mojuni土建

今週初めから気温が下がり、毎朝外の猫の水入れに氷が2mm~1cm張ってそれが一日中解けません。空から降る水は雪になるしかなくて、月曜の夜は結構まともな雪がふり、火曜日の朝、敷地内の斜面はうっすらと白くなりました。徳島でこんなに早く雪が降るなんて私の経験では初めて。小学生の頃、毎年決まって28日に初雪を見た記憶があります。猫たちの散歩時間も夕方5時前には終了し、みんなを小屋に閉じ込めてしまいます。というか、猫たちが先に入って私が来るのを待っている感じ。お蔭で私も夜の時間に少しゆとりが出来るようになりました。

昨日14日は午前中からやる気満々で、小型ユンボを運転して穴を掘り、タイサンボクを植えました。届いてから随分時間が経ったのは、力仕事の助っ人が来るのを待っていたからなのですが、埒があかないので私がやるっきゃない。シェフより私の方が機械物に強いので前からユンボ担当は私です。

試行錯誤でユンボのアームを振り回して、かなり大きな穴を掘り、落ち葉を集めて入れて、猫車で離れた場所から山土を運び、取り寄せたバーク堆肥というものを混ぜ、緩効性肥料を撒き、水をかけ...タイサンボクの幹を握りしめて「早く大きくなってね、来年花を咲かせてね(それは無理?;;)」とお願いしました。

ユンボの操縦、お蔭でほぼマスター出来ました。あとはアスナロ、イチョウ、クスノキ、サクラ等、どんどん植えなくては。

 

夜、ホットカーペットに張り付くニコちゃん。

 

 

年賀状(フリーダウンロード版)UPしました♪

お待たせしました。loftworkさんのフリーダウンロードアイテムに年賀状をUPしています。
例年なら何日もかかっていたのに、何と3時間ほどで描けちゃったです。単純な画像にしたからでしょうけど。いや、高麗人参の効果かも?

ダウンロードしたファイルはご家庭のプリンタで印刷して頂けます。ネットプリントなどの印刷業者発注はNGです。著作権は放棄していませんのでご注意下さい。

 

年賀状

猫雑貨倉庫クラッシュベリーさんで年賀状が販売されています。

猫友日めくりカレンダーに描かせて頂いた扉絵のアレンジです。

フリーダウンロード版はもう少しお待ち下さい。今年は間に合うようにUPしなければ、と思います。

カレンダー、主立った送付先リストの皆々様にまだお届け出来ておりません;;;;今年は余裕の早さで出来上がっているのでついついのんびりしてしまいました。年内にはお送りしますのでもう少しお待ち下さいね。

 

8日は朝から特定健診を受けました。どこか病院で受けるか、いっそ1日人間ドックに入ろうか、と考えているうち、気がついたら受診期限の年末が迫って来たので、村内の会場で受けました。

またまた身長が縮み、そのかわり体重が増加...それでもメタボの一歩手前で辛くもクリア。最近ちょっと食い過ぎたことを反省。胃ガン検診はこれまで胃カメラだったのですが、村では来年から胃カメラ導入だけど今年はバリウムで我慢して、ということで、何十年ぶり(もしかして半世紀?)かでバリウム飲みました。意外に何ともなくてほっとしました。ここでも徳島の医療・保健への取り組みに感動。県の健診担当の人たちが大勢待機していて、順番の列から検査車両まで1人ひとりを優しくガードして案内してくれました。こんな優しい対応、他所ではないんじゃないでしょうか。ま、人口が少なく殆どが高齢者だということもあるんでしょうね。

脳ドックも安く受けられるのですが、怖いのでパス。知らぬが仏で行こうと思います

冬の旅

何となくヘッダー画像を変えて見ました。

4日、またまた高速バスで大阪へ。

朝6時に家を出て7時のバスに。寒いので一番厚くて長くて重いダウンコートを着て出ましたが、大阪に着いたらお荷物になるのでは、とちょっと心配。ところが大阪もすっごい寒くて行き交う人の多くがダウンコート、しかも丈長の。一安心。

大阪駅前のイチョウが今丁度真っ黄色。これが1日でほぼ散ってしまいました。

駅の最寄りの銀行へ行ったのですが、昔の生活圏だった場所なのにiPadのナビ頼り、しかも「東へ進む」と言われても文字通り西も東も分からない。方位の分かる腕時計してるのですが、もう寿命で時間しか分からない。iPadにコンパスアプリ入れたつもりだったのに入ってないし、パスワード忘れてダウンロードも出来ず。それでも何とか閉店時間ぎりぎりに銀行に滑り込めました。

敷地内の結構背の高い木、ずっとこの木何の木と思っていたのがやっと判明。ほぼ間違いなくトネリコ。トネリコって外国語だとばかり思っていたのですが日本語ですと。それに私はずっとトリネコと思ってた。

東京から10年程前に移住して来たお隣さんが「こちらに来て以来、今年の紅葉が一番きれい。」という感想。

貴重な陽光を浴びるコトラ、チビトラ、コケミ。

 

 

師走到来

1日の昨日、天気はよかったけど寒い1日でした。

先月28日、1泊で前の町に出かけ、お世話になった方々にカレンダーを配って来ました。ま、他にも用事があったのですけど。

その前にスタッドレスタイヤに替えたかったけど、店頭に合うサイズがなくて。正規品は高すぎるし、どこで注文するか悩んでいます。でも幸い28日はとても暖かくお天気もよく、予定の行動が捗りました。次の日は予報より悪天候になり朝から雨、それでも気温が高く、帰りは夜になりましたが凍結の心配はありませんでした。

驚いたのは向こうの方が紅葉が進んでいたこと。こちらのイチョウはまだ黄緑っぽかったのに向こうは真っ黄色。サクラも綺麗に真っ赤に紅葉。瀬戸内側は北風がまともに吹くからかな。

帰宅した翌日、うちの前の車道を落ち葉が乱舞。

旅の疲れも忘れ夢中でかき集めて庭の中の風に飛ばされない場所に山と積みました。これは貴重な資源。猫たちのトイレとか犬の●●に被せる用途にとても助かります。↑これはクヌギの葉。

かなりの葉が散ったクヌギの木。

下はヤマザクラの葉とニコちゃん。もちろんこの葉も拾い集めました。サクラの葉のトイレとは何とも贅沢。

師走に入ってもまだけなげに美しく咲いている夏の最後の百合。気温が低いので長持ちしています。

エノキの落ち葉とララちゃん。うー、絵にしたい。

 

 

 

 

 

 

ニコちゃんの秘密

真夜中PCいじってるとディスプレイの後ろからのぞき込むニコちゃん。それまでこの場所でぐっすり寝ていました。

顔つき、随分大人びました。実はニコちゃんの鼻の頭にはきれいなハート模様があるんです。ふふふ。

これでスタンプ押せたら面白い~。

オーロラ姫の森で遊ぶ小さな恋人たち。夢のような光景です。

 

タイサンボク届きました♪

昨日、何と大安の日に。

ネットショップで探してもリトルジェムという矮性のものやヒメタイサンボクという落葉するものしかなかったのですが、アスナロを頂いた和歌山の植木組合さんに問い合わせたところ、組合員さんが育てておられた正統(?)なタイサンボクをわざわざ掘り出して下さいました。長年の夢が叶い、本当にうれしいです。

早速トムがご挨拶。

シェフは最初「タイサンボク?そんなんいらんやろ」という意見でしたが、ネットの写真を見せると「そう言えばこの木、昔大阪の家に植わってた」と、懐かしい記憶が蘇り、とたんにVIP待遇。一緒に植える場所を考えて、これまで駐車場として確保しておきたいと思っていた場所を少し犠牲にして、どの部屋からも見える敷地内の奥座敷的な場所に植えることに。無事根付いてすくすく伸びて欲しいです。成長、早いのかなあ。

今は私と同じくらいの背丈、20mになった姿を見るまでは死なん!

