「イラスト」カテゴリーアーカイブ

冬色

エノキの実と葉っぱがデッキにいっぱい散っていて、夢のような美しい色合いでした。思わず写真を。右隅の黒いものはリンタローのしっぽです。背中の指圧をしてやっていたのです。

6月のイラストはちょっと私らしくない。何故ならシェフのゴリ押しで長毛猫を入れることになり、つまり自発的に描きたいと思って描いたのではないのです。長毛さんは難しくて1000匹猫の中にも数匹しか描いてないです。で背景もお決まりの紫陽花と言うのもパッとしないので6月の花って他に何があるのかと調べたけどピッタリ来るものが見当たらなくて、バラでもいいか、と。晩秋に咲いていた裏庭のバラを写真に撮って加工しました。

カレンダー、発注した後校正刷りを見たら色調に難ありで原稿を修正したり注文をつけたりして、更に再入稿したファイルがどういう訳か中身が消えてたりして、休日を挟んだのでその連絡を受けるのが遅れたりして、3日以上のロスが発生、仕方なく5日仕上がりのコースに変更、、、。脱稿してホッとする暇もありませんでした。

5日に発送される予定でしたが一日早く今日発送済みとの連絡が。明日着くんだ!うへー、宛名とかまだ発送準備出来てないのに。また忙しくなります、、、。

師走突入

ズボラーの身に応える月の到来。

5月はまた母の日がテーマ。モデルの猫はリリちゃん?柄は違いますがイメージはリリちゃん。リリちゃんのお腹の子は私が命を奪ったのです。リリちゃんはその代わりに手術後初めての散歩に出た時、チャッピーを拾って連れて来ました。母性からの行動だと思います。

うちでただ一組の親子だったクロリーとカラ、息子のカラが今年5月に先立ち、もう1匹の娘、初代ニコちゃんは引っ越し前に行方不明になってしまった寂しい母親クロリー。リリちゃんもクロリーも子供達の分まで長生き出来ますように。

満月と流星

11月は1日と30日の2回満月があったんですね。しかも今夜は何でも半影月食とか言って(初耳)、地球の影がかかってグラデーションに見えたらしい。月が昇って間もなく位の時間帯のことで、残念ながらその頃は雲の蔭でぼんやりしていたので全く気付かず。

真夜中過ぎに外に出て椅子に座って月を眺めていたら、急に強い光が短く光って消えました。流れ星か?久しぶりで見ました。先日は大きな火球が見られたとニュースで言っていましたが、私も10/21に生まれて初めてハッキリと火球を見ました。綺麗な青緑の強い光でした。流れ星も火球も吉兆でありますように。

4月はシンプルです。チビトラとレンゲとミツバチ。そう言えば今年は何度も蜂に刺されたっけ。アシナガバチです。蜂が刺したら痛いと言うより痒いの何の。それからブトと言うかブユと言うか、それにも何度も刺されました。温暖化の影響か?アナフィラキシーは起こらなかったのでよかった。

近所で養蜂家とまではいかないけど農家の方がミツバチの巣箱を置いている場所が結構あって、蜂がうちの猫の水飲み場に大勢やって来て水を飲みます。春から夏にかけてかな。ミツバチは可愛い。猫達とも平和共存しています。

年賀状アップしました

△カレンダー1月のイラストで3種類作りました。

日本語(横)、英語(横)、文字なし(縦) の3種類です。

AWRD にアップしてあります。

著作権は放棄していません。家庭用プリンタでの印刷にのみお使い頂けます。ネットプリントにアップしたり業者へ提供することはおやめ下さい。

晩秋の虹

リカちゃんを追悼するかのように散り急いだ紅葉樹、そして数日前はクヌギの葉っぱがまるでサクラが散るようにハラハラ、いえ大きさから言えばバラバラと風に乗って舞い落ちました。

それでも夕日が当たるとまだ散り残る今年の綺麗な紅葉が照らし出されて来ます。雨雲が通り過ぎて暗い空を背景にえもいわれぬ美しさ。それに加えて見てる間に虹が浮かび上がって来ました。

3月のモデルは初登場タンタン、そして去年の暮れに引き取った捨て猫姉妹です。

猫小屋の壁を背にデッキで日向ぼっこしてるところ。

最初のラフはこんなでした。

毎年3月と4月はどっちをどういう背景にするか悩むのです。サクラもシャクナゲも3月4月にまたがって咲くし、地域差もあるし。今回は趣をガラッと変えて地味なハクモクレンです。

タンタン(今私の足にくっついて寝ています)は私たちが引っ越して来る前から敷地内に出没していた大先輩ノラ猫。少なくとも3、4年は寒風吹き荒れる山の中で私たちが早く来ないかなぁと待ち侘びながら冬を越していたのです。引っ越して来てからもなつくまでには暫くかかりましたしトッピー達との小競り合いもありました。今ではみんなに溶け込んで、新入りの子達の面倒も私に代わって見てくれた温厚で頼りになる子です。新入りの4匹の女の子達は約一年近くも経ってやっと内3匹が私について回るまでになつきました。一番小さい子だけがまだ逃げ回りますが、距離がだんだん縮まりました。

