「山の動植物」カテゴリーアーカイブ

サクラに親しむ

籠城の中のサクラの季節なんて生まれて初めてのこと。おかげで今まで気付かなかったサクラの意外な素顔をいくつか発見。

並んでいるとまるでピンクのシャクナゲのようにも見える。

太い幹から直接花芽が出て咲いているところ、まだ蕾もあってキレイ。

今年はヤマザクラが一際美しく咲きました。一口にヤマザクラと言っても、目に入る範囲で少なくとも2種類あります。

木全体に赤い葉っぱと花がまばらに付いて花と葉のコントラストが美しいもの。

薄茶色の葉が木の上部に多く付いてそれより下には一見ソメイヨシノかと見まがうほど密に花を付けるもの。

徳島県のサクラと言う蜂須賀桜、保存会が無料で配って増やそうとしています。去年、一昨年で計8本貰って植えたもの、全て枯れずに育っていますがまだまだ花は咲きそうもありません。

桜餅の葉っぱになる唯一の品種だと言うオオシマザクラを3本購入しました。ソメイヨシノが消えてしまうかも知れないとのこと、その時に備えて姿のよく似てると思うオオシマザクラを植えておこうと思ったのです。今の自分がこんなに美しいサクラを見られるのも遠い昔に誰かが植えてくれたおかげ、私も遠い未来の誰かの為に。

先日風邪気味だった時に生まれて初めて知った食欲減退感がその後も持続、と言うと心配になるのですが、実は隠れギャルそねを自認する大喰らいだった私のこと、やっとやっっと普通に戻っただけなんです。腹十二分目でないと満腹感が得られなかったのですが、腹八分目で後は残しておくと言う至難の技が出来る様になりました。しかし体重はなかなか減りません。体重計と言うか体組成計、充電式の電池が古くなってすぐ切れるようになったので、乾電池式のタニタのものを購入しました。

山桜満開

花簪のようなソメイヨシノに比べてまばらな花付きのヤマザクラは、背景に映えて空気の奥行きを感じ、とても清々しく気高い花だなあと思います。江戸時代にソメイヨシノが登場する前は自分たちが日本の桜だったんだから、と言う誇らしい姿。枝垂れ桜はまだ1分咲きです。

まだ満開のソメイヨシノですが一昨日位から散り始めのサインと言う中心の濃いピンクが見られ、今朝黄緑色の葉芽が現れました。

コロナ対策でインスタント食品や冷凍食品を買い込んで、それを保存しておけばいいのに普段に食べてしまって、あっという間に体重がうなぎ登り!次のメタボ健診までに4、5kg減らさなきゃ、と思っていたところ、運良く?風呂上がりに風邪気味になり、倦怠感。まさかコロナ!とヒヤヒヤでしたが、熱、咳はなく匂いも感じる。でも食欲がない状態が丸々2日続き、玄米にお茶漬けの素、漬物、チリメンジャコ、舐め味噌と言うおしんのような食事を続けたところ、2kg減りました。この食生活を維持しよう!

コロナウイルス、こいつが人体に入ってからの治療薬の開発はもちろん大事ですが、例えば顔面などに付着した時、そこに他の細菌がウヨウヨしていたらコロナがやられてしまうとか、コロナの天敵を探す研究、誰がやってるのかな。私に顕微鏡など揃ったラボがあればやりたい。

チカ坊お得意のオッサンポーズ。お尻の傷に塗ったミッチーオイルでお腹周りも濡れてます。

満開

ソメイヨシノと西洋シャクナゲが満開、ホンシャクナゲは7分咲きとなりました。ヤマザクラもいつもより早く咲始め一本はもう8分咲き、一番形のいい一本はなかなか開かなかったけど昨日見ている間にチラホラと白い花びらの数が増えて行きました。

昨日は曇りかと思ったら意外に日差しがあって暑いことったら。4匹の隔離猫たちの部屋の大掃除をしたら暑くて暑くて半袖のTシャツに着替えました。真夏の出で立ち。夜間も気温は14、5℃をキープと言う予報だったのでリカちゃん以外の部屋のホットカーペットのスイッチを切りました。

さすがに疲れて10 時過ぎにバッタリ寝て5時に風の音で目が覚めました。雨は降ってなかったけど台風並みかそれ以上の強風。満開になったばかりのソメイヨシノ、まだまだ勢いがあるので散りはしないだろうと思っていましたが、花びらが散るどころか枝が折れそうな程の強風、花の根本から千切れていっぱい落ちていました。蕾まで。さぞかし無念だろうと思って手のひらいっぱい拾い集めて匂いを嗅ぐとしっかり薫っていました。サクラの匂いは朝がピークなのか?

梅にウグイスと言うけどここでは梅の咲いている間にウグイスが鳴くことはほぼ皆無で、サクラ満開の今がウグイスの鳴き声真っ盛り。昨日またサクラの下でお昼を食べているとしきりに鳴き声がして来ました。2羽で鳴き交わしているようでしたが、そのうちの一羽が何とも素晴らしい鳴き方!ホーホケキョと典型的と言うか、天下一品、非の打ちどころのない、誰が聞いても正真正銘のホーホケキョ。一声鳴くたびにシェフと二人で「オオー」と絶賛。そしたらウグイスも気を良くしたのか10 回位立て続けに鳴き続けてくれました。アッと気付いてスマホで録音。一回「ホーホケキョ」その後チチチ、チチチ。1分以上待ってももうホーホケキョとは鳴いてくれませんでした。

カラとチビトラも負けずに名演技。

自宅ピクニック

昨日今日と部屋の前のオーニングテントの下にテーブルと椅子を用意しブランチしました。頭上のソメイヨシノは0.5分咲きですがまもなく皆咲き揃い年に一度の花の祭典が。

前の家では桜並木のある河川敷まで車で5分程の距離があり毎日出かけるわけにも行かず、まだ見頃だろうか、もう散ってないかとヤキモキしていたのですが、いつでも見上げたらそこに咲いていてくれるとは有り難いことです。日本中の家に桜と猫を標準装備と言う公約を掲げる政党ができないかな。

ハクモクレンの下のタンタン。

ソメイヨシノ開花

4日ほどポカポカ陽気が続いた昨日21日、うちの標本木である部屋の真前のソメイヨシノの蕾はそれでもまだ足踏み中。

こんなに沢山の、というか殆ど木全体の蕾という蕾がみんな今にも開花するぞと言う状態になったのを見るのは初めて。これでは今年のサクラは本当に一斉に開花、満開を迎えてしまいそう、つまり花期がとても短いのではと心配です。

山の方へ行って見ると2年前強風で一本大きな枝が折れて垂れ下がったソメイヨシノの、その折れた枝だけに多くの花が開花していました。敷地の割と奥の方なので気がつかなかっただけで、もしかしたら一昨日20日、春分の日に開いていたのかも知れません。

シャクナゲも徐々に艶やかさを増して来ました。

コロナ騒動のおかげで今年に入ってから何だかグータラと時間ばかりが過ぎて何も捗らなかった、、、。生活を立て直さなければ。

開花ラッシュ

暑い位だった昨日、ハクモクレンがハンカチのように満開になりました。

3/17にスモモとシモクレンが開花。(スモモは突然多くの白い花と蕾が現れ、シモクレンは蕾が脱皮して紫色が見えたと言う段階)

3/18にはこれもまた突然に西洋シャクナゲの夥しい蕾がピンクの花びらをのぞかせました。いつもホンシャクナゲよりかなり遅れるのに今年は数で圧勝です。

その足元にはシャガの花も開花。

シャガの青い模様を写したかったのですが、どうやっても何故か白飛びしてしまいます。

リカちゃんも気持ちよく日向ぼっこ。でも暑くなるとヨシズで作ってやっている日陰とを交互に使っています。おしっこ漏れ対策に人間用の平オムツ。

昨日チュルオのお腹にまたマダニ発見。乳首かと思う位の小さな突起物でしたが、毛を分けて見てみると黒っぽい色だったのでダニだと分かりました。アルコールをシュッシュと3、4回噴射。前回ニコちゃんのシッポの時は20分後にいなくなっていましたが、今回はダニがどうやって離れて行くかを見届けてやろうとチュルオを暫く抱いたままダニの様子を観察しました。

3分程待ってもダニは少しお尻を上げただけで食いついたまま。また何度かアルコールを噴射、ダニのお腹を引っ張って見ましたがまだしっかり食いついている模様。更に数分待って見ましたが離れる様子はない。もう一度ダニを引っ張って見ました。最初に引っ張った時より食い付く力が弱まった感じ、これなら行けるかともう一度引っ張るとプツッという感触で割と簡単に取れました。その辺に捨てて万一蘇生してはいけないので、石の上で潰して直射日光に晒しておきました^ ^;

昨日の朝、外へ出ると夜中に雨が降ったらしく出しっぱなしにしておいた物が濡れてた><
暫くするとかなりの強風が吹き始め、次にはパラパラパラという音とともに雨?かと思うと何だか違う。ひょっとして、と地面を見ると3mm程の白い塊。5mm以下が霰、それより大きいと雹だそうです。雹は見た記憶がありません。いや、一回位あったかも。