あ、もう一つうれしいニュース、半月ほども家出していたバニーちゃんが一昨日昼頃無事帰って来ました。うちの前の車道でお隣のキウィ農家の方にキウィの摘花のことをお聞きしていた時、のっそりと軽トラの後ろから姿を現しました。

少し痩せていましたが毛並みも綺麗で健康上問題なし。早速個室に監禁、ご馳走責めに。それからずっと監禁しっぱなしです。当分養生して反省してもらいます。しかし何故頻繁に家出を繰り返すのか...何か問題があるのなら解決してやらねば。

 

フーちゃんのいい写真

猫の写真、ヘタなのですが、ごくたまにいい表情が撮れることもあります。

フーテンのフーちゃん(ちなみに女の子、なのにいつも半家出状態なのです)、この頃猫小屋の一室を一人で使ってもいいよ(要するに夜間閉じ込めておくこと)としていると、夕方になったら帰って来ることが多くなりました。小さい電気カーペットも入れてやってお姫様待遇です。個室待遇が気に入ったのか、寒くなったからなのか。

家出するのはみんなとの折り合いが悪いから。友達は1人もいないようです。でもこの頃は昼間外へ出してやっている時、かなり長い間みんなと一緒に毛繕いしたり地面でゴロゴロしたりするようになりました。前は一直線にどこかへ消えていたのですが。

家出と言えば前に一週間帰らなくて大騒ぎしたバニーちゃんがまた二週間ほども帰って来ていません。心配です。毎日何度も大声で呼んでいるので声は聞こえていると思うのですが。ご飯は夜帰って来てもいいように外に置いてあるし、昼間帰って来て中で食べているのかも。今度帰って来たら当分監禁しておかねば。

トッピーはみんなをまだ閉め込んでいる午前中、それと夕方みんなを部屋に入れた後に自由行動をさせてやっています。

ちょっと痩せたみたい。まあこのくらいで標準なので心配ないと思います。

 

アスナロの苗木を買いました。何でもヒノキチオールはヒノキには少なく、アスナロにいっぱいあるそうで、一本あれば役に立つだろうと。

葉っぱを比べてみました。左がアスナロ、右がヒノキ。似てないですよね。匂いはほぼ一緒。

それからタイサンボクの苗木も買うつもりです。とおーい昔、バンコクの閑静な住宅街で音もなく(当たり前だけど)咲いている涼しげな大きな白い花に感動。あれは何の花だろうとずっと気になっていたのです。その後、あれがタイサンボクか、と知り、最近、前に住んでいた街の外れの街路樹でまた会って、ああ、あの木絶対欲しい!と心に決めたのです。

何だか最近植物にすごく憑かれてます。日本の植物学の父、牧野富太郎博士の生まれた町、高知県高岡郡佐川町で物心つきかけた数年を過ごしたことがあるのですが、視線の低い子供時代、毎日美しい植物と目を合わせる事が出来る地に暮らせたことは何と幸せなことだったんだろうと思います。今、毎日昔なじみの木々や草花たちに囲まれて暮らす日々に戻り、しみじみ幸せを嚙みしめています。猫と植物を気が済むまで描いて暮らしたい。

 

 

 

 

秋の点描

昨日は朝方結構な雨量、その後曇りのち晴れ、との予報だったのに夕方また雨になりました。

朝、雨が上がった後、ガスが立ちこめていました。マイナスイオン?

周りの景色をまたUPします。何だかイラスト描かずに写真ばかり撮ってる今日この頃。いつかイラストかアクリル画にしたいと思って撮っているのですが。

はっとする程美しい秋の野原。荒涼となどしていません。

ガスが立ち上って来る斜面。

ご存じ、オーロラ姫の森。うちの裏手です。赤い実はクサギの実。

知らなかった~

確かそこにはヒイラギがあったと思う場所に見慣れぬ白い花が。

葉っぱが典型的なヒイラギとはちょっと違う?トゲトゲのないフツーの葉っぱがある。

調べて見たらヒイラギの葉は樹齢を重ねると丸みを帯びてくるそうです。へー。

それにヒイラギの花が今頃咲くとは知りませんでした。というかヒイラギにこんな綺麗な花が咲くことさえ知りませんでした。その上とてもいい匂いがするのです。何でもキンモクセイと同じモクセイ科だとか。

チュルオとニコちゃんが小春日和の戯れ。

いつも外にしつらえた暖かい寝場所で寝てるチュルオ。今朝は寒いのに布団のない箱の中で寝てました。