて食料の買い出し。ズボラーの私にしては一世一代の大車輪でした。

こんな時に愛媛から連れてきたキンモクセイの一本が満開に。全部で4本あるキンモクセイは26日から良い香りを放っていますが、愛媛にいた時より半月程も早い開花です。一番きれいな時に猛烈台風...散ってしまうかも。もともとここに生えている大木の方は気の早い枝がチラホラ開いた後、まだまだ青い蕾が多いです。

みんな無事に台風をサバイバル出来ますように。

 

防災グッズ

その夜地震発生の3時間ほど前、猫が騒いで寝させてくれなかったお蔭で阪神大震災で死なずに済んだ私ですが(何があったかは過去記事をご覧下さい)西日本に住んでいるためかその後何か防災をやってるかと聞かれると別に何も...

でも今年の台風と北海道の地震でやっと目が覚めました。それはシェフも同じみたい。

というのは今回の台風で生まれて初めて所謂「避難」というような事を体験したのです。全村に避難勧告だか避難指示だかが出たのですが、実際には家を出る方が危険だというので殆どの人が自宅にいたようです。我が家の場合、今寝泊まりしている場所からより安全度の高い方の建物へ移動したのですが、6時間も停電になり、懐中電灯やカセットガスやケータイのバッテリーなど、色々準備しておかないといけない物が初めて身近な問題として身に染みました。

それにしてもズボラーな上に最近とみに物事の整理が出来なくなって、おまけに物忘れも激しい私、非常持ち出しリュックは全然準備出来てないし準備したとしてもどこに置いたか分からなくなる可能生大。こうなったら全ての部屋という部屋にリュックを常備しておく?

昨日ホームセンターで私はヘルメットを、シェフはペットボトルを追加購入。カセットガスと炭も買わなきゃ、と言うとシェフが「そこら辺の枯れ木がある」。なーるほど、お爺さんは山へ芝刈りに、という文化が生きてた時代の人は違うなと感心。カセットガスより七輪をまた買っておこう。(いくつ買っても雨に濡らしてダメにしてしまった)

今回の厚真町の光景には本当に心底恐怖を感じました。地質の問題もあるでしょうが、これからはいつ我が身に起こっても不思議はないと思って日々気を引き締めて暮らさなければと思います。

被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

 

確かな秋

台風21号が去った後も秋の長雨が続いています。

猫たちの部屋を掃除して冬支度に取りかからねばならないのに、布団などを表に放り出せないと何も手を着けられません。

昨夜ふとキンモクセイの大木の枝を見ると黄緑色の小さな花の蕾がびっしり付いているのにビックリ。しかもその内の1つの房が既に開花してオレンジ色になっている!何とも早い秋の訪れ。去年この大木が満開になったのが9/22頃のこと、今年は一段と早まるのでは。愛媛から連れて来た3本も今年はかなり元気を回復し葉っぱもいっぱい茂ったので、きっとたくさんの花を咲かせてくれるのではと思います。

ブログを調べていたら去年の9月の記事に初めて登場したガマガエル。今年は2匹になって大きさも去年のよりずっと大きい。同じ個体なのか別人なのかは分かりませんが。ちょっと前の夜、足下でピーという声がしたので何かと思うとガマガエルがヒョコヒョコ。うっかり足を踏んでしまったようです。全体重はかかってなかったはずですが、心配で後を追うとまあまあ元気そうにピョコタンピョコタン逃げて行きました。

それから去年7月に生まれて初めて遭遇したヤマナメクジ、昨夜チカ坊とリンタローの部屋に現れました。床に開けてある空気抜きの穴から登って来たのです。(40cm角くらいの穴。涼しい風が入って来るように私が注文して作ってもらったもの。本当はここから下の地面に下りて草を食べたりトイレが出来るようにするものでしたが、猫小屋の下が物置になってしまって猫に使わせてやれません。落ちないようにワイヤーネットで蓋をしています。寒くなったのでそろそろ木製の蓋をはめねば)

7cm位のスマートな個体。広東住血線虫という寄生虫を持っていることがあるとのことで、素手で触らず葉っぱでくるんで外へ投げておきました。シェフは「殺しとかなあかんやん」と言うので、私は「何でもかんでも殺したら環境破壊になるよ」と言ったのですが、広東住血線虫について調べてみたら、うーん...

猫たちがネズミ、モグラ、カエル、トカゲ、ヤモリ...etc.をよく捕まえるけど、心配です。

 

秋到来&酢納豆の効果

台風で避難した時、勿論PC関係の一式も持って行きました。もとの場所に戻そうかと思ったけど、待てよ、9月は台風銀座、またまた持ち出さねばならなくなるのでは。で、そのまま買い物カゴなどに入れて置いておくことにしたので部屋が狭くなって><;風で飛んだ遮光ネットなどまだそのままにしてあります。こちらもまた吹き飛ばされるだろうし。

昨日からまた結構大雨が続いていますが、もう蒸し暑いという感じはしません。夜中に目が覚めると寒かったり、猫たちがしきりに布団に潜り込みたがったりするようになりました。何だか侘びしい。どんなに暑くてうんざりしても、やっぱり夏が好き!

夏の終わりに咲く白い花を2つ。

猫小屋のマッチャンの部屋の前に咲いている白いヤマフジ?芳香はありません。21号台風で今は花が全部落ちてしまいました。その他サルスベリの花も全部落ちていましたが、蕾がまた開いてやや復活しています。蕾は散らなかったんだ、

この十文字の花は蔓性で高い木によじ登って今が真っ盛り。いい香りがします。愛媛で入院していた伯母の車椅子を押して川縁を散歩している時初めてこの花を見ました。摘み取って伯母のグレーの帽子に飾るとその美しかったこと。今調べて「センニンソウ」という名前だと分かりました。いっぱい増えて欲しいです。

4日の夕方台風一過の庭にたくさんのネムノキの葉っぱが散っていて、それにきれいな蝶が。ゴマダラチョウというらしいです。目がオレンジ色。幼虫はエノキの葉を食べるとか。悪い奴なんだけどきれい。

アラカシかシラカシか分かりませんがカシの木にはもうこんな小さなドングリがビッシリ。

台風で倒れたナンキンハゼの苗木を助けに猫小屋の裏手の斜面に登ると、何と20cmほどのネムノキが何本も生えていました。この分ではサクラを抜いてうちの山のシンボルツリーになる勢いです。中でも一番小さい一本を手で抜いて鉢植えにしました。台風でまだ十分実っているかどうか疑問な種もたくさん散っていたので、あたりにばらまいておきました。

ネムノキの苗木、ただ今2鉢、欲しい方にはお分けします。とっても成長が速いですよ。

あ、健康ネタもあったんです。ふと頭を撫でて気付いたのですが、何と頭頂部から後ろ頭にかけての髪の毛のバックリ割れがなくなっているみたい!?握った感じで髪が増えてる!?きっと酢納豆のお蔭です。毎日夜1、2コ食べ続けています。お肌のキメも細かくなり皮膚のタルミもなくなった気がします。去年の頸動脈エコーで分かった1mm位のプラークが消えてくれるかなあ。

あ、阿波踊り、5日位かかってやっと要領が分かり割とそれらしく踊れるようになりましたよ。リズム感の悪い私。毎日1、2分(たった)練習しているのですが、足下に寄って来ていた猫たちが散り散りに逃げて行きます>< ふくらはぎも少し細くなりました♪

 

 

猛烈台風

前の2回の台風で散々脅かされたのにあっけなく済み、今回21号もまた狼少年じゃないかと思いつつも一応また物が飛ばないように点検し、猫小屋屋根の遮光ネットが瓦をはぎ取らないように泣く泣く固定を外し、土砂崩れに備えて高台の方の建物へ人間も猫も移動、犬の首輪も一目盛り緩めていざとなったらすり抜けられるように準備したのが3日の午後。次の日シェフの歯医者の予約があったのを電話して変更。

3日の夜から大雨のマークになっていたけど大して降らず、やっぱり狼少年だったかと思ったりもしましたが、4日の早朝小雨の内にとコンビニへおにぎりなどの買い出しに。いつもいつも自分でご飯炊いて用意する気力も能力もない私です。コンビニに着いた時は車一台しか停まってなくて、こんな泥縄人間は私位なものかと思ったら、店を出る時には5、6台が停まっていました。お弁当やおにぎりは豊富にありました。

さてそれから、だんだんと雨風共に激しさが増し、11時~13時にかけてがピークとなり、11:15にはまたしても停電、14時近くまで続きました。窓から見える猫の大部屋の屋根に吹きつける雨が強風にあおられて横なぐりの吹雪のような水しぶきが飛んで、まるでテレビで見る豪雨実験さながら、道路側に生えている何本もの細めのスギの木がまるで竹のようにブンブンしなり右へ左へと大揺れして、これは絶対何本か折れて道路を塞ぐ事になるに違いないと思いました。風向きは始め東風、次に西風、北風と変化したのであらゆる方向からダメージを受けた訳です。安普請の家の屋根もめくれるのではないか?何やらドーン、ガシャンと物が倒れた音もしてヒヤリ。(これは立てかけてあったアルミのハシゴでした)暴風雨まっただ中、見るとさっきまで起きていたシェフが寝ている、余裕だなと思ったら後で目が覚めて「怖かったな」。恐怖の余り死んだふりしていたようです。

それでも2時過ぎると急激に穏やかになり、夕方には日差しも見えて猫たちの部屋の戸を開けてやりました。杉の木は結局一本も折れておらず、小枝が散乱していた程度、意外にもしなやかさを持っているんだと感心。サクラの苗木も無事。だだ大事にしている2本のナンキンハゼのうち元気な一本が根元から真横に寝てしまっていて、ポッキリ折れたかと思いましたが根元から倒れただけのようで、起こしてやって根元を踏み固めておきました。自分の葉っぱより面積も重さも勝るツタに絡まれて、それが受ける風圧のせいだと思われます。