道の隅に積もった霰。何だか透明感のある小さな花のようです。

この日満開になったハクモクレン。

角度を変えるとちょっと不思議な光景。

野鳥の鳴き声のDVDを買いました。毎日のように聞こえる声の主が知りたくて。さっき真夜中に見ているとニコちゃんとチュンチュンが目を覚まし、暫くしてチュンチュンが画面の鳥に気付いた!そして目をまん丸にして近寄って行くではありませんか!絶対本物と思ってる、飛びかかって画面に爪を立てられたらたまりません。泣く泣く再生をストップ。するとチュンチュンが次に取った行動は!?何と、「後ろに隠れたんじゃないか」と、テレビの裏に入ろうとする!賢いと言うべきなのかどうか。

初めて知ったのは鷲鷹類が意外に可愛い声で鳴くこと。

先日見慣れない大きな、声の悪い鳥が前の道を歩いていたので真似をしながら後をついて行ったことがありました。キジのメスだろうと思ったのですが当たっていました。



©︎mojuni

シャクナゲ開花

4日前地面に落ちている一輪のツツジの花、と思ったらなんとそれはシャクナゲ!

シャクナゲはソメイヨシノの開花より遅れるものでしたが、去年もソメイヨシノより早く開花しました。もっとも12月位からいくつか気の早い花がちょい咲きする癖があります。でも今回のように一輪が地面に落ちることは初めてです。

見上げるとほぼ満開のが一個、他にもチラホラと紅色の花が見えていました。

ソメイヨシノは4日前蕾の茶色い皮が剥がれて花びらが現れていましたがまだピンク色は見られません。ン?拡大して見るとちょっとピンク?

それにしてもこのところ地震が頻発しています。ホコリを被って壁に吊るしてあるヘルメットを拭いておこう。

いきなり春爛漫

昨夜夜中は強風と雨だったのに今朝は予想より早くから晴れて初夏のような陽気。山の方へ行って見ると確か昨日までまだ蕾が小さく固かったハクモクレンが、何と一気に半分近くも開花していてびっくり。その上横の赤いボケの花までつられてどっと開花。例年はまず一つ二つ開花して、その後徐々に開いて行くのに一夜にして5分咲き!異常気象?

ハクモクレン、小さい蕾から急に咲いたためか花がいつもよりとても小さいです。

今朝気付いたら道路の融雪剤が回収されていました。そろそろスタッドレス履き替えなきゃ。

…………………………………………………………………………………

後で過去記事を調べて見たのですが、ハクモクレンは去年も一斉開花したと書いてありました。一つ二つと咲いて行くと言うのは勘違いだったのかもです。

ウグイス初音

昨日の小雨そぼ降る一日から一変、今日は朝から眩しい程の陽春の日差しです。

前回の晴れの日、工事現場で日向ぼっこするチュルオ

昨夜ニコちゃんが生きたネズミをくわえて入って来て、ごじゃごじゃ物が置いてある台所で取り逃すという最悪の事態発生。他の子も加わって大捜索してたけど見つからず。困ったけど私にはどうすることも出来ません。仕方なくサンルームで寝て、朝4時頃目が覚め、台所へ行ってみると、何とカラがガッシリとネズミをくわえて立ちはだかっている!でかしたカラちゃん、とネズミごと抱き抱え表へポン。後で出てみると首尾良く仕留めて、しかも食べたりせずに綺麗なまま置いてありました。ニコちゃんは責任放棄してグースカ。

一昨日の朝、たどたどしく鳴くウグイスの声が聞こえました。それにしてもウグイスの声、めっきり少なくなりました。学生時代、奈良県生駒市のアパートにいた頃は確か2月初めから聞こえていたと記憶していますが。それに10 年前にはうるさい程聞こえていたホトトギスの声もサッパリ。

ホトトギスでふと思ったのですが、「鳴かぬなら〇〇〇〇〇〇〇ホトトギス」の句。私だったらどのタイプかなーと考えたら、前は「鳴かせてみしょう」「鳴くまで待とう」かなと思っていたのですが、今は「それでもいいよ」か「私が鳴こう」。だんだん他者に期待しない方向に行ってます。

で、ハッと気づいたのです、私時々ウグイスとホトトギスを言い間違えることがあるのですが、この句の鳥も何となく頭の中でウグイスを思い浮かべていたことに。普通鳴いて欲しいと思う鳥は何と言ってもウグイスではありませんか。

5音節にするためたまたまホトトギスに?それとも私みたいにウグイスとホトトギスを混同してた?それとも昔はホトトギスを飼って鳴き比べをさせていた?こんな暇な事書いてる暇はないのですが。

その後ネットで調べたら、やはりウグイスとの混同らしいです。

©︎mojuni