「山の動植物」カテゴリーアーカイブ

雨雨雨

いつから降り続いたのか、多分もう3日は続いているかと思うのですが、まー、よー降ること。

暖かい雨の中、気がつくと一斉に色んな木々の開花が始まっていました。19日にはスモモの白い花がチラホラ、シモクレン、ハクモクレンの蕾は茶色い皮が剥がれて紫と白の花びらが顔を見せ、ソメイヨシノの蕾は今度晴れたら絶対開くぞという意気込み。冬が寒かった年は桜は早く咲くとか。こんなに早く開花したのは生まれてこの方初めてかも。シャクナゲの蕾もビックリするほど急に丸々して来ました。

春分の日の昨日も丸一日結構な雨量の雨が降り続き、ドアを開けると待ってましたと走って来た猫たちも思わず立ちすくむか出るには出てもすぐUターンして家の中へ。

近頃あるきっかけでロカボに目覚め、一週間ほど殆どご飯類を食べない生活を続けていました。空腹感は水煮大豆で補って。スクワットも実行しているのでお腹周りが締まって来ていい感じ、と思っていたら、数日前から頭がクラッとする現象がしばしば起こるようになってギョギョ、脳ドック受けないといけないんじゃ?と心配になりました。でも考えて見れば脳の必要とする栄養素は唯一ブドウ糖だとか。それで炭水化物を少し摂るようにするとクラクラはなくなりました。色んな情報が溢れていますが極端に走ることは危険ですね。何万年もの動物の進化の歴史に於いて炭水化物の恩恵は否定出来ないのではないかと思います。

それと萎縮性胃炎を絶対自力で治す!と決心して毎日せっせと生のキャベツをガジガジかじっています。キャベツは生で、しかもガジガジかじるのが効果的なんだそうです。で、すぐに手の届くところに(冷蔵庫とかじゃなく)キャベツを置いて、空腹時にちぎってボリボリやってます。効果は覿面、時々感じるようになって気になっていた胸焼けがなくなりました。胃も大事ですが食道も要注意。食道ガンは喉・胸・腹の3ヶ所を切開しないといけないやっかいな手術が必要とか。胃ガンになるとも食道ガンになる勿れです。

油をそんなに気にしなくてもいいと聞いたので(これもホントかなあ)、我慢していたフキノトウの天ぷらをしました。もうかなり薹がたっているものが多かったですが、美味しかったです。あとヨモギとウドもフキノトウと並んで長寿に効果有りとか最近の番組で言ってましたね。ヨモギは敷地内で調達、ウドは買って、フキノトウと一緒にもう一度天ぷらにしよう♪

 

ポカポカ陽気

なので隔離猫たち全員をケージに入れたりヒモで繋いだりして日光浴させてやる仕事で毎日忙しいです。

ケージに入れるのはFeLVのマッチャン、私にはとても大人しいのですが、他の猫とケンカになっては大変なので狭いケージに入れておくしかありません。ヒモで繋ぐのは放浪癖のあるフーちゃんとバニーちゃん。

今日なんかはもう猫たちは日陰に入って寝転ぶ程の暖かさで、マッチャンのケージには遮光ネットを、ヒモの子たちには段ボール箱など日陰に入れる物を用意。太陽の動きにつれて遮光ネットがちゃんと日よけになってるか、ヒモが絡んで日陰に入れなくなってないか、時々刻々気苦労が絶えません。動物園の鳥舎のように広くて快適で脱走する心配のないオリがあればこんな苦労も要らないのですがシェフが100万円かかると言うしTT

ユキヤナギがほころび始めました。

ユキヤナギは大好きな花...小学生の頃眉山の並びの山に住んでいた時、崖の縁に群れ咲くこの花は春の化身のように見えました。

この頃私が結構長い間そばにいるのでチビトラの至福のひととき。

 

ウグイス初音

昨日シェフと「そう言えばウグイスの声を聞かなくなったね」と話したところでした。

引っ越して来る前の7年程の間、2、3ヶ月に1回くらいのペースでこちらに2泊くらいしに来ている時には春と言わず夏と言わず、しかも一日中うるさい程鳴いている声を聞いていたのに、思えば去年一年間、ホーホケキョを聞いたのはほんの数回だったような。

今朝7時半頃目が覚めて小雨にけぶる外へ出たら前の道には白いガスが漂い、見上げるとサクラの蕾がいよいよ大きく膨らんでいました。そして茂みの奥からか細い声で「ホ~~~ケキョ...ケチョケチョケチョ」

たった1羽だけですが、鳴き方の練習しているウグイスの声が聞こえて来ました。

数十年前の学生時代、奈良県生駒市の山の中のアパートではウグイスの鳴き声で目が覚めたり、自分がウグイスに鳴き方を教えている夢を見たりしました。今年は大勢のウグイスが合唱して聞かせて欲しいです。

それからかなり前から「ホッホー ホーホホホッホ」とフクロウの声も聞こえます。フクロウも以前は夏の夜によく鳴いていましたが最近聞かなくなったなと思っていたのですが。祝!山の音楽隊復活。

 

一週間くらい前、テレビで「スクワットで人生が変わる」とかいう話題を見て、スクワットを始めました。

足を肩幅ほどに開き、膝を90度以上に曲げない、膝頭をつま先より前に出さない、腰から背中を出来るだけ垂直に、という注意を守り朝晩5回ずつから始めるとよいそうです。

スクワットと言えばこの体重で片足スクワット連続10回を誇っていた私、膝を傷めてしまっては何やってることやら、という心配から最近は控えていたのですが、普通のスクワットなら大丈夫。以前は站桩というただただひたすら膝を曲げた姿勢で立ち続けるという訓練をやっていたことがありますが、スクワットの方がとても楽です。

で「筋肉は3日でつく」というこれまでの経験通り、スクワット始めた次の日から背筋がこれまでになくしっかり伸び始め、たった数十メートルの距離でも腰がだんだん曲がって来ていた猫小屋と自宅との間の上り坂を何と走って行き来することも出来なくもない、というまでになりました。Y字バランスの時もぐらつきがなくなりました。これで今度こそここ数年来の体力ダウンから完全回復出来そうです。

スクワット、オススメです。

4日の夏のような晴れの日のトッピー。何だか木材に挟まれてグッタリしてるみたいですが本人はまったりしていますのでご心配ご無用です。

今日はこれから大雨の予報、猫たちの世話は夕方以降にして1日ゆっくり過ごそうかなと思っています。昨日やっと一仕事終えたばかりなので。

桜5本植樹完了

暖かかったり寒くなったりのこの頃。

一昨日天気の良かった昼間散歩に出してやったリカちゃんが寒くなった夜になっても帰らず、真夜中に懐中電灯で周りの山林を探し歩いたり、同じくもう半月程も姿を見ないフーちゃんのために開けてある猫小屋の部屋に探しに入ったり。何年か前の夏、リカちゃんは突然原因不明の脳にアンモニア高濃度という症状で痙攣を起こしたことがあるので、もしかして、と心配な一夜が明けて昨日の朝8時頃また表を一周して呼び回り、帰って見ると表にリカちゃんが。ホンの少し悪びれた目、綺麗な青緑のリカちゃんの目にまた会えた喜び。すぐに部屋に入れてカイロ入れてご飯ついで、天気良かったけど1日中監禁。

昨日は夏のような強い日差しで昼間はポカポカ、リカちゃんも無事帰ったし縁起のいい日ということで、あと2本残っていたサクラの苗木を植えました。1本は道から見えるところ、最後の1本は猫小屋の横、山のてっぺんに。雨の予報が当てにならないので5本の苗木全てに水遣りも。水道からホースで届く1本以外はエッチラオッチラ両手にバケツで運びました。その間トッピーとバニーちゃんも表に繋いで自由行動の子たちと一緒に日向ぼっこ。トッピーは既に午前中一人で悠々自由行動楽しんだのですが、仲間がいないのでたまにはみんなと一緒の空間に。仔猫、と言ってももう2才の3人組とはケンカにならず大丈夫なのですが、天敵と見なされてるトムがうっかり近づかないよう要警戒です。

日が長くなったのか植木職人の腕が上がったのか、まだ日が高いうちに終わったのでそれから猫たちの世話を終え、まだ明るいのであと1本、ナンキンハゼを植えようかと思ったけどまたの日に。

そうそう、昨日午前中トッピーと並んで日向ぼっこしながら、私も久々に体操しました。この頃だんだん背筋が伸びなくなって来たのが気になって、原因は腹筋か腸腰筋かとあれこれやってみたのですが効果薄。で最後にさては背筋?と思って背中の運動をして見ました。子供の頃から唯一背筋は弱点で、体力測定で背中をエビぞりにするやつ、あれが多分クラスで最低。30cm以上の人も多いのに10cm位しか上がらなかった記憶が。(今はこの測定方法はやらないそうです)

で背中を反らせたり腕を上~後ろに上げて回す運動をひとしきりやると、何とその後坂道を登る時背中がすっきり伸びてる!

毎日毎日俯き加減でする仕事ばかりやって、背中を反らせるなんてまず無かった。呼吸も浅くなってると言われたし、肋骨を開くことも少なかった。背中を反らす運動は意識しないとなかなかやれない。ガンバロー。

2本植樹の後、昨夜も晩ご飯食べてそのまま寝て、今朝は5時半に目覚め、珍しく早朝の更新です。

先日最後の積雪の日に見つけた怪しいゲソ痕。まだ猫たちは誰も通ってない場所に。

指が5本くっきり、しかも鋭い出しっぱなしの爪!絶対猫じゃない。

 

蕾が日に日に膨らむサクラの下でまったりのカラ。

サクラを植える私の横で監督してるチビトラ。後ろの小さい黒猫は実際はどでかいチカ坊。

 

サクラ植樹

午前中はセーター脱いでも汗ばむいいお天気、午後から暖かい雨になった今日、猫の世話の合間にハチスカザクラ2本を道路から見える崖の上に植えました。高さは私の背位です。前回タイサンボクではユンボを動員して1m四方位の大きな穴を掘りましたが、今回は剣スコで説明書通りに根の1.2倍の穴でいいとし、それに地面も柔らかい土だったので楽に掘れました。落ち葉、バーク堆肥、緩効性肥料を入れ、最後にバケツで水を運ばなきゃと思っていると、結構まともな雨が降り出しラッキー。あと3本とブナとナンキンハゼはまた追々。もうほぼ植木職人です。

昨秋お隣の畑から頂いたアスパラガス、無事に根付いて、何と実がなっていました。花はいつどんなのが咲いたのか全く知りませんでした。調べて見たら可愛い白い花なんですね。

実を集めて生えて欲しい場所にばらまきました。ちゃんと畑も作ってみようと思い、少し残しておきました。アスパラガスと言えば最初に知ったのは確か生け花用として。昭和40年頃かな。それから缶詰が出回り始めましたが、これが生け花のと同じものとは思わなかった。白くて不味かった。最近グリーンアスパラが普通に売られるようになり、こちらは大好きですが割に高価。なのでアスパラがニョキニョキ生えてくれるとうれしいです。

すっかり忘れていましたが今日は阪神大震災の日。23年前、もう少しで私も即死するところだったのです。猫のお蔭で助かりました。過去ブログでは何度か当時のことを書いてあります。その日を忘れるとは、それよりももっと大変な出来事が最近立て続けに起こったからでしょう。あの災害の起こった日を忘れられる私は幸せ者です。

 

雪解け

11日に降った10cmの雪が昨日15日やっとほぼ全部解けました。水道も出るようになったし。

昨日昼間は12℃まで気温が上がり、もう春のような強い日差しで、監禁していたルンルン、チビトラ、トム、フーちゃんを出してやり、要身柄確保のバニーちゃんは繋いで、要隔離のマッチャンはケージで、十分に日向ぼっこさせてやりました。このところずっと寝床に引きこもり気味だったリカちゃんものびのび外で遊びました。人間も日向ぼっこしたり外の片付けをしたり、やはり暖かく天気の良い日はこんな私でもやる気が出ました。

(実は、今までのサプリに加え、イチョウ葉を飲んでいるのですが^^;;、これが思いの外脳に良い!!何だか猫とイラスト以外の事にも真面目に取り組む用意が出来た感じです。例えば掃除とか皿洗いとか金銭の管理とか...ボケて来ると苦手になるという諸々のこと^^;;;)

徳島県が広めようとしている蜂須賀桜という桜の苗木を村で無料で配るので5本もらいました。敷地内にソメイヨシノとヤマザクラ、枝垂れ桜が全部で、んー、前に数えたけど、10本位?あるのですが、シェフがサクラなら欲しいというので。道路から見えるところに植えて大川原高原へ行く観光客をオモテナシしようと思います。カンザクラ系で早く咲く種類だそうです。

それから前々から欲しいと思っていたナンキンハゼとまだ一度も見たことのないブナの苗木を取り寄せました。こちらは敷地内のよく目に入る場所に植えて密かに楽しみます。

ナンキンハゼは大阪で雨に濡れた黒い歩道に紅葉した葉が落ちているその美しさに息を呑み、伯母の看病に松山に通っていた時バス停側の小学校の庭に白い実をつけた姿を見てまたまた感動。ハゼと名がついていますがかぶれるハゼとは別物だと言うのに、シェフが「ハゼという名前がついてるのはイヤだ」と反対するのを無視。

ブナは「子鹿物語」とかバンビとかに出てくる木だけど身の回りには一本もなし。それもそのはず、標高800m以上でないと見られないとか。このことはお正月に泊まった温泉でブナの本を見て知りました。でも低地でも育つとのことなので購入。これも憧れの木でした。

前の家から持って来たクスノキの鉢植えも4、5本、植えてもらえるのを何年も待っています。ユンボが入れない場所に植えることになると思うので体力要ります。

ご神木に指定した新参のタイサンボク、-3℃の低温と積雪も乗り切り順調です。毎日朝晩葉っぱに頬ずりしたり幹を握りしめたりしています。実はこの木が来てから長年の懸案の事が一気に良い方向へ向かっているのです。正にご神木。

注連縄、昨日15日まで飾っていましたが、夕方取り外しました。折角自分で作った注連縄だから最大限飾りました。お隣の方にお聞きしたらこちらでは15日まで飾るんだそうです。

 

タイサンボク効果?

14日夕方無事植え付けたタイサンボク、昨日最後に根元にどっさり落ち葉を被せ、毎日朝夕に挨拶して幹や葉と握手しています。

土に落ち着いて3日目にして見た目にも枝が横に開き、葉っぱもつやつやして大きくなった感じ。前に夏場ぐったりしている草に水をやると見る見る蘇ったのを見ましたが、植物って動かないのにこういう変化は動物より早く現れる、と思います。そして不思議なことにユンボで穴掘り、土被せ、水遣りと大車輪だった日の夜、この分なら夕飯後そのままその場所でバタンキューだなと思ったのに、信じられないことにブログも更新したし、3時間の睡眠だけで明くる朝早くからまた一日中元気に動き回りました。そして今朝は何と年に一度あるかないかの整理整頓の神様が降臨、早朝目が覚めると同時に外回りを片付けたり年末に向けゴミを集めたり、と昼過ぎまで人が変わったようにかいがいしく働きました。

これはもしかしてタイサンボク様の力では?何だかこの木の気に接すると心身共に浄化されるような気がします。何と、風邪や高血圧、偏頭痛の漢方薬でもあるそうです。なのでタイサンボクをアトリエのご神木と決め、お鏡餅はタイサンボクの前に飾ることにしようと思います。人間と猫に降りかかる全ての邪気を退散させてくれますように。

 

冬の旅

何となくヘッダー画像を変えて見ました。

4日、またまた高速バスで大阪へ。

朝6時に家を出て7時のバスに。寒いので一番厚くて長くて重いダウンコートを着て出ましたが、大阪に着いたらお荷物になるのでは、とちょっと心配。ところが大阪もすっごい寒くて行き交う人の多くがダウンコート、しかも丈長の。一安心。

