モーレツ寒波

16、17の2日間、今季一番の寒波襲来。最低気温が−3℃まで下がった様です。16日夜8時過ぎ、隣の市から帰宅すべく車に乗りこんだその時冷たい強風と共に雪が降り始め、家に着くまでの40分程の間フロントガラスに真正面から吹き付ける雪はどんどんひどくなる一方。家に着いて見ると当然そこはもっと前から降っていたはず、10cm超の積雪、白銀の世界でした。

猫小屋の雪の積もった階段を降りる時、またもや滑り転けたけど今回も無傷で済みました。次の日の晩は準備しておいた雪靴に簡易アイゼンを装着、完全武装。雪靴だけではアイスバーンのところで滑ったので直ぐに引き返してアイゼンを着けたのです。お蔭でしっかり歩くことが出来ました。それはいいんですが、後で気がついたら通路には水撒きのホースとか電気のコードとかが這ってることをすっかり忘れてた( ̄O ̄;) 穴があいたりキズがついてたりしてないか、点検しなければ。うっかり猫を踏まない様に、とだけは気をつけていたのですが。やっぱり登山用品、自宅の庭で使うのは如何なものか?でも、ここ山だから。簡易アイゼン、着ける時は力が要って少し手間取りましたが、外す時は簡単でした。

今回の雪でもう一つ認識させられた、と言うよりさせて頂いたのは、雪道とアイスバーンの恐ろしさです。まだ徳島市内、標高も高くないところに30m程真っ白になってる道があり、警察車両や作業車が何台も来て交通整理してる場所がありました。何か事故でもあったのかも。そこは普段から湧水で濡れている場所、それが雪を解かすどころかカチンコチンに凍って恐ろしいアイスバーンを形成しちゃった様です。でも平坦な道だったのでスタッドレスで難なく通れました。

ところが!もうすぐ帰り着くと言うところでまさかの立ち往生。傾斜角度は分かりませんがかなりなものでしょう。対向車線に軽トラが停まっていたのでシェフが「停まり」と言った。(後で思えばこれがマズかったか)次にアクセル踏んだら、えっ、タイヤ空回り@@;; スタッドレス、どうした!?表示パネルには初めて見る赤い「ABS」と言う文字が激しく点滅し、ますます緊張。ははー、教習所で習った、、、何だっけと言う程度の知識。何年も前、同じ車で夏用タイヤだった時にも同じ様な事態になりかけ、その時は遮二無二アクセル踏み込んで脱出出来たので、今回もそうしようとしましたが空回りするばかり。雪のない場所までバックしてから再挑戦(バックの時スリップしそうになる@@;)、を何度かやってもだめ。愛車よ、スタッドレスよ、全幅の信頼を寄せていたのに。

その一部始終をじっと見ていた対向車の軽トラのお爺さんがやっと発進し、日当たりのいい方の車線が空いた。あっちを通れ、とシェフ。バックしてから反対車線へ。無事通過出来ました。徒歩でも車でも雪道は恐ろしい。出かけるのは中止出来ても帰宅を諦めるのは難しい。でも万一現場で夜を明かさなくてはならなくなっても大丈夫な防寒具は積んでます。

16日は折りしも満月、夜10時半頃ですが月明かりと露出調整で綺麗に撮れました。

「モーレツ寒波」への2件のフィードバック

  1. 大変でしたね@@ ご無事で何より><
    平地でも 雪がちょっとでも積もってたら 車は怖いのに 山道とか 私には無理だわ・・・
    くれぐれも気を付けて下さいね

  2. ronmamaさん
    スイスイ走ってる車も多いんですが4躯+スタッドレスなんでしょうね。基本こういう時には車に乗らない!が一番だと思い知りました。
    それにしても最後の大寒波、手強い上に長く居座りますね。早く春が来て欲しい。でも春は何かと気忙しい、、、。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください