「山の動植物」カテゴリーアーカイブ

野生動物

山に暮らすということは野生動物のテリトリーに入り込ませて頂くということなんですね。

先日来、色んな先住民たちと次々に遭遇。

先ずヘビ。うちの敷地の入り口の道路と法面の境目のところで結構大きな緑色っぽいヘビがのたうっていました。直前に砂利を満載したダンプがそこを上がって行ったのに驚いたらしい。怪我はなく、すぐにどこかへ消えました。アオダイショウだったのかシマヘビだったのか?

小さな子ヘビもよく見かけます。今日もカラが何かをチョイチョイしているので見てみたら、一見ミミズ、かと思ったら黒っぽい小さなヘビの子供。カラを抱き上げて子ヘビを助けてやりました。

そのすぐ近くの路肩にはマムシがいたという人がいますが、殺して茂みの中に投げ捨てたというので本当かどうかは不明。頭が三角だったと言うのですが。

昨夜勝手口から出てすぐのところで、何やら柔らかいものを踏んづけそうになり、ギョッとして足から体重をどけて、懐中電灯で見てみたら、ゲ...小さな子芋ほどもあるナメクジ?私が一瞬でも踏んでしまったので死んでしまったか?と思いつつ、ポリバケツの中に入れて朝になってから観察しようと思ったのに、夜が明けるともぬけのカラ。無事だったようで良かった。

普通のナメクジは皆無と言ってもいい場所なのですが、こんな巨大なナメクジがいるとは...。でも意外とかわいいですよ。調べて見たらヤマナメクジという種類らしいです。そして広東住血線虫などの寄生虫を持っているので要注意だとか。入れといたバケツ、良く洗わなきゃ。

極めつけの野生動物との遭遇は、ハクビシン。

4日ほど前の深夜、夜一人で軽トラで麓まで出かけ、ものの10分ほどしての帰り道で、ハクビシンが前足で上体を起こし、私の車が前を通ってもじっとしているので、よせばいいのに車を停めて見に行きました。

そしたら両方の足の裏を見せて下半身を引きずりながら、前足だけでいざりつつ道を横断して逃げて行く。交通事故で背骨をやられたようです。

また轢かれたりしては可愛そうなので思わずビニール袋を使って捕獲。大きい厚手のビニール袋でしたが、爪でひっかいたり咬み破ったりしたら簡単に逃げ出せそうなものを、そういう知能はないようで、少しバタバタ暴れましたが家に着くまで袋の中に入ったまま。

猫の移動に使った大型のケージに入れ、ドライキャットフードと水を入れて一晩置き、明くる日調べたら何と果物が好物とか、で、うちに生っているスモモと小夏、それからバナナ、スイカ、トマトなどを与えると、その日の夜スモモと小夏を少し食べていました。

糞もしていて、果物食べているためか、猫のような悪臭はなし。底がプラスチックのキャリング用のケージでは体が糞尿にまみれてしまうので、猫たちが行かない敷地内の一番遠い場所にサークルを置き、上下を金網などで塞ぎ、底に枯れ草などを敷いたオリを作って移しました。

背骨の真ん中あたりに硬く腫れた部分がありそこが折れているらしい。スーパーで普段人間も買ったことのないりっぱなスモモや生のパイナップルなどを買って来て口元に置いてやりましたが口をつけることなく次第に弱り、3日後に死にました。

野生動物を勝手に保護・飼育するのは法律違反だとかで、県の担当部門に相談に行きましたが、何もしてやることが出来ませんでした。咬むぞと威嚇する元気がなくなってからは耳ツボや背中に指圧をしてやったり、生卵をスプーンで口に入れてやったり、頭を支えて水を飲ませてやったりしましたが少しでも安らかな時間を与えてやれたのかどうか。

ハクビシン、大きさはうちで一番大きなトム位ですが、ずっしりと重く、毛は剛毛、力も強い、歯並びは猫よりも犬という感じ。鼻が大きい。改めて「猫って何ておとなしくフレンドリーな動物なんだろう!」としみじみ思います。

性別はメスだと思います。どっちかな、と思っていると偶然にもお腹を開いて座って見せてくれました。

ハクビシン、中国語で「果子狸」=「フルーツ狸」という命名はぴったり。

シンちゃん、安らかに。

 

薬草勉強会

昨日の日曜日、参加して来ました。

山を散策しながら道端の薬用植物について専門の先生のお話を聞けるというイベントでしたが、あいにく雨が降り出し、野外活動は中止、館内での講義となりました。

先週「あじさい祭り」が催されたのですが、本当の満開は今日の方だと思われる青いアジサイ。降り続いた大雨に洗われてとても清々しくきれいでした。それでも初めて訪れた数年前と比べると半分以下のスペースになってしまい魅力半減。当時は本当に見渡す限り雲海のように広がっていた青い宇宙。早く元の規模まで新しい株を植えて欲しい。でないと友達にも自慢出来ません。

夕方雨が上がったので猫の皆さんを出してやるために向かう途中、またまた見つけた毛の生えたカタツムリ、愛媛では絶滅危惧種だというオオケマイマイ。

上の手はチュルオ。

こんなところにいては帰りに私が踏んでしまうと思い、場所を移動させておきました。序でにまた写真も。

そして裏はこうなってます。何か間抜けっぽい?ちょっと不気味?ブラックホール?

