「mojuniの猫記」カテゴリーアーカイブ

夜金木犀

夜桜ならぬ夜金木犀。本当はもっともっと綺麗なのですがうまく写りません。今満開、昼間部屋の中にまで香りが届きます。引っ越して来て以来、今年が一番ゴージャスに咲きました。これは元からあった木、愛媛から持って来た3本も葉が茂り沢山の花を付けるようになりました。ここはキンモクセイに適した気候のようで、みんな大木になりそうです。余りにも短い花期が残念。せめてサクラ位長持ちして欲しい。

キンモクセイの香りが初めて漂って来た27日の早朝、腎不全のクリちゃんが亡くなりました。暫く前から片方の鼻の穴から白い鼻が出ていたけど、風邪ではなさそうだし栄養しっかり摂れたら出なくなったりしてたので様子見していたのですが、25日血が混じるようになり、涙にも血が。直ぐ病院へ。処方された抗生物質を夜と朝2回飲んだまでは良かったのですが、26日昼間秋晴れの庭に出してやった時歩き方がヨロヨロ。夜には息がやや苦しそうに。やっと飲ませたリキッド食を吐いていました。その夜はクリちゃんの部屋で添い寝。朝5時頃目が覚めてクリちゃんを見ると長くなって横たわっていて、ドキッとしてお腹へ手を当てると、まるで普通に頭を上げてこちらを見たのでほっとしました。でもそれから1時間40分後、7時の時報の「牧場の朝」が流れる少し前、息を引き取りました。最後まで食事もきっちり飲んでロシアンブルーのクリちゃんらしい凛とした最期でした。ミッチーのように一年程の延命が可能かと思いましたが、年齢がかなり高かったのでしょう。前のブログを調べて見たら、クリちゃんがうちに捨てられたのは7年前、2012/11/9のことでした。その時既に10歳は過ぎていたようです。

クリちゃんにキンモクセイの枝を供え、Amazing Grace と「遥かな友に」を捧げました。

ニュースな出来事

心配していたオタマジャクシに突然足が!

一昨日の夜、その日は超激務の日でクタクタだったのですが、夜の11時近くになって猫の世話をやっとの思いで全て完了して引き上げる前にツクバイをライトで照らして覗いて見たのです。そしたら何と!一匹の方の尻尾の付け根に何だかヒョロヒョロッとしたものが。ひえー、遂にアンヨが!万一アッと言う間にカエルになったら溺れてしまうので、急遽砂利を入れてスロープ状の岸辺を作り外へ出られるようにしてやるという土木工事?をやる羽目に。

昨日じっくり見たら2匹とも貧弱な後ろ足が生えていました。茶碗で掬って記念撮影。カエルの七五三写真。

3ヶ月も変化なかったのに、猫缶で栄養がついたからしょうか。もっと早く考慮してやれば良かった。直ぐ寒くなるのに、ちゃんと冬眠とか出来るのでしょうか。オタマジャクシに足が生えてるのをまじまじ見たのはそう言えば生まれて初めてですが、それにしても筋力のなさそうな足。まだ尻尾の力で泳いでいるからか。しっかり筋トレしなさいね。

もう一つのスクープは

大木のキンモクセイに蕾が!例年9月半ばにチョコっと咲いて10月にまた本格的に咲くのですが今年はこれが真っ盛りになるのかも。

この木の下に彼岸花が咲くはずなのに、葉っぱは出ていたけど花芽は出ていません。遅れたとしても彼岸の内には蕾が現れるのに影も形もない。夏の異常な長雨のせいか。車で走っても今年の彼岸花はかなり数も少なく背も低く注意して探さないと目に入りません。こんな年も初めて。

4、5日前、最低気温が四捨五入で20度になったのでリカちゃんとクリちゃんの部屋にホットカーペットを入れてやりました。オシッコ漏らしのリカちゃんには布団が使えないので必需品です。クリちゃんはまだダウンコートの方に寝ていますが、部屋全体の保温のため。また電気代に青ざめる季節になりました。

寒い!

突然寒さがやって来て、19日夜慌てて皆さんの部屋に寝袋やダウンコートを配りました。するとみんな直ぐに潜り込んで寝るのです。ここ何年もまだまだ真夏の暑さのままで日中何度もホースで猫小屋の屋根に水をかけていた彼岸前。麓の方では2、3日前から彼岸花が咲いているそうですが、うちの敷地内のはまだまだ影も形もありません。

人間も寝る時には長袖のTシャツを2枚重ねて着ています。あ、19日は一日中エアコン入れませんでした。

気持ちのいい午後、リカちゃんを外に出してやっています。嬉しそうなリカちゃん。お尻の周りの毛はオシッコ焼けで変色。オシッコ漏れはやや改善が見られますがまだまだ人間用の平オムツが必要、増税前のまとめ買いをしました。

6/22から見守って来たオタマジャクシ、今生き残っているのはたった2匹になりました。先日突然水道工事の人が来てユンボ使って貯水タンクの仮設置をしたのですが、その時「そこのツクバイにはオタマジャクシがいますから」と言ったにもかかわらず、私が15分程目を離した間にそれを移動させて、その時中の水をザバッとこぼしちゃって、気が付いた時には2匹とも姿が見えなくなっている!

「言うても分からんやっちゃな」と思いましたが、さっさと避難させておかなかった私がバカ。水をぶちまけられたのは砂利や泥の中、さらにタンク設置のためそこら辺を歩き回ってるだろうし、オタマジャクシの命は絶望的、、、と諦めかけたのですが、砂利の上にツクバイの底に沈んでいた朽葉を発見、急いでその界隈の砂利をそっと掘り返しつつ目を凝らし探す事数分、何やらヌルッピカッとした物体を発見、注意深く掘り出すとまだ尻尾をうち振っているオタマジャクシ。急いでツクバイの中に戻すと蘇生しました。あともう一匹は、、、、諦めるか、、、、と思いつつ、一匹が生きていたのだからもう一匹も、と更に目を凝らして探し見事発見。やや弱って動きが悪く、ともすれば横になるのですが、だんだん元気を取り戻して来ました。水道水を6時間程放置して塩素抜きした水をたっぷり足してやり、夜遅く見てみるとすっかり元気になっていました。

それにしてもいつになったらカエル(ヒキガエル?)になるのか?少しずつ大きくなって来てはいるものの、まだ足は生えて来ません。それにエサはどうしているのか?

試しにモンプチのカケラを落として、何時間か後に見てみると、、、

おお!しっかりかぶりついていました!早くカエルにならないと冬が来たら水が凍るよ。

カレンダー始動、か?

昨日は早朝から色々しんどい仕事が続いた日だったにもかかわらず不思議に夜になっても頭が冴えて眠くならず、これ幸いに何ヶ月ぶりかで制作用のiPad Proを引っ張り出して懸案のイラストを一件完成させる事が出来ました。ダメ出しがあるかも知れませんが、私的には一応完成。

その後で以前ダウンロード購入したまま放っておいたphotoshopの練習も。落描きしたものを何ちゃって加工して作品らしい物にでっち上げ、これを何とかカレンダーの一枚に作り上げようと。

この頃夜クリちゃんの強制給餌に行った後、みんなの部屋を回って子守唄を歌って聴かせています。知ってる限りの子守唄、モーツァルトの、ブラームスの、シューベルトの、五木の、中国地方の、、、すると不思議にと言うか当たり前と言うか、それまで険悪な雰囲気だった子も急にみんな柔和な顔になって寝床に寝転んで眠るのです。こんな簡単な事、何で今までやってやらなかったのか。私にとっても精神安定にいい感じだし。ただ、もしこんな真夜中の真っ暗な山道を歩いている人がいたら絶対背筋が寒くなるだろうなーと心配です。

昨日も早朝起きた時から激しい雨の音、暫くして時々海側には青空も広がるけど反対の山頂側にはずっと黒雲が張り付いていて、時折パラパラと小雨が落ちて来る一日でした。ホントにこんな年は生まれて初めて。

夏の終わり

悲しみのスイカ。戯れに苗を買って植えていたスイカに全部で7つの実がなりました。これは最後の子、野球のボールより少し大きい位。最初の3コはカラスに突かれ、その後ザルを被せて無事に収穫出来た2コは、バケツに入れて家の前にちょっと置いて、その後ふらついてバケツにつまづき、坂道をおむすびコロリンになってしまい、、、、どこまで転がって行ったやら?崖下に落ちてしまったに違いないと諦めていたら、思いがけず200m程も道を転がって粉砕状態で道路脇に散らばっていました。残骸を拾って帰って洗って食べたスイカ命の私。手で叩くといい音がしていたけど実は全然赤くなく甘みもありませんでした。長く続いた梅雨のせいか。このスイカの悲劇が起こったのは7/29の夜のこと。その後の一ヶ月も何だかずっと雨ばかりであっという間に8月も終わってしまいました。早くも夜には肌寒ささえ感じるようになったのに、一時弱っていたスイカの株の一部がやけに元気になり花もついています。まだ生るかも?

部屋替えをしたリカちゃんはその後もずっとご機嫌で体調もよくなりました。オシッコ漏れは大して変化ありませんが体に筋肉がついて来た感じ。

腎臓のクリちゃんは病院で検査した結果、分かっていたけどやはり悪化していました。体重は2kgにまで減って、見るからに骨と皮がくっついている状態でした。少し前までは腎臓用のカリカリを自力で食べていたのにそれも難しくなって、リキッドを強制給餌していましたが、数値を見てからは性根を入れて必要量を無理にでも与えていると、骨皮の間に少しふっくらした部分が出来て来ました。リキッドには活性炭のジンカバーにプラスしてカツオ節でとった出汁を1、2cc加えて旨味を足してやっとこさお召し上がり頂いています。一度にたくさん飲ませて吐いてはいけないので、一日3回程に分けて飲ませています。10ccも飲んだら一服して背中のマッサージなどを。クリちゃんにかかる時間は3時間近く。その甲斐あって何とまたカリカリを自力で食べる気力が戻りました。ミッチーの時もレベル4と言われた腎不全が一時レベル2まで改善したことがありました。クリちゃんも1年位の延命が可能かも。

晩夏

長らく更新出来ませんでした。猫絡み、人間絡み共に色々目まぐるしい事が続いて、要するにいつもと同じく、いえ、いつもにも増して毎日クタクタでした。

気がつけば早くも秋雨前線などという言葉が聞こえて来るようにになりました。今年の夏は7月は長引く梅雨で毎日雨続き、8月は台風による大雨、不安定な大気のせいでの夕立でやはり晴天の日が少なく、結果暑さも耐えられないという感じではなかった気が。猫小屋の屋根に登っての遮光ネット掛け、いつやろうかと思っている間にもう夏が終わってしまいそう。コオニユリは8月に入ると白百合に交代しました。白百合、昼間は匂わないのですが夜から早朝にかすかな百合の香りがします。

一番大変だったのは台風10号の時の避難。去年は山の方の家に避難したのですが、その時窓から見た何本もの杉の木がまるで竹のようにしなって揺れる光景が怖いとシェフが軟弱なことを言って絶対山へは避難しないと言うので、渋々市内のホテルに2泊する羽目に。折しも阿波踊り真っ最中で、13、14、15と3泊したかったのですが、13日の時点で満室。ところが台風が徳島へまっしぐらの様相となって阿波踊りが14、15日と中止になり、急遽ホテルはガラガラ?14、15日連泊する事が出来ました。万一土砂災害が起こった場合一番危険な部屋にいるリカちゃんを山の猫小屋に移動させたのですが、そのため14日ホテルへ行く前に今にも雨が降り出しそうな空を見上げながら三軒長屋の猫小屋の真ん中の一室を大掃除、リカちゃんをお連れすると意外!チカ坊とリンタローの使っていたその部屋をイタクお気に入りでとっても寛いで下さったので重労働も報われ安心して避難する事が出来ました。引っ越して来て以来2年半、リカちゃんには3方と天井全てアクリルで外の木々や空との一体感満点のサンルームを提供して来たのですが、それより外が見えるのは正面の掃き出し窓一ヶ所のみ、それ以外の5方は杉材の壁という暗いこの部屋が安心出来て居心地満点のお部屋だったようです。思い至らなかった私、まだまだ猫の気持ちを理解出来ていません。

