ネムの花咲く

今日雨上がりに見上げると4m程ある大きい方のネムノキに10輪近くの花が開いていました。今日最後の14輪目の花が枯れたタイサンボクとバトンタッチです。

山の方では今ドクダミの花盛り。ドクダミも大好きな花です。好きだなと思ってる植物は放って置いても必ず勢力を伸ばすから不思議。嫌いな方は嫌いだと思っているだけでは減りません。地道に刈るか抜くかしなければ。

猫絵ブログから植物観察ブログになっちゃった感がありますが、もう7月が目前。そろそろカレンダーを視野に入れて生活しなきゃです。

かれこれ1ヶ月近く前になりますが、神奈川県の老人ホームにいた伯母が亡くなり、悩んだ末急遽夜行バスで東京経由で行って参列、日帰りして来ました。(前の日の夜行バスだから日帰りじゃなかった) 出発前日の真夜中、0時直前にAmazonでN95マスクを注文、間に合わせるために翌日届くと言うプライムに加入して。夜8時過ぎの出発に本当に間に合うか疑問でしたが、夕方4時前、実質16時間程で届きました。それプラス以前購入していたビニールのフェイスガード付きの帽子をかぶって、アルコールスプレーをいつでも取り出せる様バッグに入れて、決死の出立ちで出発。

コロナのおかげで伯母とは2年近くも会えないままでした。親の世代の最後の一人。色々聴き取りして、いつか時間の余裕と馬力のある時、小説でも書きたいなと思っていましたが。

片見分けに学生時代のアルバムをお願いして送って貰いました。私の記憶にはない花のように美しく清楚な少女の写真。あー、やがて誰かが私の子供の頃の写真を眼を見張って見つめてくれる日が来るのか。親の世代が皆亡くなり、私が一族の最年長者になりました。が、あわよくば子の世代より長生きしようと思います!

タイサンボク次々と

5/30に2輪目。花びらは純白なのですが、光の関係かピンクがかって見えます。

 6/1に3輪目。

この子は夕方に一旦閉じた。まるでバラにような姿。

そして「近々雨、それもかなりの大雨になるそうだから、咲き急がず次に晴れるまで我慢しなさい」と何度も念を押して言い聞かせたのに、4輪目、5輪目が昨日6/3に開いちゃった。蕾には天気予報の能力はないらしい。

右上に見える3輪目もまだまだ純白で綺麗。どの花もやっぱり例年より香りが薄い。何故だろう。

緑に埋もれそうな小屋。後ろの大木はクヌギ、手前左右の2本はクスノキです。クスノキは炭疽病みたいになっていましたが、木酢液をスプレーしたら今では青々とした葉が茂りました。まだ花は咲きません。来年こそは薫風を漂わせてくれるかな。この辺りの山は同じクスノキ科のヤブニッケイの縄張りで本家のクスノキは殆ど見かけません。これらの木も愛媛から持って来たものです。