モンちゃん手術

17日はモンちゃんの去勢手術でした。ところが最近ずっと姿を見せなくなってて、ご近所の方によれば随分遠く離れたところで見かけるらしい。前の晩から食事や水の管理をしないといけないのに。最悪モンちゃんの身柄確保出来ないなら、身代わりにロンロンを連れて行くしかない。という訳でまだ懐いていないロンロンを捕獲すべく、ケージにネットを組み込んだ仕掛けを室内に置いて入るようにしむけたり、強引に追いかけ回して触ったり、と苦労していました。もう捕まえて2年が来ると言うのに一向に懐いてくれない頑固者。

ところが!何と16日の昼、モンちゃんが猫小屋に寝ている!!予定日を知っていた訳ではないだろうけど、何て良い子、と言うか何て可哀想と言うか。即部屋に監禁して無事手術に連れて行けました。みんな生後1年位で手術受けたのと比べれば、この冬の発情期にお隣の可愛い女の子との間に3匹の男の子をもうけたモンちゃんは本望と思ってもらわないと。

手術は無事終わり、モンちゃんは至って平気な様子、安心しました。連れて帰る途中キャリーケースの中でオシッコ、部屋に入れてから真夜中まで飲食を控えていましたが、日付が変わってから好物のパウチと水を置くとガツガツ、ペチャペチャでまた安心させてくれました。

ヒマラヤンのモンちゃんは冬毛の生え替わりで大きな毛玉が全身に出来て、早く手入れしてやらないとズル剥けになる直前だった。なのに姿をくらますもんだから、どんな姿になっているか心配でしたが、自然にか、毛繕いしたのか、見苦しいモコモコした毛玉は尻尾の付け根の部分以外綺麗さっぱり剥げ落ちて、跡には涼しげな夏毛が生えていました。成程ねー、人間の手を貸さなくても自然はちゃんとうまく出来ているんだなぁと感銘を受けました。しかし去年の春はモンちゃんは冬毛のまま次の冬を迎えた気がする。

モンちゃんの髭はすごく太くて立派。ヒョウと遊んでるんじゃなく、私のヒョウ柄のズボン。確かに長いこと大阪のおばちゃんしてましたが自分の趣味じゃなく家族のお下がりです。

手足の先がぶっといモンちゃん、見るからに純血種の風格。本来なら折角の遺伝子を大事にしてやるべきなんでしょうが、悲しきかなFIV。ストレスを避け発症さえしなければ普通に長生き出来るとのことですが、それでもこれまでの子は殆ど全員悲惨な最期を迎えました。FIV拡散は断じて食い止めねば。

「モンちゃん手術」への2件のフィードバック

  1. モンちゃん無事終わって良かったですね~
    お疲れさまでした
    自然と?毛も生え変わったとの事 長生きできる生命力を持っている!と信じましょう

  2. ronmamaさん
    ありがとうございます。
    本当はもっと早く手術すべきでしたが、やはりヒマラヤンと言うところが引っかかったのかな。でもどうにもならないですね。
    今回またウイルス検査もしたのですがFeLVは陰性のままでホッとしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。