大阪駅前のイチョウが今丁度真っ黄色。これが1日でほぼ散ってしまいました。

駅の最寄りの銀行へ行ったのですが、昔の生活圏だった場所なのにiPadのナビ頼り、しかも「東へ進む」と言われても文字通り西も東も分からない。方位の分かる腕時計してるのですが、もう寿命で時間しか分からない。iPadにコンパスアプリ入れたつもりだったのに入ってないし、パスワード忘れてダウンロードも出来ず。それでも何とか閉店時間ぎりぎりに銀行に滑り込めました。

敷地内の結構背の高い木、ずっとこの木何の木と思っていたのがやっと判明。ほぼ間違いなくトネリコ。トネリコって外国語だとばかり思っていたのですが日本語ですと。それに私はずっとトリネコと思ってた。

東京から10年程前に移住して来たお隣さんが「こちらに来て以来、今年の紅葉が一番きれい。」という感想。

貴重な陽光を浴びるコトラ、チビトラ、コケミ。

 

 

師走到来

1日の昨日、天気はよかったけど寒い1日でした。

先月28日、1泊で前の町に出かけ、お世話になった方々にカレンダーを配って来ました。ま、他にも用事があったのですけど。

その前にスタッドレスタイヤに替えたかったけど、店頭に合うサイズがなくて。正規品は高すぎるし、どこで注文するか悩んでいます。でも幸い28日はとても暖かくお天気もよく、予定の行動が捗りました。次の日は予報より悪天候になり朝から雨、それでも気温が高く、帰りは夜になりましたが凍結の心配はありませんでした。

驚いたのは向こうの方が紅葉が進んでいたこと。こちらのイチョウはまだ黄緑っぽかったのに向こうは真っ黄色。サクラも綺麗に真っ赤に紅葉。瀬戸内側は北風がまともに吹くからかな。

帰宅した翌日、うちの前の車道を落ち葉が乱舞。

旅の疲れも忘れ夢中でかき集めて庭の中の風に飛ばされない場所に山と積みました。これは貴重な資源。猫たちのトイレとか犬の●●に被せる用途にとても助かります。↑これはクヌギの葉。

かなりの葉が散ったクヌギの木。

下はヤマザクラの葉とニコちゃん。もちろんこの葉も拾い集めました。サクラの葉のトイレとは何とも贅沢。

師走に入ってもまだけなげに美しく咲いている夏の最後の百合。気温が低いので長持ちしています。

エノキの落ち葉とララちゃん。うー、絵にしたい。

 

 

 

 

 

 

タイサンボク届きました♪

昨日、何と大安の日に。

ネットショップで探してもリトルジェムという矮性のものやヒメタイサンボクという落葉するものしかなかったのですが、アスナロを頂いた和歌山の植木組合さんに問い合わせたところ、組合員さんが育てておられた正統(?)なタイサンボクをわざわざ掘り出して下さいました。長年の夢が叶い、本当にうれしいです。

早速トムがご挨拶。

シェフは最初「タイサンボク?そんなんいらんやろ」という意見でしたが、ネットの写真を見せると「そう言えばこの木、昔大阪の家に植わってた」と、懐かしい記憶が蘇り、とたんにVIP待遇。一緒に植える場所を考えて、これまで駐車場として確保しておきたいと思っていた場所を少し犠牲にして、どの部屋からも見える敷地内の奥座敷的な場所に植えることに。無事根付いてすくすく伸びて欲しいです。成長、早いのかなあ。

今は私と同じくらいの背丈、20mになった姿を見るまでは死なん!

あ、もう一つうれしいニュース、半月ほども家出していたバニーちゃんが一昨日昼頃無事帰って来ました。うちの前の車道でお隣のキウィ農家の方にキウィの摘花のことをお聞きしていた時、のっそりと軽トラの後ろから姿を現しました。

少し痩せていましたが毛並みも綺麗で健康上問題なし。早速個室に監禁、ご馳走責めに。それからずっと監禁しっぱなしです。当分養生して反省してもらいます。しかし何故頻繁に家出を繰り返すのか...何か問題があるのなら解決してやらねば。