「生活・雑感」カテゴリーアーカイブ

3つ目の花

21日大安の日、タイサンボクの3つ目の花が開花。

最初の花が9日の大安、2つ目が17日の満月の日、そして3つ目がまた大安の日。

2つ目はてっぺんについた蕾の自負心からかとても大きな花でしたが、3つ目は最初のと同じ位の控えめな大きさ。

こんな事、いちいちレポートする必要はどこにもないのですが、ひとえにタイサンボク様への敬愛の情から、掲載せずにはいられないのです。今回残念なのは写真が撮れてないこと。その訳は、何と!スマホに起こったとんでもない悲劇のためです。

あろうことか、iPhone ちゃんを洗濯しちゃったのですー。

ポケットに入れたまま、なんて事はいくら私でもまだそこまでボケてはいません。iPhoneは前掛の前面の大きなポケットに入れてあったのですが、猫の部屋のホットカーペットカバー2枚を洗おうと両手いっぱいに抱えて洗濯機に放り込む際、カーペットのやつが前掛からのぞいていたiPhoneの紐やケースを巻き込んで一緒に身投げをさせてしまったものと思われます。洗濯が終わってカーペットカバーを1枚、2枚と取り出した後、洗濯機の底に、キレイになって横たわるiPhoneちゃん、、、、

取り敢えず乾かす!シェフがティッシュの箱に入れるといいと言ってくれたのでそうして、ネットで検索。可能であればsim カードを取り出せとのこと、iPadに付いていたピンを探してsim カードを取り出すことに成功。そのあとティッシュにくるんで車のダッシュボードに置いて2日間放置しました。明日あたり電源を入れてみようと思います、、、、いや、もう一日乾燥させようか。

その日は仏滅でした。今は予備に持っているガラケーに電話を転送しています。もし壊れてたらガラケーに戻そうか、とも思ったのですが、カメラの画素数が全然お話にならない。せめてかんたんスマホにせねば。

タイサンボク開花

6/9大安の日曜日、初めての花が開花しました。

清らかで深みのある香りが漂っていて、花に鼻をくっつけて思いっきり吸い込むと一筋の芯の強い香りが感じられました。純白で清々しく神々しい姿。2017年12月14日に私一人でミニユンボで穴を掘って植えた日から1年半、願いが通じたか、9つもの蕾をつけてくれました。うちよりもっと低い場所にある2本の大木は通りすがりに見た限りでは今年はまだ花がついていません。うちの幼木がこんなに早く沢山の蕾をつけてくれたのは肥料のお蔭かも。

最初に咲いたのは一番日当たりの良い場所にあった蕾。

毎日朝に夕に写真を撮っていましたが5日目に完全に茶色くなって花弁が散りました。2つ目の花が今朝にも開花しているかも知れません。

ヒメボタルはこのところ光るのを見られていません。光ってる時間帯には寝ているからかも。

今月前半はお江戸詣でやら友人の突然の来訪やら歯のメンテやら特定健診やらと息継ぐ暇もない程のハードスケジュールでした。ビタミン剤などのお蔭で朝から大車輪なので気分良くこなせてはいるのですが、その分肉体疲労がスゴイ。毎日昼ご飯後に可能ならば昼寝を入れて、夜もまたバタンキュー、翌朝には疲れは雲散霧消でまたまた大車輪、うーん、これでいいのか?

頭も体もハツラツで、ボーッとしていられるオフの日を入れなきゃ、と思います。

ヒメボタル飛ぶ

今日2:30頃表へ出た時茂みの間にチカチカと力強く光ってゆらゆら飛ぶ光を発見。森のホタル、ヒメボタルです。今年はゲンジボタルを見ませんでしたがヒメボタルは例年通り羽化してくれました。

タイサンボクの花芽らしきもの、蕾であることはもう確定的。うっすらと白い花の色が透けて見えています。蕾は全部で8つ、これは一番良く日の当たるところに付いているものです。

梅雨入りの強い日差しを受けて葉っぱも大きく広がりキラキラ光っています。枝先からは3本程に枝分かれした柔らかい枝がスクスク伸びて、これからはグングン背丈も伸びていきそうです。前の家から持って来たキンモクセイや柿の木も最初の年は葉っぱも少なく元気なかったのですが、3年目となる今年はしっかりと茂り始めました。石の上にも三年とは植物も同じのようです。

私もやっと体力回復が進み、引越し前の若さ?を取り戻せた感じです。思えば思い立ってから10年、実質(前の建物を解体したりこっちの家を建てたりという作業開始から)3年かかった引越しはきつかった、、、、。本当に人生最大の難事業でした。よくぞ命があったものだと思います。いやいや、大袈裟じゃないんですよ。引越し完了から2年半、疲労とダメージからの回復にはやはり3年程かかるようです。

アトリエmojuni もそろそろ何とかカッコつけなければ。今はただの猫小屋です。

5月の野山

森のルビー

この頃は夜12時前に超眠くなりニュースも最後まで見ずにちょっと一服と言って崩れるように横になり朝まで死んだように爆睡、7:30頃目覚めて早めに犬の移動(散歩替わりに山の方へ連れて行って夕方まで放置)、夜の間閉め込んでいるバニーちゃんの部屋の戸を開け、序でに憎っくきひっつき虫などを引っこ抜きながら目にとまる食べ頃のキイチゴを頬張っています。朝のうちまだ完熟とは言えないと思ったものは夕方行ってみると一回り大きくなって色も見るからに美味しそうになっています。覆っているカラスノエンドウをガバッと引っこ抜くとその下に丸々熟した特大の実が現れたりしたら超ラッキー。

フキとクローバー

クローバーやカタバミの群生を見ると真上から写真を撮らずにはいられません。小人になってこの美しい森の中で昼寝したい、この葉陰から空を見上げたい、と思うのは私だけ?

1年半前に植えたタイサンボク、樹高は相変わらず私の背丈と同じですが、今年は去年よりずっと大きな葉芽がいっぱい出て、いよいよこれから成長路線をまっしぐらのようです。花芽は来年期待できるか?

やっと連休明けー

基本ずっと家にいたのですが何だか疲れたー。5/1は突然の風邪で24時間寝たりしました。最終日の昨日は3匹の犬を軽トラに乗せて予防注射に。近く(と言っても15分程かかる)のファミマの駐車場で動物病院のキャラバンが他府県から来て一匹1000円でしてくれるので3匹もいると大助かりです。

今日は爽やかな五月晴れ、連休入り前にやっとくのを忘れた振込や、旅行などで3週間分たまっていたゴミ出しを終え、清々しい一日でした。

他人の空似^_^

多忙な連休入りでした

連休直前の一週間は何と内3日が完徹(死語?)

大阪、東京へ2度に分けて出かけたのですが、例によって出発前夜は一晩中準備で徹夜、更に東京のホテルでもまた徹夜、理由はただただ自分の能力の問題です。

学生時代の旧友とのン十年ぶりの再会だった大阪はお天気がちょっと微妙だったけど傘をさすこともなく、気温も初夏の陽気、一等地の高級ホテルに安く泊まって豪華な喫茶コーナーを長時間談話室に使った賢い滞在、あっという間に夢のような時間が過ぎて行きました。

中1日空けてのお江戸行きは気温の急降下、家から着て行った夏服ではちょっと寒過ぎ。でもキャリーバッグにはちゃんとヒートテックを入れていたので助かった。ホテルで徹夜でやったのは新しいiPadのセットアップとデータ移行、慣れないiOSやiCloud の作業、何やかんやいっぱいあるpassword が分からなくなったりで手間取りました。何とか終わったもののそれから寝たんじゃまたまた寝過ごすに決まってるので2晩連続の徹夜。

東京からの帰路、淡路島の綺麗な海。

今日4/29はハマちゃんがうちに来た日。生きていれば16才になります。ハマちゃんにもう一度会いたい。

新緑の輝き

睨むチビトラ、あっかんべーするルンルン
サクラの若葉の木漏れ日の中でまったりのカラ
綺麗なツタの紅葉と清楚なキイチゴの花

iPad5を6へ機種変更、iPad Proを新規購入で頭の中がてんてこ舞い。でも玄米食にしたお蔭か不思議と頭が冴えてる感じ、体も良く動きます。私が独裁者だったら精米を禁止して国民の健康増進を図ります。だって元々お米が持っている栄養を手間と費用をかけて削ぎ落とすなんて何と愚かなこと。シェフも渋々2回に1回以上食べるようになりました。

玄米と言っても発芽玄米で白米の設定で普通に炊けるものです。

スマホ騒動

一昨日 31日の日曜日、お昼に近くのレストランへ外食に行ったら駐車場がビッシリで諦めて、結局スーパーのお弁当買って車内で食べよう、と思ったら欲しいものがなく巻き寿司とお稲荷さんのセットを買って食べて、、、。その後隣の小松島市の産直市へ行ってちょっとマシな食べ物を、と思ったら、レストランはもう閉店、というツイてない一日でした。その上帰宅後、着替えて猫の世話に向かおうとしたらなんとスマホが行方不明。産直市を出る時には確かにポケットに入っていたのに。

たかが電話と手帳とアルバム、、、、それがなくなるとまるで自分の存在そのものがなくなるかのような大事件のように思えてしまう。まあ、たとえ出てこなくても自分が生きていればそれで十分ではないか、と言い聞かせつつも、サポート電話(ガイダンスしか繋がらない><)をかけたりmy softbank にログインしたり、随分長い時間を費やしました。

月曜の朝まで待ってオペレーター様へ電話。スマホの捜索をしてもらったところ、何と自宅周辺にあるらしい。じゃ何で呼び出し音が聞こえないのか?積み重ねた布団や服の奥底に何故か落ち込んでしまったのか。こりゃいよいよ大掃除しなくては、、、、とユーウツになりましたが、万に一つの望みをかけて家の周辺を捜索。すると、帰宅後行った覚えのない裏手の庭の隅にあったーー。思わずスマホにキス。

前に犬小屋の前に落として犬に噛まれて保護ガラスフィルムにヒビ入って見辛くなっていて、ソフトバンクで聞いたらもうSE用のフィルムは売ってないと言われたし、考えて見たらスマホの機能も電話とカメラ以外は大して使わないし、ガラケーに戻そうかと考えていたのでスマホが拗ねちまったのかも。アマゾンで調べたら保護フィルムいくらでも売ってたので注文しておいた新しいフィルムを早速貼ったらピカピカの新品みたいになりました。スマホデビュー割で2000円以上安くなってるというし、当分大事に使わせて頂きます。

人間のおバカな騒動をよそに美しく咲く花々。

満開間近

咲き始めると見る見るシャクナゲを抜き満開へとまっしぐら。


寝ながらのお花見が出来るなんて思っても見なかった幸せ。

で、昨日はサクラの近くにごちゃごちゃ置いてあったものを片付けました。冬の間ビニールを掛けて寒さから守っていた鉢物や、セメント工亊の時のハンマーやツルハシ、秋に集めた落ち葉を詰めた大きなフレコンバッグ等々。前の道路を走る車が速度を緩めて眺めて行くので少しは綺麗にしておかないとです。サクラの下でシャクナゲが咲き揃うと車を停めて写真を撮らせてという方もおられるのでズボラーの私もボケーっとしてられません。

夜はソーラーライトでライトアップしてみました。

ソメイヨシは60年寿命だと言うのは本当に本当なのか? 確かに何本か枯れ枝があるのが心配。シャクナゲの根も絡んでいるので可愛そうな状況です。この木がなくなったらうちの値打ちが半減。せっせと肥料やHB101をやっています。

春雪の富士

奇跡の一枚

3日前サクラ開花の便り飛び交うお江戸への道中、新幹線車内でiPadで長い文章を書いていて、ふと車窓へ目をやると真白き富士の嶺。iPadをカメラにしてバチバチッ、そんな事してるの私だけ。昔は窓に張り付いて歓声をあげ、反対側の席の人は通路まで立って来て富士山を仰ぐのが普通だったのに、私のシャッター音を聞いても顔を上げもしない。外国人観光客も殆どいない始発ののぞみ。

着いた日東京は22℃!八重洲口界隈では2、3分咲きの夜桜を見ました。でも明くる日は一気に10℃下がる予報。例によって一泊でとんぼ返りするとうちのソメイヨシノの蕾はまだまだでした。

やっと今日何輪か開くかなーという段階です。サクラより早く咲きそうというか咲いているのがシャクナゲ。実は去年秋からまるでツツジのように一輪だけ2〜3ヶ所で開いていましたが、今もそんな感じで其処彼処で開花しています。暖冬異変か肥料過多か?