懸案の

日が昇るとともにポカポカ陽気となった昨日、色々懸案の用事を片付けることが出来ました。この頃ズボラーらしからぬやる気が突然湧いてくるのです。

気が付けばもう春。冬の間に片付けねばと思っていたのは軒下の蜂の巣の除去。成虫は冬を越せず死に絶えるという情報が正しいのかどうか確かめてやろうと思って観察していましたが、もう何ヶ月も成虫が出入りするのを見かけないので空き家になっているのは確か。万一新しい女王蜂が私同様ズボラーで、居抜きで王国を築くと言うズルいことを考えたらエライ事、遂に意を決して竹の棒で叩き落としました。思いの外とても呆気なく一撃で外れて落下。まるでウエハースのように軽くて儚い凶暴生物の住処。

去年夏の夜にホースで放水して無理やり落とそうとして刺されたと言う騒動がありましたが、スズメバチじゃなくアシナガバチ、巣の真下の勝手口を出入りしても向こうから攻撃してくることはありませんでした。どうしても怖くて我慢出来ないと言う訳ではないので、今後も冬まで待つ戦法で行こうと思います。

ヒマラヤン保護

18日夜、雪が残る寒い裏庭に現れたヒマラヤンを、丁度チンし終わった私用の冷凍弁当のチキンで釣ってすんなり保護成功。今回はキャリーケースを用意しておいて、上蓋を開けて押し込むのと同時に蓋を閉めました。

実はその2日前、一度抱いてサンルームに放り込もうとして逃げられてしまった。ちょっと暴れたけど噛んだり引っ掻いたりもせず、裏庭からサンルームの戸まで20m程を何とか抱いて行けたのですが、足元をリリちゃんだかチュンチュンだかがチョロチョロするのをヒマラヤンが怖がって、サンルームのガラス戸を開け放り込んだら戸を閉める間もなく速攻で逃げられてしまい、翌日呼んでも姿を見せなかったので長期戦を覚悟したのですが。

大きな体格と抱いた骨格の感触でオスだなと思いましたがやはりそうでした。見事な毛並み。大人しい性格。大分高齢なのかも知れません。ホットカーペットの上に段ボール箱で寝床を作ってやると、大人しく眠りました。その晩は添い寝。朝起きたらちゃんとペットシーツにオシッコしていました。ちゃんと躾のできてる子、何で捨てたんだ!この大寒波の時期に!

検査に連れて行こうと夕方行ってみたらスロープを登って棚の上に寝ていて降りて来ない。検査は延期。

ヒマラヤンが来たー

昨夜丑三つ時に外に出てビックリ。裏手の温水器の上は暖かいのでうちの子達も時々寝ているので箱を置いて北風が当たらないよう更に快適にしてやっているのですが、そこから飛び降りてそそくさと藪の方へ逃げ去る後ろ姿は何とシャム猫柄の長毛。一昨日の夜にも私が行くと逃げて行くタヌキのようなお尻を見ました。色がどうもシャムっぽいのでお隣のシャム嬢かな、と思いました。やけにデカイけど。お隣のシャム猫、小さな子猫の時雨の夜に敷地内で鳴いていたそうで誰かが捨てて行ったらしい。もう大人になって一度出産、5匹の子供はみんな貰われていったそう。

でも昨夜ははっきり長毛が見えたので別人と分かりました。振り向いた顔はシャム猫顔。前にうちにいたモンちゃんという子(メス)そっくり。呼び止めると立ち止まってこっちを見るも近寄って来ない。カリカリとパウチを2m程離れた地面に置いて気長に呼ぶとそろりそろりと近づいて来て完食、おかわりも置いてやるとまた完食。なつくのは時間の問題でしょうが、いじめっ子に追い出されるかも知れない心配が。何とか出来るだけ早く保護してやりたい。道路で発見して餌やりに行くよりうちに来てくれる方が手間がかからず助かりますが、またまた負担増。この子以外に今月うちに出没し始めた野良猫が2匹いて、どちらも大きなオス。個室に監禁して手懐け中のロンロンもまだ抱けないので検査や手術に連れて行けない状態なのに、、、。

