「mojuniの猫記」カテゴリーアーカイブ

雪解け

11日に降った10cmの雪が昨日15日やっとほぼ全部解けました。水道も出るようになったし。

昨日昼間は12℃まで気温が上がり、もう春のような強い日差しで、監禁していたルンルン、チビトラ、トム、フーちゃんを出してやり、要身柄確保のバニーちゃんは繋いで、要隔離のマッチャンはケージで、十分に日向ぼっこさせてやりました。このところずっと寝床に引きこもり気味だったリカちゃんものびのび外で遊びました。人間も日向ぼっこしたり外の片付けをしたり、やはり暖かく天気の良い日はこんな私でもやる気が出ました。

(実は、今までのサプリに加え、イチョウ葉を飲んでいるのですが^^;;、これが思いの外脳に良い!!何だか猫とイラスト以外の事にも真面目に取り組む用意が出来た感じです。例えば掃除とか皿洗いとか金銭の管理とか...ボケて来ると苦手になるという諸々のこと^^;;;)

徳島県が広めようとしている蜂須賀桜という桜の苗木を村で無料で配るので5本もらいました。敷地内にソメイヨシノとヤマザクラ、枝垂れ桜が全部で、んー、前に数えたけど、10本位?あるのですが、シェフがサクラなら欲しいというので。道路から見えるところに植えて大川原高原へ行く観光客をオモテナシしようと思います。カンザクラ系で早く咲く種類だそうです。

それから前々から欲しいと思っていたナンキンハゼとまだ一度も見たことのないブナの苗木を取り寄せました。こちらは敷地内のよく目に入る場所に植えて密かに楽しみます。

ナンキンハゼは大阪で雨に濡れた黒い歩道に紅葉した葉が落ちているその美しさに息を呑み、伯母の看病に松山に通っていた時バス停側の小学校の庭に白い実をつけた姿を見てまたまた感動。ハゼと名がついていますがかぶれるハゼとは別物だと言うのに、シェフが「ハゼという名前がついてるのはイヤだ」と反対するのを無視。

ブナは「子鹿物語」とかバンビとかに出てくる木だけど身の回りには一本もなし。それもそのはず、標高800m以上でないと見られないとか。このことはお正月に泊まった温泉でブナの本を見て知りました。でも低地でも育つとのことなので購入。これも憧れの木でした。

前の家から持って来たクスノキの鉢植えも4、5本、植えてもらえるのを何年も待っています。ユンボが入れない場所に植えることになると思うので体力要ります。

ご神木に指定した新参のタイサンボク、-3℃の低温と積雪も乗り切り順調です。毎日朝晩葉っぱに頬ずりしたり幹を握りしめたりしています。実はこの木が来てから長年の懸案の事が一気に良い方向へ向かっているのです。正にご神木。

注連縄、昨日15日まで飾っていましたが、夕方取り外しました。折角自分で作った注連縄だから最大限飾りました。お隣の方にお聞きしたらこちらでは15日まで飾るんだそうです。

 

どか雪

1/11日朝7時、玄関開けて唖然。

一面の銀世界、積雪10cm!! 家の前の道路は真っ白、いつもなら農家の人の軽トラが通るのにタイヤ痕はゼロ。

前日10日はいい天気でシェフと一緒にお昼は外食に出かけ、銀行にも用があったけど仏滅だったので明日にしよう、と帰宅。夜、テレビの天気予報でひょっとして多いところで20cmの積雪か、と言っていましたが、真夜中には綺麗な星が出ていたし、本気にしてなかった。11日は私1人で出かけようと思っていたのに、これじゃ動けない。昨日済ませとけばよかった...

最低気温がマイナスになるという非常事態なので(昨日、今日あたりは-3℃)、アダルト組と鉄砲玉のフーちゃんはもう3、4日外へ出してやっていません。トッピーなんかドアから首を出して暫く考え、またベッドへ戻って行きます。チビトラも出口まで来てUターン。トムは寝床から離れません。トム、チビトラは涙目になっていたので当然監禁。結構年配のルンルンはゲホゲホ咳込んでいるのでバニーちゃんと一緒の小屋に監禁。これで何とか病院に行かずに治ったようで一安心。

いつも外で暮らしているシャム猫サワディーも2、3日前ニャーンと鳴いて近づいて来るので見ると片方の目から涙が。近寄っても逃げないので捕まえてバニーちゃん、ルンルンと一緒の小屋へ。1人で悠々自適だったバニーちゃんはルンルンは許容出来てもサワディーとは仲が悪いみたいでウーウーうなり通しです。でも仕方ない。猫たちのために買った寝袋やムートンの敷物で3匹の寝床を用意し、毎日カイロを入れてやっています。それぞれ気に入った寝床を確保し暖かく寝ています。

その点チュルオやニコちゃん、それと2才の3匹兄妹は犬みたいに雪と戯れています。少し年上のララちゃんも頑張って混じっています。兄妹猫たちはブルドーザーのように雪の中に手を突っ込んで潜ったり穴を掘ったり。夕方もう凍える寒さになっても小屋に入らず外で遊んでいる。すごい。

新雪を踏むチュルオ。これ程の積雪は2度目の経験。

外にある水道、と言うか猫小屋のある場所には外にしかないのですが、夜間元栓を閉めてありますが、昼間開けても蛇口が凍り付いていて開けません。猫たちの水も替えてやれない。お皿や手は雪で洗っています。この状態が丸2日。明日は水が出るか?

今日は入り口の坂道の雪を箒で掃きました。重労働。底の方は凍り付いていてそろそろ滑ります。

皆様も雪と低温にくれぐれもご注意下さい。

 

 

ニコちゃんの秘密

真夜中PCいじってるとディスプレイの後ろからのぞき込むニコちゃん。それまでこの場所でぐっすり寝ていました。

顔つき、随分大人びました。実はニコちゃんの鼻の頭にはきれいなハート模様があるんです。ふふふ。

これでスタンプ押せたら面白い~。

オーロラ姫の森で遊ぶ小さな恋人たち。夢のような光景です。

 

タイサンボク届きました♪

昨日、何と大安の日に。

ネットショップで探してもリトルジェムという矮性のものやヒメタイサンボクという落葉するものしかなかったのですが、アスナロを頂いた和歌山の植木組合さんに問い合わせたところ、組合員さんが育てておられた正統(?)なタイサンボクをわざわざ掘り出して下さいました。長年の夢が叶い、本当にうれしいです。

早速トムがご挨拶。

シェフは最初「タイサンボク?そんなんいらんやろ」という意見でしたが、ネットの写真を見せると「そう言えばこの木、昔大阪の家に植わってた」と、懐かしい記憶が蘇り、とたんにVIP待遇。一緒に植える場所を考えて、これまで駐車場として確保しておきたいと思っていた場所を少し犠牲にして、どの部屋からも見える敷地内の奥座敷的な場所に植えることに。無事根付いてすくすく伸びて欲しいです。成長、早いのかなあ。

今は私と同じくらいの背丈、20mになった姿を見るまでは死なん!

あ、もう一つうれしいニュース、半月ほども家出していたバニーちゃんが一昨日昼頃無事帰って来ました。うちの前の車道でお隣のキウィ農家の方にキウィの摘花のことをお聞きしていた時、のっそりと軽トラの後ろから姿を現しました。

少し痩せていましたが毛並みも綺麗で健康上問題なし。早速個室に監禁、ご馳走責めに。それからずっと監禁しっぱなしです。当分養生して反省してもらいます。しかし何故頻繁に家出を繰り返すのか...何か問題があるのなら解決してやらねば。

 

フーちゃんのいい写真

猫の写真、ヘタなのですが、ごくたまにいい表情が撮れることもあります。

フーテンのフーちゃん(ちなみに女の子、なのにいつも半家出状態なのです)、この頃猫小屋の一室を一人で使ってもいいよ(要するに夜間閉じ込めておくこと)としていると、夕方になったら帰って来ることが多くなりました。小さい電気カーペットも入れてやってお姫様待遇です。個室待遇が気に入ったのか、寒くなったからなのか。

家出するのはみんなとの折り合いが悪いから。友達は1人もいないようです。でもこの頃は昼間外へ出してやっている時、かなり長い間みんなと一緒に毛繕いしたり地面でゴロゴロしたりするようになりました。前は一直線にどこかへ消えていたのですが。

家出と言えば前に一週間帰らなくて大騒ぎしたバニーちゃんがまた二週間ほども帰って来ていません。心配です。毎日何度も大声で呼んでいるので声は聞こえていると思うのですが。ご飯は夜帰って来てもいいように外に置いてあるし、昼間帰って来て中で食べているのかも。今度帰って来たら当分監禁しておかねば。

トッピーはみんなをまだ閉め込んでいる午前中、それと夕方みんなを部屋に入れた後に自由行動をさせてやっています。

ちょっと痩せたみたい。まあこのくらいで標準なので心配ないと思います。

 

アスナロの苗木を買いました。何でもヒノキチオールはヒノキには少なく、アスナロにいっぱいあるそうで、一本あれば役に立つだろうと。

葉っぱを比べてみました。左がアスナロ、右がヒノキ。似てないですよね。匂いはほぼ一緒。

それからタイサンボクの苗木も買うつもりです。とおーい昔、バンコクの閑静な住宅街で音もなく(当たり前だけど)咲いている涼しげな大きな白い花に感動。あれは何の花だろうとずっと気になっていたのです。その後、あれがタイサンボクか、と知り、最近、前に住んでいた街の外れの街路樹でまた会って、ああ、あの木絶対欲しい!と心に決めたのです。

何だか最近植物にすごく憑かれてます。日本の植物学の父、牧野富太郎博士の生まれた町、高知県高岡郡佐川町で物心つきかけた数年を過ごしたことがあるのですが、視線の低い子供時代、毎日美しい植物と目を合わせる事が出来る地に暮らせたことは何と幸せなことだったんだろうと思います。今、毎日昔なじみの木々や草花たちに囲まれて暮らす日々に戻り、しみじみ幸せを嚙みしめています。猫と植物を気が済むまで描いて暮らしたい。

 

 

 

 

知らなかった~

確かそこにはヒイラギがあったと思う場所に見慣れぬ白い花が。

葉っぱが典型的なヒイラギとはちょっと違う?トゲトゲのないフツーの葉っぱがある。

調べて見たらヒイラギの葉は樹齢を重ねると丸みを帯びてくるそうです。へー。

それにヒイラギの花が今頃咲くとは知りませんでした。というかヒイラギにこんな綺麗な花が咲くことさえ知りませんでした。その上とてもいい匂いがするのです。何でもキンモクセイと同じモクセイ科だとか。

チュルオとニコちゃんが小春日和の戯れ。

いつも外にしつらえた暖かい寝場所で寝てるチュルオ。今朝は寒いのに布団のない箱の中で寝てました。

山の晩秋

暫く来客で忙しく、簡単な仕事も片付けられなかったのですが、昨夜やっと腰を据えてPCにタブレットを繋いで作業をしました。で、晴れてブログも更新出来ます。

何か週末には猛烈寒波が来るそうですね。嘘かホントか、寝てたので分かりませんでしたが、2日ほど前、ネットの天気予報で見たら、深夜に何と4℃になっていたことが!!この頃夜だけ18℃~20℃に設定してエアコン入れています。丸まって寝ている高齢のクリちゃんのために。

秋の山と猫たちの様子です。

サクラの落ち葉とトム。

猫ハウスのデッキでおすましのララちゃん。猫の世話の合間にここに座っていると周りにズラッとみんなが並びます。

秋林二虎図。チビトラとコケミちゃん。

お天気の日にお散歩でご機嫌のリカちゃん。

 

猫たちには後ろめたいけど、キャットフードを安いものに変えて捻出した資金で人間のためのサプリを奮発しました。それは...

高麗人参茶、しじみエキス、イチョウ葉エキス。

高麗人参は顆粒、しじみとイチョウ葉はカプセルじゃなく錠剤タイプです。どれもドラッグストアで安い部類のものを選びました。カプセルはゼラチンが何に由来しているか不明で気持ち悪いから出来るだけ避けています。高いセサミンはすりゴマで代用。

そしたら流石ですねえ。その日の夜から何だか元気になった実感。2日目の今日は更に体が軽くなった感じで、足腰がとても軽く滑らかに動き、長らくご無沙汰していた家事のやる気も湧いて来るようになりました。人参、しじみ、イチョウのどれが良かったのか分かりませんが、少なくとも高麗人参は文句なしに効果覿面なんでしょうね。イチョウ葉は少し前にそれが配合されているというガムを買ったんですが、そしたら少し頭脳明晰になった?かもで、シェフも目を見張るダジャレや突っ込みを連発、ということがあったので、お試しで。というか、実はやはりこの頃捜し物が多くなったので心配なのです。アルコールは一滴も飲まないのにしじみ?実は貝類全般は口にしない人なので、生まれてこの方きっと欠乏しっぱなしなんだろうと思い、一度補ってみたらどうじゃろ、と思ったのです。

学生時代は食事だけで元気溌剌だったけど、やはりこの頃は何かが欠乏しているんだな、と思います。欲しい栄養素を食事で網羅しようとすれば体に悪いし。高価なサプリを買うのはキツイけど、いよいよ老化が進んでからジタバタして後悔するのはイヤだし。

せめて割引きがあって買い忘れのないアマゾン定期便で注文。かくして結局大金持ちに吸い上げられる庶民の金。

 

 

 

 

チュルオのまさか

蝶よ花よと育てて来たチュルオ。

呼ぶと可愛い声で返事するし、何か要求がある時にも鳴いて知らせる、お兄ちゃんたちとも仲良くしてもらえて、どこへ行っても人気者。

夏頃から出没していたノラ猫マッチャンがFeLVだったと判明。何度か追いかけられてギャーッと鳴いていたチュルオ、一度足をかなり深く咬まれて長いこと治らない傷を負わされたことがあるので、念のため検査に連れて行ったのです。

もともと2ヶ月位の頃、一度ウイルス検査を受けて何もなかったので、FeLVだけの検査でいいと思ったのですが、検査キットが両方検査するので、ということでFIVも検査したのです。そしたら...何とFIV陽性。

うちのFIV猫でチュルオとケンカして咬んだ子はいない。ケンカ王トッピーもチュルオが寄って来るとうるさいので逃げて行くし、チカ坊はお人好し、ラグドール嬢も大人しい。咬まれたのはFeLVだけのマッチャン。なので感染の機会はないはず。では母子感染?では何故前回の検査で陰性だったのか。

先生にお聞きすると検査キットはFIVについては抗原、FeLVについては抗体を調べている、前回の時にはその数がまだ少なく感知されなかったということではないか、とのこと。

つまりあまり小さい仔猫の時に検査しても100%安心できないということ?

悲しい事実を公開したくなかったのですが、皆様にもご注意頂く方がいいかと思いました。

 

検査に行く時、いつも車に喜んで乗っているチュルオがいつになく鳴き続けました。検査後、心なしかとてもしょげていました。チュルオは誰とも仲良く出来ているので、隔離しないことにしました。これまで通り人間と同じ部屋でお姉ちゃんたちと暮らします。

チュルオがうちに来たのが私の記憶によれば去年の10月25日、今年のその日去勢手術をしました。これでチュルオも晴れて大人の仲間入り。

トッピーもFIVと診断されてからもう何年も変わりなく元気で、今や最年長の確か12歳。チュルオもみんなの人気者のまま長生きして欲しい。

 

猫小屋の裏手のヒノキの切り株を覆うツタ。ブログヘッダーと同じ株ではないのですが、ヘッダー写真を撮った時にはどれも大体同じような感じで切り株の上を覆っているだけだったと記憶していますが、今では株全体が覆われています。何かこんなキャラがあったような。