お口直しにかわいいチュルオの写真を。

チュルオは毎晩ずっと外で寝ているようです。

ブログヘッダーの切り株の今の様子、すっかりツタが生い茂りました。

 

 

大雨!!

台風そのものはあっという間に何事もなく(うちのあたりは)過ぎたのですが、その後が思いがけない大荒れになりましたね。

島根県、九州の豪雨被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

こちらも昨日昼前、正に「これまで経験したことのないような」猛烈な豪雨に襲われました。うちの付近では幸いたった2、3分のことだったので家に入るまでの間にシェフも私も全身濡れ鼠になっただけで済みましたが、もし1時間、いえ30分も続いていたら土砂崩れが至るところで発生していたのではと思います。もう大気中の半分以上が水ではないかと言う程の降雨量。しかも突然ザーッ。

 

そんな雨の日でもネムの花がもう一輪開いていました。最初に開いた方はもう枯れかけ。そして他の蕾も次々と開く準備をしています。

 

キンモクセイの大樹の真下に生えていた二本のネムノキの子供、根が傷つくと枯れてしまうという情報もありますが、このままではどのみち育たないので掘り出してもらって、ご近所の方にお分けしました。

涼しげなネムノキの葉っぱ、毎日愛でて眺めていたのにこの数日で小さな青虫にかなり囓られました。何でもキチョウの食草だとか。黄緑の若い葉っぱには微かな芳香があります。微かなのに数メートル離れたところでも感じる不思議で爽やかな香り。前に枯れて乾燥した葉っぱがいい香りなので、大丈夫か?と思いながらついついお茶にして飲んだのですが、調べて見ると煎じ薬にもなる薬用植物だそうで「貝原益軒は『この木を植えると人の怒りを除き、若葉を食べると五臓を安じ、気をやわらげる』という記述しています」という情報もありました。(イー薬草・ドット・コム)確かにネムの花を見ていると心が清らかになる気がします。あれは雄しべの集合体だそうです。

ヒメボタル、夏至の日が最多でしたが、昨日も今日も数匹まだ見かけました。何とたった今し方(02:00am頃)、リカちゃんのいるサンルームに1匹入ってリカちゃんの寝床で弱々しく光っていました。網戸の1cm程の隙間から進入したらしいのですが、室内にある電気器具の緑のインジケータの灯を仲間と勘違いしたのか?外へ出して雨に濡れた庭石へ下ろしてやったのですが、見ていても動かず。仕方なくその場を離れたのですが暫くして1匹が目の前を力強く光りながら飛んで行きました。その子かどうか?

台所の洗い物もほったらかしで、とりとめもない事を真夜中に書くのも精神的リハビリ?

 

 

 

10年目?

スモモを拾うため下ばかり見ていた時、ふと後ろ上方を振り仰いでびっくり。

一番大きいネムの木に花が一輪開花しているではないですか!!

何でもネムの花が咲くまで10年ほどかかるとか。まだまだ先まで待たなきゃ、とばかり思っていたのですが。今ちょうどネムの花期、うちから徳島市までの間に2本花が咲いている木がありますが、うちの木の花が一番清らでかわいい~。きっと今年初めて花をつけたんだ、そうに違いない。私たちがやって来たのを歓迎してくれているんだ、とまたまた長生きしそうなことを考えています。

これまで何年も懐かなかったシャム猫のサワディー、近づくと逃げ回るばかりで、捕まえることが出来るのは年に1、2回というひねくれ者が、どういう心境の変化か、この頃毎日夕方に捕まえて、他の9匹のメンバーと一緒の家に入れることが出来ようになりました。猫にとってもこの見渡す限りの緑が心をほぐすのでしょうか。

 

今日というか昨日3日、昼ご飯に出て行った間に家の近くで通り雨があったようで(ほぼ乾いていた洗濯物がずぶ濡れ)帰り道、道路に水たまりが。そして車道から煙が出てるみたいに水蒸気が立ちのぼるのが見えました。

雨の後、山の麓や中腹あたりから白いガスが立ちこめて空へと漂って行くのを見られたことあると思います。そしてあの白いフワフワの中に入ったらどんなんかなーと想像したことありませんか。うちはモロそのまっただ中にあり、あれってアスファルト道路から土の地面から、はたまた木々の間から、水が蒸発するようにじかに立ちのぼって来るんです。マイナスイオン?

