キウィ収穫

お隣のキウィ農家のお手伝いをしました。道路から急な斜面を下りて行かねばならないので、地下足袋を買いました。

こんな風に生ってるんですよ。

楽々手でもぎ取ることが出来ます。木の高さも丁度私の背にぴったり。手の届かない実はありませんでした。背の高い人だと腰をかがめて歩かなければなりません。

本格的農作業は生まれて初めてですが、稲作と違い山の中で、木漏れ日の下での作業はとっても気分爽やかで疲れ知らずでした。まだ2、3日続きます。

今はまだジャガイモのように硬く、食べ頃は年末あたりかな、とのことです。収穫後は剪定、お礼肥と細かい手入れが続くそうです。こちらの畑のキウィは今まで食べた中で最高に美味しいキウィです。

この時期アトリエに遊びに来られる方は、ボランティアでお手伝いしてみては如何でしょう。ここ佐那河内も隣の神山町も、農家の高齢化でスダチなど特産の農作物の収穫が大変。キウィはトゲもないし、オススメです。

 

 

「キウィ収穫」への2件のフィードバック

  1. キウィは 採った後に りんごと一緒に袋に入れておくんですよね?
    栄養?があって 体に良いのは知ってますが あまり好きじゃないんですよ^^;;

  2. ronmamaさん
    早く食べたい場合はそうするといいそうですね。
    キウィ、初めて食べたのは中学生の頃だったと思いますが、この世にこんな可愛い果物が!と感動しました。
    それが日本で採れるように なったなんて、日本の農家はスゴイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。