猫以外にもやらないといけない仕事は山積み。何年もほったらかしにしていた裏庭がちょうど今冬枯れなので一念発起、新調した鎌一丁を手にアジサイやレンギョウの邪魔な枝をバッサバッサと切り落としました。台風で倒れて秋から冬の間庭の大部分を占領して咲いた皇帝ダリアの茎もやっと枯れて朽ちたので引き抜いて片付けました。すると何だか不思議、心を入れ替えたズボラーを天が助けてくれたのか、何だか自分で刈った以上に空間が広がっている感じ。気が付いたらこれまでアジサイが茂って近づけなかった小夏の木まで歩いて行けるようになっていました。まだ青い実がいっぱいぶら下がっている。今年は採って食べられそうです。前の住人の方が放置した植木鉢も5、6コ回収、鉢を買いに行かなくても苗木を植えられます。思いの外少ない労力でいっぱいいいことがありました。出来る範囲で頑張ろう。

ヒマラヤン嬢、今夜もまたやって来ました。昼間何度も呼びかけておいたら、暗くなってから鳴きながらやって来ました。台の上にカリカリと水を用意してあったけど、パウチとチーズと牛乳を取りに帰ってまた行ってみたら、先ず水を一生懸命飲んでいました。やはり野良生活では水に不自由してるんだ。藪の方にも水を置いといてやらなければ、と思いつつ、パウチなどを持って近づくと逃げてしまった。暫く待っていたけど帰って来ないのでその場を離れるしかありませんでした。早く抱けるようになって欲しい。ヒマラヤンとして申し分ない綺麗な子です。

春の足音

2/5、近くの梅林に白い花がチラホラ。何故か匂いがしないのでなかなか気付きません。

冬から春への季節の変わり目は夏から秋よりずっと体にキツく感じます。なので一服期間をズルズル延長していたのですが、そうも言っておれない。毎日ひとつでも何か前進しなければ、、、。と言うわけで去年届いたままで放置していたナツメと紅玉の苗木をやや大きい鉢に植え替えました。あとまだ実山椒も植えなきゃ。山椒は大好きで愛媛から持って来たり、こちらへ来てからホームセンターで買ったり、何本も植えましたが何故か全部1、2年で枯れちゃう。調べてみたら、まだ苗木の時になけなしの葉っぱを取って食べると枯れてしまうらしい。ひどいことをしていました。去年葉を取らずにおいた葉山椒の苗木が今年芽吹くかどうか、見守っています。

あと1ヶ月程で咲き始めるシャクナゲの蕾が日に何度も側を通る抜けるたびに肩を叩いて励ましてくれています。

一服中

去年10月頃からやっとカレンダー制作に本腰入れて以来、師走の怒涛の発送作業、これまでの経験で一番やってはいけない真冬の肉体労働とストレスを今回また繰り返してしまいました。おまけに時を同じくして降ってわいたシェフの胆石騒動まで。何とか全部のミッションをクリアしたのですが、やっぱり疲れた気がするので小正月頃から意識的に休憩していました。時節柄、感染したんじゃないかと心配して下さる方がおられては大変とちょこっと更新。

7日に始まった積雪はその後2、3回降って、うちの前の坂道は一週間ほどアイスバーン状態でした。動物病院に行く用事があって、年末急遽スタッドレスに履き替えた車で出かけることが出来て良かった。思えばシェフの入院もコロナの猛威で医療危機が現実味を帯びる直前でラッキーでした。

休憩期間中に心掛けているのは、ストレスになることをキッパリ止めることと体力低下(いや老化?)を防ぐための体操。食事のおかずは冷凍弁当をチンにして、その時間待ちの間に足の筋肉と体幹鍛錬の体操をすることです。元々足腰の筋肉には自信あったんですが、去年の特定健診会場にあった体重計によれば「脚点」と言う点数がギリギリ及第のレベルまで落ちてたのがショック。タニタによると「脚点(脚部筋肉量点数)は、体重に占める脚の筋肉量の割合が理想とされる値と比較し、今の割合がどの程度なのか点数で表示するもの」だそうです。猫犬の世話で結構な運動しているつもりでしたが、意識的に「体操」することが必要なんだ。健康寿命を伸ばすのって並大抵ではないのですね。

自粛生活で都会の狭い部屋で暮らしていると若い人でも筋力低下が心配。筋肉はすぐ落ちるけど鍛錬すれば3日で回復する、と言うのが私の経験上信じてることです。毎年カレンダー描き続けるために体力つけないと。

大寒波

7日の昼過ぎ、表へ出ると銀世界になっていました。車の屋根の上で3cm。道路もうっすらと白くなって、スタッドレスにしてない車が恐る恐るヨロヨロと走ってる。予報では最低気温は−3℃だったカナ?前の晩チョロチョロ出しにしてあった屋外の水道4ヶ所の内、1ヶ所がツララになって凍っていました。犬の水入れも氷が張って、餌やりの時それを棒で叩き割って「今のうちにたっぷり飲んでおきなさい」と言い聞かせました。またすぐ凍ってしまうから。

昨日夕方、年末に急遽スタッドレスに履き替えていた車で買い物に。出発時車内のパネルの温度計では目を疑う−7.5℃!!天気予報では−5℃で、それでも恐怖だったのに。もっとも正確かどうかは疑問です。

買い物から帰って一服したらもう暗くなっていました。買って来た犬猫の食料を運び上げるため軽トラに積み換えて100m程の距離を、始めは降り坂、のち上り坂を行こうとしたのですが、、、lowに入れてゆっくりゆっくり動いてはブレーキが利くかどうか確認しながら進んでいたのですが、何と半分程行った所でギョギョ、ハンドルが利かない!!車道が凍ってるとは思ってたけど、全面的ではないし、歩いた感触では表面ツルツルじゃなくザラザラだったし、、、ええー、まさかの車道の真ん中で立ち往生?!じゃ、今来れた道をバックで戻ろう、と思ってバックしようにも全く動かない!とにかく滑り出さないようにブレーキ必死で踏んでるのが精一杯、何たるマヌケ、何たるブザマ。降りて押すか?

パニック寸前で、そうだ、四駆だった!と思い出してスイッチオン。そしたら、ああ、動いたー。楽勝でピンチを脱することが出来ました。でも一歩間違えればオオゴトになるところ。南国生まれの大バカもん。雪道の恐ろしさを初めて知りました。四駆の実力も再認識。

 

また増刷

ケチ臭く少部数の増刷をしたら直ぐにまた残部僅少となってしまい、年も明けていると言うのに第3刷を発注しました。一昨年にも同じようにチビチビ発注して第3刷まですることになったのでした。

毎年12月にNO MORE SUTENECO のメッセージを入れることにしたので12月生まれの皆様にはちょっと申し訳ない気もするのですが、持ち回りで他の月に持って行くより最後のこの位置の方が重みがあると思うのです。

カレンダー以外でも大変な出来事のあった去年の秋から年末でした。実はシェフが3度も入院、手術を繰り返していました。よくある胆石と言うか、総胆管結石内視鏡的除去手術から最終的に胆嚢摘出になり、私は泊り込みで付き添い。毎日一回猫と犬の世話に帰宅。病室でカレンダーを描いたり、発送作業をしたり。付き添いは祖母、伯母、母と合計20年近くの経験もあり、病院は自宅より快適なのでストレスはそうありませんでした。

振り返れば去年の春頃からシェフの食欲が落ち、何を食べてもマズイマズイと言う。胆汁の流れが滞るとそう言うことになるのか。今は食欲も戻り筋力も回復して来ました。

それにしても驚いたのは、この事をお話ししたら殆どの方が「私も」「うちも」とおっしゃること。それと、私は結構脂っこい物好きですがシェフは反対にあっさり好みなのに。でもその油(脂)と言っても料理に使うサラダ油以外にも卵黄なら一個の半分にするよう指示されてビックリ。これまでずっと目玉焼きには卵2個(シェフに言わせると2個で初めて目玉焼きなんだとか)使っていたのですが、それが間違いだったのか。それ以来目玉焼きも卵焼きも全卵は一個にしてあとは白身だけを加え、黄身は若い猫にやることにしました。

実はシェフの総胆管結石は2回目で、前回も今回も共通しているのは先ず尿の色が極端に濃くなったことです。素人にももしかして黄疸?と心配になる程。体の痒みも少しありましたし。それと腹痛も。そのため前回も今回も直前に内科を受診してこれらの症状を伝えました。それでも前回は胃薬を処方されただけ、その後詳しい検査を受けても中々診断が下りませんでした。今回は尿の色を写真に撮って見て頂きましたし尿検査もしましたが発見されず。尿の色は水を多く飲むとやや薄くなるので心配ないだろうと言われて帰宅したその晩遅くに夜間救急診療へ駆け込む事態になったのです。胆石とはこんなに見つけにくい病気なのかと意外でした。それに手遅れになって炎症が進んでからだと命の危険もあるとか。怖いのはコロナばかりにあらずですね。