そのリカちゃん、実は去年からやけにトイレに駆け込む回数が多いと思っていたのですが、今年になってから始終お漏らしをするようになって、歩きながらとか寝ている間とかポタポタ、ぐっしょり、、、診て頂いてもこれと言った病変は見つからず。ペットシーツでは朝にはお尻や足の毛がビショビショになるので人間用の平オムツで対応しています。元気は元気で食欲も満点、悪い病気ではなさそうなのですが。

さてもう一匹、腎不全のクリちゃん、2日毎の補液を開始してからもうどの位になったか?1年?腎臓食のカリカリが食べにくくなったようで3日程前からリキッドに替え、一日2回抱いて飲ませてやらなければならなくなりました。1日100cc程飲ませているのですが、少しずつ体重も回復して来ています。今日病院で頂いたサンプルのジンカバーと言うホタテとチーズ味の活性炭サプリを混ぜて与えると嬉しいことにちょっと美味しそうに飲んでくれたので定期購入を申し込みました。可能な限り長生きして欲しいです。

私のパワースポット↓。昔々9歳から12歳まで徳島市に住んでいた時、この石段の右側に家があって毎日この場所で犬たちを連れて(当時は大の犬派)遊び回っていました。石段はずっと上まで続いていて、権現様の神主さん?の住まいもあったのですが、いつのことか土砂崩れがあったようで階段は土砂と木々で塞がってしまっていました。昔は右側の沢には水が流れていて糸トンボが飛びキイチゴの木がありました。水は枯れてしまったようですが、糸トンボとキイチゴは健在でした。いつか連れを募って上まで道無き道を登ってみたいです。ずっとずっと山道をかき分けて入って行くとキツネか何かの妖怪が住んでいそうな立派な屋敷跡がありました。2回その場所へ辿りついた記憶がありますが今も朽ちずにあるのか?怖いゾー。

ではまた。

センダンの花

今を盛りのたわわな花房の下に車を停めて、強風に揺れる葉っぱを掴んで撮影しました。何故かこの辺りのセンダンは香りが弱い。昔大阪のマンションの近所の空き地に生えていたセンダンの木は遠くからでも思わず誘われて近寄らずにはいられないほど強く香っていたのに。

猫小屋の廊下に呉越同舟的な整列。

ガラス戸にへばりついて中へ入りたいけど入れない(天敵タンタンの近くに寄りたくない)のはララちゃん。抜き足差し足で通り過ぎようとしている三毛猫はコケミちゃん。寝そべっている三匹のオス猫は左からリンタロー、タンタン、チカ坊。リンタローとタンタンが一番折合いが悪いのですが、珍しくこんなに近くで平和に寝そべってるのが不思議。左上にぶら下っている黒いボロ布のような物は去年から屋根に引っかかったままにしている遮光ネットの端っこです。またそろそろ設置しなければ。

多忙な連休入りでした

連休直前の一週間は何と内3日が完徹(死語?)

大阪、東京へ2度に分けて出かけたのですが、例によって出発前夜は一晩中準備で徹夜、更に東京のホテルでもまた徹夜、理由はただただ自分の能力の問題です。

学生時代の旧友とのン十年ぶりの再会だった大阪はお天気がちょっと微妙だったけど傘をさすこともなく、気温も初夏の陽気、一等地の高級ホテルに安く泊まって豪華な喫茶コーナーを長時間談話室に使った賢い滞在、あっという間に夢のような時間が過ぎて行きました。

中1日空けてのお江戸行きは気温の急降下、家から着て行った夏服ではちょっと寒過ぎ。でもキャリーバッグにはちゃんとヒートテックを入れていたので助かった。ホテルで徹夜でやったのは新しいiPadのセットアップとデータ移行、慣れないiOSやiCloud の作業、何やかんやいっぱいあるpassword が分からなくなったりで手間取りました。何とか終わったもののそれから寝たんじゃまたまた寝過ごすに決まってるので2晩連続の徹夜。

東京からの帰路、淡路島の綺麗な海。

今日4/29はハマちゃんがうちに来た日。生きていれば16才になります。ハマちゃんにもう一度会いたい。

ハクモクレン開花

それも1日でパーッとほぼ満開です。ユキヤナギも。

20日日中はいい天気で風もなく、まっちゃんの部屋の掃除をしました。ホットカーペットや布団を日に干し、床にアルコールを吹き付けて拭き、クリちゃんに入居してもらう準備をしました。こっちの部屋は高床式で目の不自由なクリちゃんは外へ出難いので、夜だけクリちゃんを移して腎臓食の管理を徹底し、お天気の昼間は元の部屋へ連れて帰って、好きなように外へ出入り出来るようにしてやります。夜になってやっと部屋の準備が整い、クリちゃんと高齢のルンルンの2匹を移動させました。何とかすぐに慣れて、気に入ってくれたようです。

その直後から急に物凄い風が吹き荒れ始めて、去年の台風以上の恐ろしさ、金木犀の大木が折れるんじゃないかと思うくらい枝が大揺れ。天気予報では6〜7mの風とのことですが、とてもそんなどころじゃない。その最中、トムの姿が見えない。もしやとハシゴを登って屋根を見たら、、、いた。他のみんなはソメイヨシノの枝から屋根に飛び移り、またその反対のルートで降りて来るのですが、鈍臭いトムはいつも救助待ちです。トムを肩に乗せて片手でハシゴを掴み無事救助成功。

ご飯を食べてカラと一緒にシェフのベッドでコンコンと寝るトム。

こっちは奇抜な格好で寝るニコちゃんのアンヨ。私には左がチュルオ、右がニコちゃんの足に見えたのですが。

近頃のマイブーム

大量に頂いた大根と白菜を豚肉と一緒に圧力鍋に入れ和風出汁で煮込んでひたすら食べ続けています。バレンタインからこっち、色んな方からお菓子の頂き物が続き、甘いもの食べるクセがついてしまってほっぺたが膨らんでいたのが少し戻りました。って、あくまでも主観。

圧力鍋は最近使い始めたのですが、時短出来るので頻繁に使うようになりました。シェフは素材によって加熱の順番にこだわりがあるのでしょうが私の場合は煮えてりゃいいのです。煮えてりゃいいといえば、かれこれ一年程前に電熱・陶器のスロークッカーを中古で買って放置していたものを初めて大根煮込に使いましたが、こちらも私的には文句なし、今度カレーを作って見ようと思います。

年末頃からずっと心のトゲだった死ぬほど面倒くさい確定申告が無事終わり、晴れて自由の身になった感じ。次にやるべき(いやいや、とっくにやっとくべきだった)事は部屋の整理。何だか珍しく今はやる気になって来ました。2年前から至る所に放置している引越し荷物の山をいよいよ解体整理に取りかかろう!でないと今では何をするにしても野越え山超えで、何倍も疲労している有様です。運動になってると言えないこともないけど、命を無駄にすり減らすのは避けるべき。

こんな精神力が湧いたのはひょっとして最近知り合った方から教えて頂いた「核酸」の効果かも?「ソイ核酸」というクッサい(ハッキリ言って糞便臭)液体で、数滴を飲み物などに垂らして飲めばいいというもの。最初リカちゃんの白血病と口内炎、クリちゃんの腎臓にどうかなと思い、猫たちを実験台にしちゃったのですが、何とこの臭い液体のかかった猫缶やスープを普段より勢いよくお召し上がりになって、リカちゃんの背中の艶のないボヤボヤっとした毛が数日の内にかなりツヤツヤの毛並みになり、口元の汚いヨダレも出なくなりました。クリちゃんの方はまだ特段の効果は見て取れませんがお天気の日に活発に外へ出るようになっています。クリちゃんのために缶詰とドライの高価な腎臓食を買っているのですが、それをルームメイトの若いコケミちゃんやコドンちゃんまでが好んで食べるので不経済でたまりません。

で、その臭い液体を私も頑張って少し飲んでいますが、飲み始めてすぐ一ヵ月半も治らなかった股関節〜足首の痛みがかなり大幅に消えました。もっとももうよくなる時期だったのかも知れないので何とも言えません。それと引っ越し以来、坂道を登る時などにどうしても曲がってしまいがちになっていた背中と腰が以前のようにまっすぐになりました。今年に入ってからの不調で垂直跳び運動などを全然してないので、この効果は核酸のおかげなのかなと思います。とっても高価なものなので、何とかヨーグルトのように自分で増やす事が出来ないかと、思いつきで納豆に振りかけ水を加えて飲んでいます。あ、酢納豆、結局好きでないので続けられませんでした。また頑張ってトライする気はありますが。