健診クリア

4日、特定健診を受けて来ました。

毎年毎年、数日前まで体重が所謂適正体重より10kg程もオーバーと言う状態なのを何と直前3日〜1日で4kg程落として、ギリギリBMI 25を切る状態まで持って行き、更に加えて問題は腹囲!こちらも同じ日数で見事メタボ域から抜け出す、と言う特技を持っている私。信じられない事ですが本当です。

しかし今年は1ヶ月程前から目標値をクリアしていて、当日は過去最高の仕上がりと言う偉業を達成。血圧、尿検査等すぐ結果の分かる項目については全く問題なし。気になるのは超音波検査の項目、特に頸動脈プラークがどうなったかです。去年の検査後、悪玉コレステロールを減らす薬を飲み始め、2ヶ月後にはバッチリ数値が落ちて喜んでいたところ、筋肉が溶けると言う副作用が出て肩から腕が痛くてしょうがない、足腰も衰えて来た気がしてこれは一大事と半年で中止しました。今後は真面目に食生活を改善して行くしかない。こう肝に銘じて半年程バカ喰いを慎んで暮らして来たので、今年の結果につながったんだと思います。この先BMIはこれ以上下げるつもりはありません。統計によると小太りの人が結果的に一番長生き出来るんだとか。確かに体脂肪は転んだ時に骨折を防いでくれる。何度それで助けられたことか。小学生の頃からコンプレックスになっていた太い足は筋肉の塊、「貯金より貯筋」がものを言う年になってかかりつけ医の先生に褒められてる。ありがたい神様からのレンタル品、大事に長持ちさせて無傷でお返しして、次また借り出ししたい。

さて、新入り猫のユーホー、その後激しい下痢が何度もぶり返し薬を出して頂いたりビオフェルミンを飲ませたり。高いロイカナのクリティカルリキッドと子猫のミルク買ったり。その間私は布団の上にペットシーツ(ダブルワイドサイズ)をびっしり敷き詰めて同じ部屋で寝るしかなかった>< と言うのは隔離部屋は満員、その上何とユーホーに猫シラミがわいてると判明、駆除薬をつけてもらったけど他の子と絶対接触させてはいけない。私だって一緒にいない方がいいけど部屋の関係で仕方ない。

猫のシラミなんて、これまで大勢飼って来て初めて知りました。先生が黒猫ユーホーの背中の小さい小さいフケか花粉の様な白い粒(と言うか粉」を見つけて下さり、しかも何とそれが「動いてる!!」で、シラミと判明。私はメガネかけても動いてるのは見えない。猫にフケと言う状態はこれまでも何度か見たことありますが、それ全部シラミだったのか;;去年11月に亡くなった初代クロリーにも見られました。猫のシラミは弱っている子につくとか。クロリーの病気はその頃もう始まっていたのかも。シラミは気づいたのに私は気づいてやれなかった、、、。

先日、トッピーたち6匹が暮らす山小屋で一晩一緒に寝て、目が覚めて頭の上の窓から見える景色。

大きな木はクヌギです。南に生えてて涼しい木陰を作ってくれる。引っ越して来た頃と比べて随分大きくなりました。

「健診クリア」への2件のフィードバック

  1. 検診お疲れさまでした
    悪玉コレステロールを下げる薬にそんな副作用@@ 怖いですね・・・

    猫のシラミ・・ロンちゃんもフケ出てましたが・・・
    白黒だと 黒い所にフケが見えたけど フケと思い込んでたので 動いてたかどうかは??

  2. ronmamaさん
    血圧の薬もシンドイと聞いたことがあります。やっぱり薬はリスクなんですね。飲まなくて済むのが一番。
    猫のシラミ、本当に粉!ですよ。フケとしか思えないです。今までは知らぬが仏、、、;;
    鳥から感染るとか@@

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください