「山の動植物」カテゴリーアーカイブ

5月の風

5/20頃になるとクスノキの周りではえも言われぬ薫風が吹いている事でしょう。前の家から持って来て植えたクスノキ、一番高いもので3m程になりましたがまだ花の咲く気配はありません。でも今うちの周りではミカンやセンダンの花が咲き、甘い香りが風に乗って漂って来ます。

雑草を抜き抜き歩いていてふと良い香りに周りを見渡すと、蔓性の白い花が。


何の花かなーと調べてみたら、なーんだ、と言うか今更と言うか、これがかの高名なスイカズラ様でした。昔は知っていたと思うのですが見忘れていました。最初白く咲いて次第に黄色になるので「金銀花」と呼ばれると言うのが正にこの状態。黄色のは枯れているのかと思ったのが申し訳ない。蕾の先は薄いピンク色。

まだまだ毎朝猫の世話の向かう序でに、と言うか世話は後回しにしてひとしきりキイチゴ取りに夢中になっています。それがビックリすることにオス犬の一匹が私と同じくキイチゴ大好き、草むらに首を突っ込んで何してるかと思ったら夢中でキイチゴの実を食べている!まさかと思って手に乗せて差し出してみると美味しそうにムシャムシャ。ライバル現る。

と、こんなのどかな記事を書いていたら頭の上の棚でニコちゃんがドタバタ、するとシェフが「蛇とちゃうか」!!

見上げて見たら何だか細長いものをくわえて、、、、床に下りて来たー。慌ててペットシーツを手に近づいてニコちゃんの手元、口元から物体を取り上げるのに成功。

見るとマムシではないけどアオダイショウでもない横縞模様。もしかしてヤマカガシとか言う猛毒のヤツ?咬まれないようにくるんで外へ連れ出しバケツの中へ。幸い無傷、逃がしてやる前に写真撮影して、後で調べてるとどうやらシロマダラというなかなかお目にかかれない「幻の蛇」 のようです。わ、惜しいことした、もう少し居て頂けば良かった。でもまた襲われたら可哀想だし、逃がしてやって正解でした。この頃アオダイショウの子蛇も良く捕まえて来ます。まあ逃がしてやれるのでネズミよりマシ。

5月の野山

森のルビー

この頃は夜12時前に超眠くなりニュースも最後まで見ずにちょっと一服と言って崩れるように横になり朝まで死んだように爆睡、7:30頃目覚めて早めに犬の移動(散歩替わりに山の方へ連れて行って夕方まで放置)、夜の間閉め込んでいるバニーちゃんの部屋の戸を開け、序でに憎っくきひっつき虫などを引っこ抜きながら目にとまる食べ頃のキイチゴを頬張っています。朝のうちまだ完熟とは言えないと思ったものは夕方行ってみると一回り大きくなって色も見るからに美味しそうになっています。覆っているカラスノエンドウをガバッと引っこ抜くとその下に丸々熟した特大の実が現れたりしたら超ラッキー。

フキとクローバー

クローバーやカタバミの群生を見ると真上から写真を撮らずにはいられません。小人になってこの美しい森の中で昼寝したい、この葉陰から空を見上げたい、と思うのは私だけ?

1年半前に植えたタイサンボク、樹高は相変わらず私の背丈と同じですが、今年は去年よりずっと大きな葉芽がいっぱい出て、いよいよこれから成長路線をまっしぐらのようです。花芽は来年期待できるか?

キイチゴ?ノイチゴ?

今を盛りのノイチゴの茂み。ついこの前白い花だったのに突然真っ赤な実に変身しているではありませんか。今は草みたいな背丈だけどその内木のようになるのでキイチゴ?でも子供の頃食べた文句なしに美味しいキイチゴとはちょっと違います。ヘビイチゴとキイチゴの中間のような感じ。

東京にいる姪の子供たちや子猿だったらどんなに喜ぶだろうと想像すると少し後ろめたい思いですが、痛い棘をモノともせず毎日せっせと取っては食べ取っては食べしています。まだ青くて硬いのもいっぱい、当分忙しいです。

麓の川ではもうゲンジボタルが飛び始めていることでしょう。山のホタル、ヒメボタルもその内。

取り寄せたクロモジを植えるため大きな植木鉢の中の土を掘ったらカブトムシの幼虫がいっぱい。中身ごと地面に移して土をかけておきました。

やっと連休明けー

基本ずっと家にいたのですが何だか疲れたー。5/1は突然の風邪で24時間寝たりしました。最終日の昨日は3匹の犬を軽トラに乗せて予防注射に。近く(と言っても15分程かかる)のファミマの駐車場で動物病院のキャラバンが他府県から来て一匹1000円でしてくれるので3匹もいると大助かりです。

今日は爽やかな五月晴れ、連休入り前にやっとくのを忘れた振込や、旅行などで3週間分たまっていたゴミ出しを終え、清々しい一日でした。

他人の空似^_^

新緑の輝き

睨むチビトラ、あっかんべーするルンルン
サクラの若葉の木漏れ日の中でまったりのカラ
綺麗なツタの紅葉と清楚なキイチゴの花

iPad5を6へ機種変更、iPad Proを新規購入で頭の中がてんてこ舞い。でも玄米食にしたお蔭か不思議と頭が冴えてる感じ、体も良く動きます。私が独裁者だったら精米を禁止して国民の健康増進を図ります。だって元々お米が持っている栄養を手間と費用をかけて削ぎ落とすなんて何と愚かなこと。シェフも渋々2回に1回以上食べるようになりました。

玄米と言っても発芽玄米で白米の設定で普通に炊けるものです。

咲き誇るシャクナゲ

今年は蕾が少ないと思っていたのですが、シェフの「100コはあるな」と言う言葉にハッとしてザッと数えて見たら、確かにゆうに100コはあります。

去年、一昨年の写真を見てみたところ、確かに今年の花はすごく多い。何故か去年の方がゴージャスに咲いたような気がしてならなかったのですが。勝手な思い込み、頑張って咲いたシャクナゲの健気さに申し訳ない、、、

スマホ騒動

一昨日 31日の日曜日、お昼に近くのレストランへ外食に行ったら駐車場がビッシリで諦めて、結局スーパーのお弁当買って車内で食べよう、と思ったら欲しいものがなく巻き寿司とお稲荷さんのセットを買って食べて、、、。その後隣の小松島市の産直市へ行ってちょっとマシな食べ物を、と思ったら、レストランはもう閉店、というツイてない一日でした。その上帰宅後、着替えて猫の世話に向かおうとしたらなんとスマホが行方不明。産直市を出る時には確かにポケットに入っていたのに。

たかが電話と手帳とアルバム、、、、それがなくなるとまるで自分の存在そのものがなくなるかのような大事件のように思えてしまう。まあ、たとえ出てこなくても自分が生きていればそれで十分ではないか、と言い聞かせつつも、サポート電話(ガイダンスしか繋がらない><)をかけたりmy softbank にログインしたり、随分長い時間を費やしました。

月曜の朝まで待ってオペレーター様へ電話。スマホの捜索をしてもらったところ、何と自宅周辺にあるらしい。じゃ何で呼び出し音が聞こえないのか?積み重ねた布団や服の奥底に何故か落ち込んでしまったのか。こりゃいよいよ大掃除しなくては、、、、とユーウツになりましたが、万に一つの望みをかけて家の周辺を捜索。すると、帰宅後行った覚えのない裏手の庭の隅にあったーー。思わずスマホにキス。

前に犬小屋の前に落として犬に噛まれて保護ガラスフィルムにヒビ入って見辛くなっていて、ソフトバンクで聞いたらもうSE用のフィルムは売ってないと言われたし、考えて見たらスマホの機能も電話とカメラ以外は大して使わないし、ガラケーに戻そうかと考えていたのでスマホが拗ねちまったのかも。アマゾンで調べたら保護フィルムいくらでも売ってたので注文しておいた新しいフィルムを早速貼ったらピカピカの新品みたいになりました。スマホデビュー割で2000円以上安くなってるというし、当分大事に使わせて頂きます。

人間のおバカな騒動をよそに美しく咲く花々。

満開間近

咲き始めると見る見るシャクナゲを抜き満開へとまっしぐら。


寝ながらのお花見が出来るなんて思っても見なかった幸せ。

で、昨日はサクラの近くにごちゃごちゃ置いてあったものを片付けました。冬の間ビニールを掛けて寒さから守っていた鉢物や、セメント工亊の時のハンマーやツルハシ、秋に集めた落ち葉を詰めた大きなフレコンバッグ等々。前の道路を走る車が速度を緩めて眺めて行くので少しは綺麗にしておかないとです。サクラの下でシャクナゲが咲き揃うと車を停めて写真を撮らせてという方もおられるのでズボラーの私もボケーっとしてられません。

夜はソーラーライトでライトアップしてみました。

ソメイヨシは60年寿命だと言うのは本当に本当なのか? 確かに何本か枯れ枝があるのが心配。シャクナゲの根も絡んでいるので可愛そうな状況です。この木がなくなったらうちの値打ちが半減。せっせと肥料やHB101をやっています。

開花宣言しました

昨日3/27、ソメイヨシが5輪以上開花しました。まあ平年並みかな。東京、京都が早過ぎ。

枝垂れ桜はまだまだ。裏手へ回るといつの間にかスモモとシモクレンが満開になっていました。

シャクナゲがソメイヨシノより先に開花するのは三年目にして初めてのことです。それに今年の花は小振り、というか一つの蕾の花の数が少ない。

この蕾ならゴージャスな花になってくれそうです。