アナベルの香り

誰が植えたか、猫のいる山の方、エノキの大木の横にひっそりとアナベルが咲いています。アジサイはそれ程好きではないのですが、純白で控えめなアナベルは好き。それに何と言ってもその名前に惹かれます。中学校の英語の教科書に載ってたのか、別のところで見たのか、ポーの詩。辞書を引き引き読んだその内容と言葉の響きが心に残っています。

実はアジサイはてっきり草だとばかり思っていました。だって雑草並みに至る所にどんどん増えてあっという間に大きくなるし。何と木本だったんですね。

アナベルの木の周りに引越しの時持って来た大きな石がゴロゴロ置いてあるので、毎年弱々しく咲いています。今年もなかなか白い顔が見えなかったので遂に枯れちゃったかと心配だったのですが、ふと気付くと緑色をして現れました。そこで周りのイタドリ等の雑草を切り払ってやるとその後純白の花が次々と現れ、今全部で5つ。

今年初めてアナベルに仄かな香りがあることに気付いたのです。テレビでもどこかのアナベルがいっぱい咲いている公園で「甘い香りが漂っている」と言うレポートがありました。更にミステリアスなのは、うちのアナベル、常に香りがあるわけでなく、1、2、3、4、5とある花の内、3と4が匂っていると思えば数日で全く匂わなくなり、今度は1と2が匂う、と言う感じ。匂うと言ってもテレビで言ってたように周囲に香りが漂うなどと言うものではなく、花の中に鼻を埋めてシツコクシツコクくんくんしないと分からない、それもうっかりすると感じない程の微かな微かな香りです。芳しいと言う程のものでもなく、野菜と果物の中間のような青臭さのある、でも爽やかな、、、。今No.5の花だけが匂っています。他の4つは緑色になりつつあり、5だけが純白。香るのは純白の時だけかな。

「アナベルの香り」への2件のフィードバック

  1. アナベル?ってわからなかったんですが^^;
    可愛いですね^ー^
    沢山 はびこって欲しいです
    「いっぱい咲いてる公園」行ってみたいです

  2. ronmamaさん
    普通のアジサイより小さい花弁(本当はこれ花弁じゃないんですね)がビッシリ、頬を撫でてもらうととっても優しいタッチで癒されます。挿木して増やそうとしていますがうまくいくか?そのために鹿沼土と言うのを買いました。だんだん園芸にハマりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください