晩夏

長らく更新出来ませんでした。猫絡み、人間絡み共に色々目まぐるしい事が続いて、要するにいつもと同じく、いえ、いつもにも増して毎日クタクタでした。

気がつけば早くも秋雨前線などという言葉が聞こえて来るようにになりました。今年の夏は7月は長引く梅雨で毎日雨続き、8月は台風による大雨、不安定な大気のせいでの夕立でやはり晴天の日が少なく、結果暑さも耐えられないという感じではなかった気が。猫小屋の屋根に登っての遮光ネット掛け、いつやろうかと思っている間にもう夏が終わってしまいそう。コオニユリは8月に入ると白百合に交代しました。白百合、昼間は匂わないのですが夜から早朝にかすかな百合の香りがします。

一番大変だったのは台風10号の時の避難。去年は山の方の家に避難したのですが、その時窓から見た何本もの杉の木がまるで竹のようにしなって揺れる光景が怖いとシェフが軟弱なことを言って絶対山へは避難しないと言うので、渋々市内のホテルに2泊する羽目に。折しも阿波踊り真っ最中で、13、14、15と3泊したかったのですが、13日の時点で満室。ところが台風が徳島へまっしぐらの様相となって阿波踊りが14、15日と中止になり、急遽ホテルはガラガラ?14、15日連泊する事が出来ました。万一土砂災害が起こった場合一番危険な部屋にいるリカちゃんを山の猫小屋に移動させたのですが、そのため14日ホテルへ行く前に今にも雨が降り出しそうな空を見上げながら三軒長屋の猫小屋の真ん中の一室を大掃除、リカちゃんをお連れすると意外!チカ坊とリンタローの使っていたその部屋をイタクお気に入りでとっても寛いで下さったので重労働も報われ安心して避難する事が出来ました。引っ越して来て以来2年半、リカちゃんには3方と天井全てアクリルで外の木々や空との一体感満点のサンルームを提供して来たのですが、それより外が見えるのは正面の掃き出し窓一ヶ所のみ、それ以外の5方は杉材の壁という暗いこの部屋が安心出来て居心地満点のお部屋だったようです。思い至らなかった私、まだまだ猫の気持ちを理解出来ていません。

そのリカちゃん、実は去年からやけにトイレに駆け込む回数が多いと思っていたのですが、今年になってから始終お漏らしをするようになって、歩きながらとか寝ている間とかポタポタ、ぐっしょり、、、診て頂いてもこれと言った病変は見つからず。ペットシーツでは朝にはお尻や足の毛がビショビショになるので人間用の平オムツで対応しています。元気は元気で食欲も満点、悪い病気ではなさそうなのですが。

さてもう一匹、腎不全のクリちゃん、2日毎の補液を開始してからもうどの位になったか?1年?腎臓食のカリカリが食べにくくなったようで3日程前からリキッドに替え、一日2回抱いて飲ませてやらなければならなくなりました。1日100cc程飲ませているのですが、少しずつ体重も回復して来ています。今日病院で頂いたサンプルのジンカバーと言うホタテとチーズ味の活性炭サプリを混ぜて与えると嬉しいことにちょっと美味しそうに飲んでくれたので定期購入を申し込みました。可能な限り長生きして欲しいです。

私のパワースポット↓。昔々9歳から12歳まで徳島市に住んでいた時、この石段の右側に家があって毎日この場所で犬たちを連れて(当時は大の犬派)遊び回っていました。石段はずっと上まで続いていて、権現様の神主さん?の住まいもあったのですが、いつのことか土砂崩れがあったようで階段は土砂と木々で塞がってしまっていました。昔は右側の沢には水が流れていて糸トンボが飛びキイチゴの木がありました。水は枯れてしまったようですが、糸トンボとキイチゴは健在でした。いつか連れを募って上まで道無き道を登ってみたいです。ずっとずっと山道をかき分けて入って行くとキツネか何かの妖怪が住んでいそうな立派な屋敷跡がありました。2回その場所へ辿りついた記憶がありますが今も朽ちずにあるのか?怖いゾー。

ではまた。

「晩夏」への2件のフィードバック

  1. 台風被害がなかったか?? 心配してました^^;
    リカちゃん どうしちゃったんでしょうね・・・
    クリちゃん 美味しく食べてくれると嬉しいですね^-^

  2. ronmamaさん
    早速コメント下さってありがとうございますー。
    この夏は天候不順で猫も人間も体調がイマイチです。
    リカちゃん、何か心理的なものなのかも、、、ずっと隔離されてる寂しさはあると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください