早春賦

雨風の日の多い三月初旬。頻繁に届いたお天気アプリの大雨接近のお知らせは全部ハズレましたが、時折台風並みの突風が吹き、洗濯物が道路の向かい側まで飛ばされていたことも。

それでも春の歩みは着実で空も地面も春の気配に満ち満ちています。

ハクモクレンの蕾の下、弱い日差しの当たる縁側でマッタリの仲良し黒猫コンビ、チカ坊(多分左)とリンタロー。縁側の板もだんだん朽ちて来ました。手水鉢は取り壊した愛媛の伯母の家の庭にあったもの。猫達の水飲み場になっています。タンタンはきっとこの水を頼りに私たちが引っ越して来るまでの数年間暑い夏を乗り切っていたんだろうと思います。

軽トラの屋根に飛び乗ったら先客がいた、、、コトラとチュルオ、どっちが先客だったのかは不明ですが。

一枚撮ったあと、ちょっと険悪な雰囲気に。

「早春賦」への2件のフィードバック

  1. 早くポカポカな春が来るといいですね~^^
    猫の日向ぼっっこは いいですよね 見てるだけでほっこりします^-^

  2. ronmamaさん
    昨日今日と2日とっても暖かい晴天が続き、春の花達が一斉に開花する気になりました。
    新入りヒマラヤン君もみんなと混じって日向ぼっこできるようになりました♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください