雨~

記憶している限りでは今月に入ってから連日雨。

1日には突然の来客があって頂上の大川原高原までアジサイを見に行く機会が出来ました。

雨の中、霧が立ちこめていて頂上から市内を見渡す事は勿論、眼下に広がっているであろう青いアジサイの雲海は全く見えず。村の開催するアジサイ祭り、今年は去年より一週間早い7、8日なのですがこの分じゃ出足はさっぱりでしょう。今年は七夕と重なるので、風車の内部も公開という特別なイベントも計画していたのに残念。

ずっと車から下りられなかったのですが、それでも霧が部分的に晴れて目の前にすっくと立っている3基の大きな風車の羽根が突然現れる瞬間はすごい壮観でした。カメラ持って行ったのに撮って来なかったのが悔やまれます。

猫たちのご飯の世話は1日に1度がやっと、まあダイエットになっていいかもです。

丁度見頃になっていた裏庭のネムノキの花は雨に打たれて落ちてしまったのか、昨日見た時には見えなかったような。もっともゆっくりよく見る暇もなかったのですが。小さい方の木についていた蕾は全部開くことが出来ず残っていたのは弱って落ちてしまったようです。ネムノキの後ろの崖に生えているスモモ、真っ赤に熟れた実がいっぱいついているのは知っていましたが、手は届かず、藪の中に落ちているのを拾いに行くにも足場が悪くグズグズしている内にこれも殆ど落ちてしまっていました。去年はたらふく食べられたのに今年はゼロTT。晴れたら絶対拾いに行く!まだいくつかはきれいな実が拾えるはず。ナメクジがいないので横取りする者がいませんから。

ネムノキ、今年最後の艶姿。昨日の朝見ると大きな枝が一本折れていましたTT。夜中風も結構きつかったし。

ただ一つこの雨で助かったのは、一昨日の朝、覆い被さっているアジサイの枝を切ってやろうとして過って本人の太い茎まで切ってしまい、慌てて挿し木にしたクチナシ。沢山の蕾がついていました。すぐに挿し木にしたものの、後で気がついてすぐにHB101に数時間浸け、その後また挿し木にしておいたら、蕾が次々と開いています。うまく根が出てくれますように。土にもHB101をかけました。

明日いっぱい広い範囲で大雨が続くとか。皆様の地域もどうか無事でやり過ごせますように。

外で遊べず狭い部屋の隅で遊び疲れて寝ている二人。

 

夏本番

7月の最初の日は蒸し暑い雨、それも晴れ間も交えて断続的に。

先ず、メイメイの身に起こった事件から。何と、猫にとっては死活問題のヒゲがなくなってる!!

4日前にはちゃんとあったのに。

シェフが「メイメイの右のほっぺた、どうしてヒゲがないん?」と言うのを聞いて暫くして私が確認してみたら、何ともう左右ともつるてんTT

犯人は十中八九、毎晩メイメイを抱え込んで丹念に顔を舐めてやっているニコちゃんです。何てことしてくれるんだ~。特に口元を念入りにガジガジガジガジやってました。ヒゲがないとメイメイがケガをする危険が...新しいヒゲが伸びるまでどのくらいかかるんだろう。その間にまたガジガジガジガジやられるだろうし。

 

クリちゃんとバニーちゃんの部屋の前の切り株に絡んだツタ。

一段と花が増えた裏庭のネムノキ。花に頬を当ててみたらそれはそれは柔らかい化粧筆のようでした。

村から徳島市内へ向かう途中にあるタイサンボク、5月の終わり頃から高いところに一つ二つと花を開いていましたが、6/28通りかかると丁度目の前の高さ~見下ろせる高さのところに三つほどの開いたばかりの花があるのを見つけ、帰りに車を停めて写真を撮りました。花期が短いという説明があったと記憶しているのですが、私の見た限りでは1ヶ月を超えて尚こんなに美しく咲いてくれています。大きく膨らんだ蕾もありました。匂いは思った程強くありませんでした。花に鼻をくっつけて匂わないと分からない。

うちの幼木、来年は咲いてくれるでしょうか。

もう一つ猫の事件簿。

FeLVで隔離しているマッチャンが大雨の30日の土曜日に脱出。前日に窓にサンシェードなど日よけをしてやってガラス戸と網戸の両端がピッタリ閉まらない状態だったのですが、窓の外は3m程の高さの絶壁だし、今までその窓を開けようとしたことがなかったので、ま、今度でいいかと思っていたら。恐るべし、猫の身体能力。前にチュルオが崖から突き落とされたこともあるし、例えケンカにならなくても飲み水を一緒に飲んだら大変。大雨ということもあり、全員をそれぞれの部屋に閉じ込めてマッチャンの帰りを待つしかない。思えば去年8月にFeLVと分かって即去勢、そのまま隔離生活が1年近く続いた可愛そうなマッチャン。久々に広大な自由の天地に放たれたんだから、こりゃ悪くすれば当分帰って来ないかも。

夜遅く見に行くと結構な雨量の雨を避けて待機していた床下からニャーン。お腹も空いてちゃんと帰って来ていました。美味しいパウチを奮発しました。