それより大阪の被害の甚大さに唖然。やっぱりここは山に囲まれているので有り難いです。

何やかんやで疲れと低気圧からやる気も回復せず、避難していた建物からまた荷物を持って帰るのがやっと、グダグダ寝ていたら6日の朝目が覚めて北海道の大地震のニュース。自分が被災していなくても、またまた気持ちがとても沈みます。

購読しているJESEAの地震予測メルマガで北海道も危険だと言っているのは知っていたけど的中(やや場所はずれていたけど)。そのメルマガによれば南海東南海の中でも特に徳島で地表が大きく変動、ひずみが溜まっていると言われているのです::

どこで起こっても不思議はない大地震。せめて水と食料の備蓄はしておかねばと思います。キャットフードも。停電になるので冷凍食品は頼りにならないことが分かりました。乾物と缶詰買っとこう。

 

恐るべし阿波踊り

累積赤字&主催者と連の対立で全国ニュースでも話題になった今年の阿波踊り、またも見に行くことが出来ませんでした。

その代わりYouTube等で動画を見て、まあまあ堪能。

改めて驚いたのは女踊りの足運びの難しさ!!

片足スクワット連続10回を誇る私なのに、とっっってもあんな難しい動作は出来ない。そもそもどうなってるのかさえ何回見ても理解不能。もっとも元々ダンス音痴な私のこと、他の皆さんには意外と簡単な事なのかも?とも思いますが。

ちなみにこんなのありますので宜しければちょっとご覧下さい。

阿波踊りの踊り方(女踊り)  YouTubeです。

これだけなら何だか出来そうに思いますが、実際の踊り手さんの動きを見ると、前に出したつま先が軽やかに2度地面を蹴っているんですよ!?神業。さらにこれに滑らかな手の動きまで加えて。その上桟敷席の100mだか200mの間、ずっと両手を挙げたまま、このステップでよろけたりせずに踊るんですよ!しかも編み笠の下に見える美しい口元には絶えず魅力的な笑みをたたえたまま!そして合間に「ア、ヤットサー、ア、ヤットヤット」と発する声の可愛らしさ!(大体いつも感心するのは徳島の女性の話し方の可愛さ!声もイントネーションも少なくとも私の知ってる限りの高知、愛媛、大阪、京都、北京の女性より数倍魅力的、強いて言えばタイの女性に似通ったところがあるかも?もし私が小三の時からずっと徳島に住んでいたとしたら、こんな話し方を身につけられていたのか、と少々悔やまれる...)と言う訳で阿波踊りを踊りたいという願望は却下。でも人知れず真夜中に月の光の中、庭で練習してたりして^^;; すごい運動量です。阿波踊り踊る人は立派なアスリート!!勿論ずっと中腰のままくねくね踊る男踊りも普通じゃないです。

赤字だという阿波踊り、でもそもそも盆踊りとかお祭りで桟敷チケットの収入を重視するのは如何なものか。タダで街中で見せたって大勢の観光客が来てくれれば落としてくれる金額はスゴイと思うのですが。

とにかく阿波踊りがこれからも盛大に続きますように。

 

 

 

台風の後片付け

台風一過、またまた暑さが戻って来ました。

台風で瓦まで道連れに飛んで行くだろうと心配で、せっかく猫屋敷の屋根に広げた遮光ネットの固定ロープを泣く泣く解いてあったので、案の定ネットはほぼ全部剥がれていました。この暑さではマッチャンが可愛そうなので昨日の朝すでにカンカン照りになったお昼前、屋根に登ってマッチャンの部屋の上だけ一先ず張り直しました。ホントに毎日毎日果てしない猫の暑さ対策の仕事に振り回されています。

この夏うちの庭で初めて咲いた白い百合の花、雑草に埋もれていたのを助けに近寄ったら何とヒョロヒョロ~ッと細い細い茎を伸ばしたネムノキベイビーを見つけて救出、暫くHB101の液に浸けて養生した後、鉢植えにしました。根が傷つくと枯れてしまうというネム、このコは小さいのでほぼ無傷で掘り出すことが出来たし、一週間ほどHB101水に浸けていたので抜いた明くる日ちょっとだけしんどそうにしていたけど、無事夜になったら眠り朝になったら葉を広げるネムノキの生活を始め、その後鉢植えにしてやると見る見る根元が倍くらいに(これでも)太くなりました。

20号台風通過後、一層生い茂った緑の中の人相悪いコンビ。バニーちゃんとチビトラ。仲が良い訳でもないのに、バニーちゃんを夜の間入れている部屋に入りたがるチビトラ。こっそりバニーちゃんに食べさせている贔屓飯、銀のスプーンのパウチを自分ももらうのが狙い。もちろんチビトラとトムも贔屓の対象ですが。

バニーちゃんはみんなと折り合いが悪く、夜は安心できる自分だけの部屋に入れておかないとまた1ヶ月程も家出してしまうのではないかと心配。

太古の地球上に栄えたという片鱗を垣間見るシダ類の静かな佇み。