穏やかに秋進む

昨日9日、熱中症が心配なほどの陽気の中、地域の野草の勉強会に参加して、色々勉強できました。先日アケビと一緒にUPした小さな密集した赤い実はガマズミで、甘くて食べられるとか。

うちのまた別の場所にもアケビが。足下が坂になっていて取りに行けない;-;

綺麗なヒノキの葉、これを小さくちぎって猫のトイレのペレットに混ぜるとオシッコの匂いが消えることを発見。

ペレットはストーブ用のものを地元の専門店で購入しています。猫のトイレ用より断然安くて助かります。砂状になると捨てていましたが、それでも猫たちはどちらかと言うと新品よりお気に入りで、ウン●はきな粉まぶしのようになって清潔に取り扱えます♪なので捨てずに日に干して使うことにしました。

ハリガネムシの親子、あれからまたバケツを除いて見ると、あれ、親しかいない。子供を食べてしまったのか?と思ったら、よく見ると子供は最初に発見した時のようにまん丸の毛糸玉のように丸まっていました。死んだのか?親の方はカマキリから出た後はもうエサは食べないそうですが、子供は何か食べないことには死んでしまうだろう。後でまた見た時には子供の方も長く伸びて動いていました。で、野草の勉強会の帰り道、橋の上から川に放流してやりました。

 

中秋の名月の夜に

引越後の初めての捨て猫がやって来ました。

その前の9/25にバニーちゃんが、9/30日からトムが夕方帰って来ず、毎日毎日大声で呼んで、近所を探し回るという大騒ぎが続いて、一度に2匹も帰って来ないとは、てっきり猫捕り?と心は千々に乱れるばかり。

でも10/2、朝から雨で夕方になるまで2匹のいなくなった猫小屋に世話に行く気力が出ず、暗くなってからやっと行ってみると、雨の中、に゛ゃーというバニーちゃんのだみ声が。ああ、無事だった~。一週間も帰らなかったなんて初めて。一体どこにいたんだか。別に痩せてもなく、もしかしたら昼間知らない内にご飯を食べに帰って来ていたのかも?

そして昨日5日の朝8時過ぎ、お隣の方が来られて寝ぼけ頭で出て見ると、何と足下にトムが。うちの前のキウイとみかん畑をしておられるその方も猫好きで、トムやカラがいつもよく畑で足下をウロチョロしていたのですが、昨日は帰ろうとして軽トラに乗ったのにトムが車の前から離れず、轢きそうになるのでうちまで連れて来て下さったのです。

トムの帰って来る前の日、4日の中秋の名月の日の夜、うちの近くを軽トラで通っていたら路肩に蹲るチビ猫発見。

車を停めて呼ぶと逃げて行ったので、チュルオを呼んで手伝ってもらおうかと思いましたが、この上チュルオまで行方不明にでもなっては大変なので、缶詰を持って行って1人で捕獲。

チュルオに似た女の子、引越直前に行方不明になってしまったカラの妹ニコちゃんにも似ているのでニコちゃんと名付けました。べっぴんさん。

早速一張羅のダウンコートに2回うん●されましたTT

 

△カレンダー、校正刷りが届いたら色調に少し問題があったので印刷会社さんに相談、ファイル自体もやや調整し、コンビニプリントしたこちらの希望の色見本を送ったりしたので、刷り上がりが20日頃にずれ込みました。

 

猫小屋裏で発見したアケビと?何やら赤い実。

 

あ、それからカマキリのお腹に寄生しているハリガネムシというものを生まれて初めて見ました。

猫に配る水をバケツに入れておいた中にカマキリが落ちて死んでいて、それと一緒に草の茎のような細長い物体が。よく見るとゆーっくりと形を変えて泳いでいるから生物であると分かりました。カマキリに寄生虫がいるということを聞いたことあるような。

 

帰って来たばかりでカラたちに追いかけられ高い木に登ったけど崖の法面に生えている木、下りられなくなって困っているバニーちゃん。下に着地点を示すものを敷いておいてやると程なく自力で下りて来ました。

まるでアンリ・ルソーの「蛇使いの女」