 

 

家庭果樹園

何といよいよ今日から7月。引越先で迎える最初の大好きな夏に突入。

前の住人の方が植えてくれていた果樹が次々とたわわに実をつけています。

今が食べ頃のスモモと小夏、まだまだ小さく青いけど立派な形をした甘柿。

まだ葉っぱにぐっしょり明け方の大雨の雫が残る今朝、スモモと小夏を少し収穫しました。

小夏の方は引っ越して来た年末に既に実をつけていて、ユズとかユコウという類のものだとばかり思っていました。地面に落ちた実を酢の物に使ったり皮を洗濯に使ったりしていましたが、最近落ちているものを食べてみるとびっくりするほど甘く香りがいい。

スモモは春先にサクラより先に花が咲き、何の木かなと思っていたのですが、何と今赤紫に熟した実がギッシリ。

猫の館にも生えていて、こちらに移植したのですが枯れてしまったスモモ。思いがけずこちらにも生えていたとは感激。でも足場が悪くなかなか実が採れません。魚捕り用の網ですくい取ろうとしましたが網が届かず。意を決して紫陽花の密集する急な斜面に降り立ち、地面に落ちた実を拾って食べました。猫の館でも同じように手が届かず地面に落ちた実を食べていたのですが、あちらではナメクジから奪い取らねばならなかったものです。でもこちらにはナメクジは全くおらず落ちた実は無傷。

木の真下へ潜れば手の届くところにいっぱい♪

 

それからカタツムリの意外な真実に気がつきました。

「左ヒラメ、右カレイ」じゃないけど、カタツムリの殻と体の位置関係って決まってるんだ!そして渦巻きは中心から見ると右巻き、と決まっているんだ!!

渦巻きが見える向きに置いた時、頭は右側から出てくる。

裏側は明らかに裏と分かりますからリバーシブルじゃない。

なのでテキトーにカタツムリを描いて、渦巻きの左側に頭を描くのは間違い。前に描いたことのあるカタツムリの多分いくつかは間違っていました。

今日生きている状態で見つけた毛の生えたカタツムリ。この子も渦巻きの右側に頭があります。

 

チビトラとカラの写真も。

 

 

時々夜更かし

バタンキューの夜と何故か空が白んでくるまで起きてパソコンできる夜があります。やっと生活のリズムが戻りかけて来ました。

でもまだペンタブを広げるスペースも余裕もないのでイラストは描いてないのですが、代わりにネットショッピングで猫のノミ取り、ソーラー発電の外灯、サマーオーニングとやらなんかを買ったりしています。

いよいよ暑くなってサンルームのリカちゃんが可愛そうなので、屋根の上と二面の窓に遮光ネットとよしずを掛けてやると、何と我が家で一番涼しい部屋になりました。窓の外は三方緑いっぱいで、ここでイラスト描けたらどんなに素晴らしいか。

少し前に撮った写真です。

真夜中、寝ているカタバミを発見。小さい緑の蝶(蛾?)のよう。

涼しげなカタツムリ。うちの前の車道の草刈りをされて路肩にむき出しで転がっていたカタツムリを拾うとずしりと重みがあり、中で生きてる感じだったので、水道のところに持って行って水にチャポンと浸けてお皿に載せて見ていると、ニョキニョキ角出しヤリ出し目玉出し、でした。

まるで「バンビ」か「眠れる森の美女」の背景のような裏庭の森。この景色の中を歩いている私はバンビかオーロラ姫?と思って長生きします。

 

ヒメボタル

夏至の夜、これまでで最多のヒメボタルが見られました。

何とヒメボタルのメスは飛ぶことが出来ないそうで、飛んでいるのは全部オス。

やけに道路すれすれの低い場所とか、地面に落ちて光っているのが多いので、もう寿命が尽きかけているのか、と思っていましたが、地面にいるメスを探していたんだ、と分かりました。

夕方まだ明るい時間に家の前に大きなホタルが留まっているので、ひょっとしてゲンジ?ヘイケ?と写真に撮って詳しく見たらやっぱりヒメボタルでした。1.5cm位はありました。

で、この子を捕まえてガラスコップに水と葉っぱを入れ、濡れティッシュで蓋をして、夜になって光るところをシェフにも見せてあげようと思ったのに、夜10時を過ぎても光らず。もしかして本当にもう命が尽きそうになっているのなら可愛そう、と逃がしてやると、暫くして結構元気に光りながら飛んで行きました。

