猛烈台風

前の2回の台風で散々脅かされたのにあっけなく済み、今回21号もまた狼少年じゃないかと思いつつも一応また物が飛ばないように点検し、猫小屋屋根の遮光ネットが瓦をはぎ取らないように泣く泣く固定を外し、土砂崩れに備えて高台の方の建物へ人間も猫も移動、犬の首輪も一目盛り緩めていざとなったらすり抜けられるように準備したのが3日の午後。次の日シェフの歯医者の予約があったのを電話して変更。

3日の夜から大雨のマークになっていたけど大して降らず、やっぱり狼少年だったかと思ったりもしましたが、4日の早朝小雨の内にとコンビニへおにぎりなどの買い出しに。いつもいつも自分でご飯炊いて用意する気力も能力もない私です。コンビニに着いた時は車一台しか停まってなくて、こんな泥縄人間は私位なものかと思ったら、店を出る時には5、6台が停まっていました。お弁当やおにぎりは豊富にありました。

さてそれから、だんだんと雨風共に激しさが増し、11時~13時にかけてがピークとなり、11:15にはまたしても停電、14時近くまで続きました。窓から見える猫の大部屋の屋根に吹きつける雨が強風にあおられて横なぐりの吹雪のような水しぶきが飛んで、まるでテレビで見る豪雨実験さながら、道路側に生えている何本もの細めのスギの木がまるで竹のようにブンブンしなり右へ左へと大揺れして、これは絶対何本か折れて道路を塞ぐ事になるに違いないと思いました。風向きは始め東風、次に西風、北風と変化したのであらゆる方向からダメージを受けた訳です。安普請の家の屋根もめくれるのではないか?何やらドーン、ガシャンと物が倒れた音もしてヒヤリ。(これは立てかけてあったアルミのハシゴでした)暴風雨まっただ中、見るとさっきまで起きていたシェフが寝ている、余裕だなと思ったら後で目が覚めて「怖かったな」。恐怖の余り死んだふりしていたようです。

それでも2時過ぎると急激に穏やかになり、夕方には日差しも見えて猫たちの部屋の戸を開けてやりました。杉の木は結局一本も折れておらず、小枝が散乱していた程度、意外にもしなやかさを持っているんだと感心。サクラの苗木も無事。だだ大事にしている2本のナンキンハゼのうち元気な一本が根元から真横に寝てしまっていて、ポッキリ折れたかと思いましたが根元から倒れただけのようで、起こしてやって根元を踏み固めておきました。自分の葉っぱより面積も重さも勝るツタに絡まれて、それが受ける風圧のせいだと思われます。

それより大阪の被害の甚大さに唖然。やっぱりここは山に囲まれているので有り難いです。

何やかんやで疲れと低気圧からやる気も回復せず、避難していた建物からまた荷物を持って帰るのがやっと、グダグダ寝ていたら6日の朝目が覚めて北海道の大地震のニュース。自分が被災していなくても、またまた気持ちがとても沈みます。

購読しているJESEAの地震予測メルマガで北海道も危険だと言っているのは知っていたけど的中(やや場所はずれていたけど)。そのメルマガによれば南海東南海の中でも特に徳島で地表が大きく変動、ひずみが溜まっていると言われているのです::

どこで起こっても不思議はない大地震。せめて水と食料の備蓄はしておかねばと思います。キャットフードも。停電になるので冷凍食品は頼りにならないことが分かりました。乾物と缶詰買っとこう。

 

「猛烈台風」への2件のフィードバック

  1. 大した被害に遭わなくて 良かったです(ホッ)
    大阪の復旧もままならないのに 北海道@@
    次から次へと・・・><

  2. ronmamaさん
    台風も地震もこれまでで最大規模のものがやって来てしまいましたね。
    今度こそ真剣に準備しておかないと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください