大寒のシャクナゲ

ソメイヨシノと開花が重なるホンシャクナゲが、12月中頃から3、4輪開花しています。その頃暖かい日が続いていたんでしょうが、その後やって来た大寒波の中でも鮮やかな紅色は褪せることなく、凍りついているのかと思いましたが、今見上げると瑞々しく生き生きしている花弁の様子。それらは高い枝に咲いているので触ってみることは出来ません。が、目の高さのところに上の写真の様なユニークな蕾が。気温は夜には0度近くまで下がるのに、晴れた日中の日差しの強さを物語っています。

オシッコが出なかったFIV猫クロリー2世は今ではほぼ完全に回復、後ろ足の麻痺ももう分からない程度に。今日3回目の飲み薬を処方して頂きました。消炎剤の分量がだんだん少なくなっていきます。

そして、何と、ただ今発情期。夜な夜な外へ出たがってウロチョロ。チビトラが相手をしてくれるから助かった、と思いきや、チビトラに感染の危険が。でクロリーをサンルームで隔離しておくことにしました。

ふと過去ブログを覗いていて、すっかり忘れていた出来事を発見。引越す前の2016年5月28日、FIVだったジブリの最期の記事に、私が圧迫排尿をしたとの記載。病院で教えてもらった訳でもないのに手探りでピンポン玉のような膀胱を探して排尿させた、と。そんなチャングムの様な医療を施したとは@@全く記憶にありません。

また同じ頃の6月、何だかとっても疲労が溜まってシェフが晩御飯の用意をしてくれたのに食べずに倒れる様に寝てしまった、とか、今と違って疲れ知らずだったとばかり思っていた昔も今とよく似たことがあったんだ。と言うことは、今別に老け込んだ訳じゃないんだ(^o^)、とちょっと安心。

まだまだ体と心が冬眠中で、毎日猫の世話だけで時間が過ぎて行きます。これまでこなしていた仕事量の1/3も出来てない。アルツハイマーにならない様にとせっせと秋ウコン飲んで、背中と腰が曲がらない様にツイストしたり腕を大きく振って歩いたり。この2つはとっても効果大です。秋ウコンのお蔭と思うのですが(それを飲む前にはそんなことなかったから)、相貌失認症の私が、チラッと見た印象から俳優の名前を当てられる様になって、しかも一度会った人の顔は忘れないと自他共に認めるシェフより正しい時も結構あってシェフが刮目する程。落ち込んだり、力が湧いたりの今年の冬です。凍てついても花開くシャクナゲと一緒に春を待っています。

寒いの何の

昨日(まだ寝てないので感覚的には今日ですが、23日日曜日のことです)は一日中雨が降り続く超寒い日でした。

その一日前の真夜中に急に思い立って私の寝床になってるサンルームの唯一の暖房器具、一人用コタツを撤去、前から持ってる1畳のホットカーペットを敷きました。コタツは300W、カーペットは200W。どちらも電気代が怖いので目盛は「中」で使っていますが、コタツは全然暖かくなかった>< 一晩中寒いなーと思いながら寝て、朝目が覚めた時には布団から出ている手の先がかじかんでるし、コタツの中の足も寒いと言う悲惨な有様。もっともサンルームなので全面アクリル張り、ほぼ外気温と同じという過酷な条件ですからコタツのせいだけではないかも知れませんが。ホットカーペットは国産のライフジョイと言うメーカー製。8時間で自動オフと言う余計な機能のないものを猫の為に探して見つけたものです。この上に寝袋を掛け布団にして寝てるんですが、とっても暖かい!やっと人間並の睡眠をとる事が出来ます。

そうかと思えば今度は居間(一応)で座ってる時、足が冷たい。防寒仕様のズボンを2、3枚重ね着してるのに。冷え性とは無縁だったのですが、膝から下や足先が冷たいなんて生まれて初めて。これでは寿命に影響する、と電気代を無視して前から欲しいと思ってたデロンギのオイルヒーターを買おうか、いや先ずは足元用の小さいカーペットを買おうかと、2、3時間憑かれた様にネット検索。結果我に返って、更に重ね着してホットカーペットに潜り込んで寝ることにしました。サイフと地球の為に節約節約。

本当にこの冬は人生で一番寒い冬です。私だけ?

猫の世話中の出立ち。まるで不審者。夏も冬も目を守る為にUV、ブルーライトカットのサングラスしてます。

いや、これは酷過ぎるベェ↑着膨れ感を出したかったのですが。せめてこれ位に。

寒い大寒

昨日は大寒の入り。一月も10日前後になると天気の良い日はもうすっかり光の春、でしたが、今年の大寒は生まれて初めて心底寒い!夜の外出時ここ何年か着てなかったユニクロの一張羅の厚いダウンコートを引っ張り出して着ました。最低気温が雪国より低い日も結構ある標高200m以上の我が家。外の水道の蛇口は毎日夕方保温材でグルグル巻きしているので水は凍ってはいないのですが、地面を這ってるホースの中の水が凍ってしまって不便ったらないです。

13日には10 cm の積雪。

猫の世話のために急な石段を上り下りしないといけないのですが、下りる時に滑って3段程転げ落ちました。幸い脂肪と厚着のお蔭で全く無傷でしたが、そう毎回うまくいくとは限らないので、急遽滑らない靴を買いました。あと簡易アイゼンも。次回の積雪があるかどうか分かりませんが効果が楽しみです。

カレンダー発送も一段落したのでサボりにサボった片付けや掃除に取り掛からないと猫の部屋も人間の部屋も凄まじい有様です。でもやる気はあっても体がついて来ない。まだまだ疲労が消えてません。本当にやる気があるだけでも大進歩です。今年こそは梅雨の前にあらかたの掃除や整理整頓を済ませて、遅くとも10月にはカレンダー印刷完了する!

トラ年

2013年ヘビ年から干支の絵を入れているmojuni’s △カレンダー、今年は10周年で待ちに待ったトラ年。猫好き全員にとって良い一年になりますよう。

年末からの怒涛のカレンダー配りもやっと一息。(とは言えまだ数件お送りしていない方々がおられます。もう少しだけお待ち下さい。)さすがにちょっと息切れしてます。一年分の頭脳労働と肉体労働をここ一ヶ月の間にやった感じでやたら眠い。眠くなるとその場でバッタリ、寒さも構っていられず床で寝たり。これじゃ体にいい訳ゃないさ、ですが、目が覚めるとまたまた元気ハツラツ、オロナミンCです。なんか年のバレる歌やCMの連発。脳もちょっと危険?

松の内も明けたのでお話しますが、と言っても関西では15日までは明けてないのですが(我が家ではしめ飾りは15日までシツコク飾っています。せっかく手作りしたから)、年末またしても突然巻き起こった猫騒動があったのです。

去年10/8に保護した黒猫2代目クロリーが、私がカレンダー発送にてんてこ舞いしている最中の暮れの26日から、エアコンの暖かい風のよく当たる場所に寝転んで、踏みそうになるのにずっと動かない。翌27日になっても同じ場所で寝ていて、いつものようにご飯の催促にも来ない、水も飲んでるんだかどうだか、トイレにも行ってない?抱いてトイレへ連れて行ってもしないし、足腰がクニャクニャ、寝ているお尻を押すと「ウー」とうなる。もしや骨折か何か?これは病院へ行かなきゃなんですが、生憎その日から動物病院は年末年始の午前中のみの診療体制、その日はもう行けず、翌る日連れて行くと、、、。骨折はないけれど足腰に神経麻痺が起こってるとのこと。丸2日出てなかったオシッコは、圧迫排尿をしてもらっていっぱい出ました。

神経の炎症を治める薬をもらって、家で自分で圧迫排尿が出来るかと言う不安と共に帰宅。ネットで調べたらちゃんとやってる方々が結構おられる。やり方の説明動画もありました。が、何度やっても膀胱の在りかが分からない。2日目になる30日、また病院で排尿して頂き、有り難いことに暫く入院させて頂けることになり、正に地獄に仏、カレンダー騒動の中途方に暮れる大仕事をお願い出来ることになり、無事年を越せた次第です。

足腰もかなり動いて自力での排尿も出来る様になって来ているとのことで7日に退院。またオシッコ出なくなり圧迫排尿も出来なければすぐに連れて行かねばなりませんが、幸い昨日は2回自分でしてくれました。食欲は全開、機嫌も上々です。15cm程の段差を越えることも出来、足もしっかりして来ましたが、ずっとコタツで寝ています。原因は不明、、、完治を祈るばかりです。