「生活・雑感」カテゴリーアーカイブ

晩夏

長らく更新出来ませんでした。猫絡み、人間絡み共に色々目まぐるしい事が続いて、要するにいつもと同じく、いえ、いつもにも増して毎日クタクタでした。

気がつけば早くも秋雨前線などという言葉が聞こえて来るようにになりました。今年の夏は7月は長引く梅雨で毎日雨続き、8月は台風による大雨、不安定な大気のせいでの夕立でやはり晴天の日が少なく、結果暑さも耐えられないという感じではなかった気が。猫小屋の屋根に登っての遮光ネット掛け、いつやろうかと思っている間にもう夏が終わってしまいそう。コオニユリは8月に入ると白百合に交代しました。白百合、昼間は匂わないのですが夜から早朝にかすかな百合の香りがします。

一番大変だったのは台風10号の時の避難。去年は山の方の家に避難したのですが、その時窓から見た何本もの杉の木がまるで竹のようにしなって揺れる光景が怖いとシェフが軟弱なことを言って絶対山へは避難しないと言うので、渋々市内のホテルに2泊する羽目に。折しも阿波踊り真っ最中で、13、14、15と3泊したかったのですが、13日の時点で満室。ところが台風が徳島へまっしぐらの様相となって阿波踊りが14、15日と中止になり、急遽ホテルはガラガラ?14、15日連泊する事が出来ました。万一土砂災害が起こった場合一番危険な部屋にいるリカちゃんを山の猫小屋に移動させたのですが、そのため14日ホテルへ行く前に今にも雨が降り出しそうな空を見上げながら三軒長屋の猫小屋の真ん中の一室を大掃除、リカちゃんをお連れすると意外!チカ坊とリンタローの使っていたその部屋をイタクお気に入りでとっても寛いで下さったので重労働も報われ安心して避難する事が出来ました。引っ越して来て以来2年半、リカちゃんには3方と天井全てアクリルで外の木々や空との一体感満点のサンルームを提供して来たのですが、それより外が見えるのは正面の掃き出し窓一ヶ所のみ、それ以外の5方は杉材の壁という暗いこの部屋が安心出来て居心地満点のお部屋だったようです。思い至らなかった私、まだまだ猫の気持ちを理解出来ていません。

そのリカちゃん、実は去年からやけにトイレに駆け込む回数が多いと思っていたのですが、今年になってから始終お漏らしをするようになって、歩きながらとか寝ている間とかポタポタ、ぐっしょり、、、診て頂いてもこれと言った病変は見つからず。ペットシーツでは朝にはお尻や足の毛がビショビショになるので人間用の平オムツで対応しています。元気は元気で食欲も満点、悪い病気ではなさそうなのですが。

さてもう一匹、腎不全のクリちゃん、2日毎の補液を開始してからもうどの位になったか?1年?腎臓食のカリカリが食べにくくなったようで3日程前からリキッドに替え、一日2回抱いて飲ませてやらなければならなくなりました。1日100cc程飲ませているのですが、少しずつ体重も回復して来ています。今日病院で頂いたサンプルのジンカバーと言うホタテとチーズ味の活性炭サプリを混ぜて与えると嬉しいことにちょっと美味しそうに飲んでくれたので定期購入を申し込みました。可能な限り長生きして欲しいです。

私のパワースポット↓。昔々9歳から12歳まで徳島市に住んでいた時、この石段の右側に家があって毎日この場所で犬たちを連れて(当時は大の犬派)遊び回っていました。石段はずっと上まで続いていて、権現様の神主さん?の住まいもあったのですが、いつのことか土砂崩れがあったようで階段は土砂と木々で塞がってしまっていました。昔は右側の沢には水が流れていて糸トンボが飛びキイチゴの木がありました。水は枯れてしまったようですが、糸トンボとキイチゴは健在でした。いつか連れを募って上まで道無き道を登ってみたいです。ずっとずっと山道をかき分けて入って行くとキツネか何かの妖怪が住んでいそうな立派な屋敷跡がありました。2回その場所へ辿りついた記憶がありますが今も朽ちずにあるのか?怖いゾー。

ではまた。

コオニユリと蝉時雨

7月は毎日雨雨雨で終わったような。ネムの花は何度も大雨に打たれても一生懸命咲こうとしていましたが、あまり見上げる暇もなく、いくつかの蕾の束は雨の中に消えてしまいました。それでも中旬からいつもの場所にコオニユリが咲き始め今も満開。20日頃聞きなれない鳥の声が、と思ったらそれは羽化したばかりのセミの声、今ではカナカナ、シワシワ、ミーンミーン、それにツクツクホーシも加わって賑やかな合唱が聞こえます。やっと大好きな日本の夏がやって来ました。

先月25日、31日と突然の来客、それも事前連絡無しとか当日朝電話して来て今から行くとかで、こっちは汗ダクで部屋の支度。そうかと思えば注文した冷凍庫が予定の配達日を今日にしてくれとまたまた突然の連絡、慌てて設置場所を用意とか、この暑いのに想定外の肉体労働が相次ぎもうクラクラでした。でもまあ何とかサバイバルしています。

久しぶりにラインスタンプup出来ました。

またまた雨

昨日は出かける用事のあった日で午後から日が差して来たのはラッキーでしたが蒸し暑くて帰宅後グッタリ、晩ご飯の支度もやる気力なく寝てしまいました。まあ、カロリーは十分摂れているので一食抜いた位で人並みです。野菜を補う為に色々な色や形のミニトマトをテーブルに山盛りしてあります。それでも腎臓病のクリちゃんの点滴だけは頑張ってやりました。

病院処方のビタミン剤で元気百倍だった反動か、低気圧のせいか、この頃は最低限の仕事すら満足にこなせずグダグダ寝ている日が続いています。そろそろ頑張ってイラスト描かなきゃなんですが、何だか集中力がない。こんなことではあかん、と自分へのエールに農協直販所で10kgもあるんじゃないかというお化けスイカを買って、ふうふう言いながら解体して、ブロックに切ってビニール袋で冷凍、残りを冷蔵庫で冷やして連日腹いっぱい食べたら体温下がって却ってしんどくなっちゃった><

直販所で買ったスイカの苗を適当に植えていたのですが、最近メキメキ茎を伸ばして花もいっぱい付き、葉の下を覗いて見たらスイカベイビーも!丈夫で大きくなっておくれ。

あれだけたくさんいたオタマジャクシ、何故か1/3程に数が減って、大きさもさほど変化なし。足の生えてる個体は全然なし。雨で水が溢れて地面に落ちてしまったのかと探してみたけどそれらしいものは見当たらず。死んだ個体は食べられてしまったのか?まさか一夜にしてカエルになって水から出た?

もう一つ、オタマジャクシのミステリー。一輪車のほかにも広場に置いてある2つの石の丸いツクバイ、その一個の方にも数匹のオタマジャクシがいたのですが、最近見たらもう一個の方にも2、3匹いる!30cm程の距離を飛び越えて移動した??不思議、、、人間の知らないところで色々ミステリアスな出来事が起こっているんですね。

タイサンボクの花、雨の中次々と9輪が見事に咲いてくれましたが最期の10個目の蕾は小さいままで口のところが茶色くなって、このまま開くことなく消えてしまうかも知れません。樹高はもう2m位になり新しい枝や葉っぱがぐんぐん伸びています。花を覗き込めるのも来年までか?

とりとめもない事を書いて制作モードへ入るウォーミングアップです。

iPhone代替わり

洗濯してしまった iPhone SE、スマホ修理屋さんに持ち込みましたが蘇生出来ませんでした。

ポケットに入れて洗濯というマヌケな失敗ではなかったけど、洗濯機の中に引きずり込まれた時の SEちゃんの気持ちを思うと可愛そう、、、それに過去1年分以上の写真や住所録が消えちゃった。でもまあ自分が生きていれば写真は嫌という程撮れるし、住所録はガラケーの中にもほぼ全部入ってるし、と思って気持ちを切り替えました。

柔らか銀行さんで修理してもらうと結局機種変更しなければならなくて、そうするとスマホデビュー割が外れて月々の料金が倍になる、新しい iPhoneは私には必要ない機能満載の高価な最新機種になる、ということで、修理をお願いしたお店で中古の iPhone6を18000円で購入、これでデビュー割は継続出来ます。

お店の方はとても行き届いて親切でスキルも高くて感動しました。で、自分へのペナルティとお店への感謝の意を込めて、本体と同額の手帳型のケースを購入、今後はむき出しやチャチなケースでポケットに入れたりせず、大事に持ち歩く事にします。

28日に受け取った iPhone6、メールやアプリの再建が一応終わりやっと馴染んで来ました。ちょっと不便なのがSiri 、SEはそのまま話しかければいつでも答えてくれたのに今度のはホームボタンを押しながらでないといけない。まあ、前は時々誤作動というかこっちがSiri呼んでないのに勝手に返事することがあったので、それを修正したという事でしょうか。

画面はかなり大きくなってるし文字も読みやすい。中古という事は全く気になりません。今回の事件で頼りになる修理屋さんが出来たのがSEちゃんの置き土産と思って感謝。

タイサンボクは昨日雨の中6番目の花が開花、今朝は雨でまだ見に行けてませんが7番目が開いているかも。最初に咲いた花の花弁が散った後に残っていたイガグリ頭の種の入っている部分(何と言う名前だったか思い出せない。子房?)が根元から切れて地面に落ちていました。種は全然熟してない模様。

裏にある2本のネムノキの小さい方に27日大安の日に花が咲き、そのあと雨続きなのを物ともせず次々と花が開き続けました。それもまだまだ硬い蕾だと思っていたのがみるみる濃いピンク色になったかと思うと数時間後にはもう花開いてる。夕方になって葉は眠ろうとするのに花の開こうとする意欲は衰えないようです。この低い方の木に咲く花は有り難い事に私の目線と同じ高さ、鼻を近づけて匂いを嗅ぐと、何とビックリ、とても爽やかな良い香りがするのです。葉っぱの爽やかな香りは知っていましたが花にも芳香があるとは知りませんでした。蕾はまだまだいっぱいついてます。

雨に濡れて開花したネムノキの花

3つ目の花

21日大安の日、タイサンボクの3つ目の花が開花。

最初の花が9日の大安、2つ目が17日の満月の日、そして3つ目がまた大安の日。

2つ目はてっぺんについた蕾の自負心からかとても大きな花でしたが、3つ目は最初のと同じ位の控えめな大きさ。

こんな事、いちいちレポートする必要はどこにもないのですが、ひとえにタイサンボク様への敬愛の情から、掲載せずにはいられないのです。今回残念なのは写真が撮れてないこと。その訳は、何と!スマホに起こったとんでもない悲劇のためです。

あろうことか、iPhone ちゃんを洗濯しちゃったのですー。

ポケットに入れたまま、なんて事はいくら私でもまだそこまでボケてはいません。iPhoneは前掛の前面の大きなポケットに入れてあったのですが、猫の部屋のホットカーペットカバー2枚を洗おうと両手いっぱいに抱えて洗濯機に放り込む際、カーペットのやつが前掛からのぞいていたiPhoneの紐やケースを巻き込んで一緒に身投げをさせてしまったものと思われます。洗濯が終わってカーペットカバーを1枚、2枚と取り出した後、洗濯機の底に、キレイになって横たわるiPhoneちゃん、、、、

取り敢えず乾かす!シェフがティッシュの箱に入れるといいと言ってくれたのでそうして、ネットで検索。可能であればsim カードを取り出せとのこと、iPadに付いていたピンを探してsim カードを取り出すことに成功。そのあとティッシュにくるんで車のダッシュボードに置いて2日間放置しました。明日あたり電源を入れてみようと思います、、、、いや、もう一日乾燥させようか。

その日は仏滅でした。今は予備に持っているガラケーに電話を転送しています。もし壊れてたらガラケーに戻そうか、とも思ったのですが、カメラの画素数が全然お話にならない。せめてかんたんスマホにせねば。

タイサンボク開花

6/9大安の日曜日、初めての花が開花しました。

清らかで深みのある香りが漂っていて、花に鼻をくっつけて思いっきり吸い込むと一筋の芯の強い香りが感じられました。純白で清々しく神々しい姿。2017年12月14日に私一人でミニユンボで穴を掘って植えた日から1年半、願いが通じたか、9つもの蕾をつけてくれました。うちよりもっと低い場所にある2本の大木は通りすがりに見た限りでは今年はまだ花がついていません。うちの幼木がこんなに早く沢山の蕾をつけてくれたのは肥料のお蔭かも。

最初に咲いたのは一番日当たりの良い場所にあった蕾。

毎日朝に夕に写真を撮っていましたが5日目に完全に茶色くなって花弁が散りました。2つ目の花が今朝にも開花しているかも知れません。

ヒメボタルはこのところ光るのを見られていません。光ってる時間帯には寝ているからかも。

今月前半はお江戸詣でやら友人の突然の来訪やら歯のメンテやら特定健診やらと息継ぐ暇もない程のハードスケジュールでした。ビタミン剤などのお蔭で朝から大車輪なので気分良くこなせてはいるのですが、その分肉体疲労がスゴイ。毎日昼ご飯後に可能ならば昼寝を入れて、夜もまたバタンキュー、翌朝には疲れは雲散霧消でまたまた大車輪、うーん、これでいいのか?

頭も体もハツラツで、ボーッとしていられるオフの日を入れなきゃ、と思います。

ヒメボタル飛ぶ

今日2:30頃表へ出た時茂みの間にチカチカと力強く光ってゆらゆら飛ぶ光を発見。森のホタル、ヒメボタルです。今年はゲンジボタルを見ませんでしたがヒメボタルは例年通り羽化してくれました。

タイサンボクの花芽らしきもの、蕾であることはもう確定的。うっすらと白い花の色が透けて見えています。蕾は全部で8つ、これは一番良く日の当たるところに付いているものです。

梅雨入りの強い日差しを受けて葉っぱも大きく広がりキラキラ光っています。枝先からは3本程に枝分かれした柔らかい枝がスクスク伸びて、これからはグングン背丈も伸びていきそうです。前の家から持って来たキンモクセイや柿の木も最初の年は葉っぱも少なく元気なかったのですが、3年目となる今年はしっかりと茂り始めました。石の上にも三年とは植物も同じのようです。

私もやっと体力回復が進み、引越し前の若さ?を取り戻せた感じです。思えば思い立ってから10年、実質(前の建物を解体したりこっちの家を建てたりという作業開始から)3年かかった引越しはきつかった、、、、。本当に人生最大の難事業でした。よくぞ命があったものだと思います。いやいや、大袈裟じゃないんですよ。引越し完了から2年半、疲労とダメージからの回復にはやはり3年程かかるようです。

アトリエmojuni もそろそろ何とかカッコつけなければ。今はただの猫小屋です。

5月の野山

森のルビー

この頃は夜12時前に超眠くなりニュースも最後まで見ずにちょっと一服と言って崩れるように横になり朝まで死んだように爆睡、7:30頃目覚めて早めに犬の移動(散歩替わりに山の方へ連れて行って夕方まで放置)、夜の間閉め込んでいるバニーちゃんの部屋の戸を開け、序でに憎っくきひっつき虫などを引っこ抜きながら目にとまる食べ頃のキイチゴを頬張っています。朝のうちまだ完熟とは言えないと思ったものは夕方行ってみると一回り大きくなって色も見るからに美味しそうになっています。覆っているカラスノエンドウをガバッと引っこ抜くとその下に丸々熟した特大の実が現れたりしたら超ラッキー。

フキとクローバー

クローバーやカタバミの群生を見ると真上から写真を撮らずにはいられません。小人になってこの美しい森の中で昼寝したい、この葉陰から空を見上げたい、と思うのは私だけ?

1年半前に植えたタイサンボク、樹高は相変わらず私の背丈と同じですが、今年は去年よりずっと大きな葉芽がいっぱい出て、いよいよこれから成長路線をまっしぐらのようです。花芽は来年期待できるか?

やっと連休明けー

基本ずっと家にいたのですが何だか疲れたー。5/1は突然の風邪で24時間寝たりしました。最終日の昨日は3匹の犬を軽トラに乗せて予防注射に。近く(と言っても15分程かかる)のファミマの駐車場で動物病院のキャラバンが他府県から来て一匹1000円でしてくれるので3匹もいると大助かりです。

今日は爽やかな五月晴れ、連休入り前にやっとくのを忘れた振込や、旅行などで3週間分たまっていたゴミ出しを終え、清々しい一日でした。

他人の空似^_^

多忙な連休入りでした

連休直前の一週間は何と内3日が完徹(死語?)

大阪、東京へ2度に分けて出かけたのですが、例によって出発前夜は一晩中準備で徹夜、更に東京のホテルでもまた徹夜、理由はただただ自分の能力の問題です。

学生時代の旧友とのン十年ぶりの再会だった大阪はお天気がちょっと微妙だったけど傘をさすこともなく、気温も初夏の陽気、一等地の高級ホテルに安く泊まって豪華な喫茶コーナーを長時間談話室に使った賢い滞在、あっという間に夢のような時間が過ぎて行きました。

中1日空けてのお江戸行きは気温の急降下、家から着て行った夏服ではちょっと寒過ぎ。でもキャリーバッグにはちゃんとヒートテックを入れていたので助かった。ホテルで徹夜でやったのは新しいiPadのセットアップとデータ移行、慣れないiOSやiCloud の作業、何やかんやいっぱいあるpassword が分からなくなったりで手間取りました。何とか終わったもののそれから寝たんじゃまたまた寝過ごすに決まってるので2晩連続の徹夜。

東京からの帰路、淡路島の綺麗な海。

今日4/29はハマちゃんがうちに来た日。生きていれば16才になります。ハマちゃんにもう一度会いたい。