ホタルの話題ばっかり続いているので猫はどうなってるのかという皆様にはチビトラとトッピーからのご挨拶。

トッピーは個室に一人だけでいるので、夕方ご飯、トイレの世話が終わってから暫く一緒にいてやるのですが、トッピーに背を向けてスマホいじりなどしている時、ふと振り向くとずっとこんなに媚びを売っています。

 

2つの執念

私の無知のために刈られてしまったセンダン、切り株から葉っぱを生やした木のすぐ近くに確かもう一本50cmほどの高さの苗木が生えていて、「これも同じ木ね、これも可愛そうだけど」と言って切らせてしまったはず、とこの2日ほど必死で探し回ったのですが、切り株も見つからず。

その辺りは現在排水溝の会所をコンクリートで作るために深く掘られて、その残土を離れた場所に持って行って捨ててしまったのです。きっと木っ端微塵になってしまったんだ...

それでも他にも種が落ちて生えているのではないか、と地面を舐めるように探しながら歩いていたのですが、ダンプで捨てた土がある場所で、何と紛れもないセンダンの10cm程の背丈の小さく柔らかな葉っぱが突き出ているのを発見。

てっきり種から生えたものだと思い、剣スコを持って来て慎重に掘り出してビックリ。

種から生えたのではなく、その細く弱々しい茎の下にあったのは20cm程の長さにちぎれた細い根だったのです。そう、探していたもう一本の切られたセンダンの根に違いありません。

ユンボに粉砕された苗木の泥の中に埋められたちぎれた根が、それでも生きたいと必死で茎を伸ばし葉をつけた執念。自分の過ちで大事な苗木を切ってしまい、何とか片鱗を探し出して生き帰らせてやれないかと探した私の執念。この広い山の中で2つの執念が出会った奇跡。

取りあえずユズとクスノキの植えてある大きな植木鉢の隅に植えておきました。ここで少しリハビリしてからしかるべき植木鉢を用意して植え替えてやります。

 

昔なじみたち

中1で徳島市を離れて以来、何故か何十年も見ることがなかったカタツムリ。猫屋敷の周りにいるのはナメクジばかりでした><

梅雨入りも間近、絵に描いたような紫陽花とカタツムリの図。

 

こちらもまた幼なじみのツタさん。高知県の佐川で生まれて初めて心惹かれた植物の1つ。名前は知りません。

 

同じく佐川で、毎朝起きたらすぐに走って行って道端にしゃがんでのぞき込んだ可愛い花。最近知った名前はニワゼキショウ。

これら懐かしい皆さんがこの地に揃っている幸せ。

 

 

センダン、ハスノハカズラ

近所のミカン畑の中に数本のセンダンが生えているのを今年初めて確認。花が咲いたのでやっと分かったのです。

30年ほど前、大阪中之島の阪大跡地で漂ってくる芳香の元を辿って見つけた薄紫の花、その時ほど強い香りは感じられませんでしたが、近づいて見ると紛れもなくセンダンの香りが。

ネットで調べると葉っぱに除虫成分があり、生ゴミのコバエ対策とか、門の横に植えておくとハエや蚊が入って来ないとか。この効能のため農家では周りにこの木をよく植えているそうで、車で走ると確かに結構たくさん見かけました。

早速葉っぱを頂いて来て生ゴミで試して見ると、どっかの「コバエ○○」みたいな製品より格段に高い効果が見られました。

うちの敷地内には生えていないのでamazonで更に効果が高いというインドセンダン(別名ニーム)を何株か注文しました。鉢植えにして猫小屋の入り口に並べようと思います。成長が早いそうで楽しみです。

それが昨日、何と敷地内に一本、しかも猫小屋の横に生えていたのを発見。直径3cmほどの幹が切られており、根元から細い枝が生えて小さな葉っぱをつけていました。あっ...それは何ヶ月か前、工事のため不要な木を切ると言う時、私に「この木要りますか?」と聞かれて、その見慣れない葉っぱを見てこれがセンダンとは知らず、「可愛そうだけど要りません」と答えたことを思い出しました。わーん、許して~。切り株からまた立派に育ってくれることを祈るばかりです。そう言えば他にも同じ葉っぱの苗木が生えているのを見たような。探して見つけて保護せねば。

それから愛媛から大事にお連れしたハスノハカズラ様。

猫屋敷では真冬にも何枚か葉っぱをつけて元気に越冬していましたが、こちらのこの冬の3度の積雪と低温に、土の上に出ていた茎は何度か凍ってしまったようでカスカスになっていて、もうダメか~、でも土の中で根が生きているのでは、と祈っていたのですが、祈りが通じて見事に復活。

海の近くに生えるというツタなので、こんな山の中では多分うちにしかないと思います。早くまた地面いっぱいに広がって他の雑草を駆逐してくれますように。

2年前の猫屋敷の通路の写真です。

hasunoha201208.jpg