明けましたー。

皆様、良いお正月をお迎えでしょうか。寒波は心配した程でもなく、30日に慌てて1台をスタッドレスに履き替えたのですが普通のタイヤの方で動けました。

毎年毎年バタバタ続きの年越しですが、今年はその極みでミス連発。

割と早々とアップしていた年賀状、実は2020年になっていた、と友人からの指摘で気付かされ、何とか年内に修正版をアップすることが出来ましたが、大勢の方に恥を晒してしまいました。もう一つ、生まれて初めてクレジットカードを落としちゃいました。30日夕方、急遽御遣い物をすることになり和菓子屋へ。店を出たところで車の前で手からポロッと落としたようです。幸いお客さんが拾って店に届けて下さり、お店で保管してくれていました。カード会社に電話したら年末休暇で繋がらなかったので正月明けまで待っていたとのこと。私は一日後の大晦日に気付きサポートに電話。今のところ誰かに使われている様子はないこと、最後に使ったのが和菓子屋だと分かりお店に電話して無事戻って来ました。警察に届けられなくて良かった。面倒だし恥ずかしいし。今後は大事なものはしっかりと管理する!と誓いました。兎にも角にも怪我も事故もなくお正月を迎えられて良かった。

大晦日の日、やっとの思いでお鏡を5ヶ所に飾り、10コの〆縄を手作り。今年は簡素な飾りにしました。

元日の2時頃、地元の八幡神社の前を通りかかると明かりが赤々とついていてお詣りの人は誰もいない。思わず車を停めて初詣しました。前の家でも近所の八幡さんにお詣りしていましたが長い行列に並んでのお詣りでした。たった一人貸切の初詣なんて有難いことこの上ありません。いっぱいお祈りしました。今年は良いことありますように。

皆様にとっても良い一年となりますよう。

増刷しました

△カレンダー、毎年過去最多の枚数を印刷しているのですが、今年も増刷することになりました。まだお届け出来てない皆様、あと少しお待ち下さい。

11月のモデルは誰? チュルオとチビトラのミックスかな。目つきはチビトラ、毛色はチュルオです。

テーブルの上にソメイヨシノの紅葉した落ち葉を並べて撮った写真に加筆してお手軽に背景を完成。私的にはこの絵が一番お気に入りですが、シェフはこういう目つき大嫌い。他の絵に替えろと文句を言いましたが、一枚位私の好きなように描かせてよ、と突っぱねました。でも、もの思う秋と言っても確かに見ようによってはこの目つき悪過ぎ。そこで土壇場で閃いたのが、目線を生かすミノムシの登場。これで季節感もグンとアップしました。

ミノムシは害虫ですが、可愛い。今や絶滅危惧種だと言う記事を読んだような。そう言えば確かにお目にかかるのは年に1匹位のように感じます。

何十年も前、台湾土産にミノムシの皮を繋いで作った財布を買ったことがあります。一度も使ったことないけど今でもどこかにある筈。毛皮を買うのと同じことをしてしまった。ミノムシの吐く糸はクモのより強い、つまり地球上最強の繊維だとか。それを大量に取り出す技術を日本の企業が最近開発したとか何とか。あ、だから絶滅?

ひたすらカレンダー配り

カレンダーやっとの思いで完成した後はこれをうちに置いといても何のこっちゃ、ですからせっせと配って回らな来ては。と言うわけで連日連夜作業に追われて大掃除もへったくれもありません。(一生使えるうまい口実が(^O^)/)

こちらはもう一つのカレンダー、私も申し込んで楽しみに待っています。

いちねこさんの企画のチャリティーグッズです。まだゲット出来ます。↑画像クリックでどうぞ。

今年はリンゴをいっぱい送って頂いて焼きリンゴにしたりして美味しく頂きました。この子はチャッピー、今年4/30、カラが亡くなる3日前、リリちゃんがどっかからか連れてきた子です。初めて見るスコちゃんミックスの子。最初は変な顔としか思えなかったけど、今ではシェフも目に入れても痛くない存在。逃げ足が超速い。絶対ケンカはしない。怖い時、嫌な時は「キャヤヤヤー」と甲高く鳴いてみんなを嚇かします。もちろん一番ビビっているのは本人。