カレンダー印刷中

昨日やっと印刷に回しました。完成!と思ってからも何度も何度もイラストの手直し、ミスの修正、色味の変更、、、シェフと二人目を皿のようにして確認、確認、また確認。こんなに真剣に取り組んだことなかったです。別に売り物じゃないのに。

今までは一応ちゃんとしたデスクがあったのですが、家中のカオス状態が進行してしまったのと、落ち着いて制作出来るのは真夜中と言う状況、寝床で足の上に折畳みのPC台を置いて描きました。時々知らないうちにApple Pencilを握ったままうたた寝しているので、デタラメな線や点が描き込まれていたり、最悪レイヤーが削除されてたり、、、と言う恐ろしいことになったりして。さらにえらいこっちゃなのは、私の横にピッタリひっついて寝てるタンタンやチャッピーの手や顎が画面に触れて勝手に書き込んだり削除したり!!こんな状況でようやるなぁと我ながらスゴイ!

さてまた制作裏話を。

2月は最近ずっと雪だるまさんとカラもしくはチュルオもしくはチビトラのコラボです。今年はハマちゃんも登場。と言うか以前のイラストを使いました。寒い雪の日、暖かいコタツの部屋で長くなって寝ている幸せな飼い猫をノラ猫が覗き込んでいる、、、と言う切ない光景です。

実は一段階前はこうでした。

私は全然気付かなかったのですが、シェフが「雪だるまの帽子が何か違ってるなぁ」 私「え?一緒だよ」 シェフ「植木鉢みたいや」

ギョギョ、今年のを見てみました。

何と!シェフの目と記憶力、恐るべし!バケツの把手があった!早速付け足しました。と言うか、描き忘れたんじゃなく最初は窓ガラス越しだから把手みたいな細かいもの要らないか、赤い帽子らしきものが見えればいいのよ、と思って描かなかったのですが。

カレンダー完成 (か?)

今日夕方コンビニでプリントして来ました。うちの近くにはファミマがあるのですが、Sharpのマルチコピー機じゃダメ。色が薄いのは調整の関係でしょうが、微妙に実寸通りじゃない。四隅に余白が出来てしまう。つまり△カレンダーを折った時折り目とデザインが重ならないようになってるかどうかのチェックが出来ない。なのでFUJI XEROXのあるセブンイレブンまで5倍程も時間をかけて行かなくてはならないのです。

割付けチェックは問題なし、あとシェフのダメ出しについてもう一度見直ししたら完成です!今年は描き下ろしが大部分を占め、結構手間暇かけてます。追い込みに入ってから色々なハプニングが続き、もう今年はカレンダー無理か?それとも昔のイラスト選ぼうか、いっそ簡単にLINEスタンプのオンパレードにするか、とも思ったのですが。

制作裏話を少しご紹介します。

1月のイラスト。私はこれで行くと決めてたのにシェフが「牛の足が豚みたい」と、やなことを、、、でも、言えてる。

で急遽ややリアルな仔牛で下書き。

そしたらこれも不評。

で12年前の年賀状デザインから。

シェフはこれには一言もコメントせず、ほかの月のイラストに文句つけました。と言うことはパスです。

カレンダー完成間近

明日刷見本が届きます。あるイベント用に急いで制作しました。

今年はほぼ100% iPad Pro で作成しました。イラストは勿論、割付けからネットへのアップロードまで。割付けに関してはミスがあっては一大事なので手堅くやろうと、Windows7PCを一年ぶりで引っ張り出して来たのですが、ハタと困った。iPad Proに入っているデータをどうやってPCに送るか?? 

iPad ProからiPad6にAirDropで送って、iPad6とPCをライトニングで繋いで、、、と思ったけど、写真しか送れない。iTunesとやらを使えばいいのでしょうがイマイチよう分からんことをこの期に及んでやってられない。結局Dropboxを使ってPCの割付けファイルをiPad Proに取り込み、後はもうiPad Proだけで仕上げるしかない!と意を決して取りかかりました。

結果、案ずるよりでまずまずスムーズに進み、これまでのものと同じレベルの印刷用データが完成、さてネットでアップロードの段になり、これを圧縮しないといけない、ここでやはりPCの出番か、と思う間も無く、何と何かの弾みで選択肢の中に圧縮と言う項目を発見!何と何と、zipファイルに圧縮する機能が標準で備わっている!恐るべし、Apple、iOS。時代はガラッと変わったんだ、と実感。

続きはまた次回に。

カレンダー制作中

今年もまた12月に入ってしまうか?本当は今頃発送を終えて、人並みに早々と大掃除に着手したかったのですが。ま、とにかくやっとカレンダー制作が軌道に乗りました。

サポート切れのWindows7PCを恐る恐る箱から取り出し電源入れて見たら、何と思いの外順調に動いてくれました。去年の制作時から矢印キーが誤作動し始めて、表計算なんかでうっかり下向きの矢印を押すと行の奈落のそこまで果てしなく落ちて行くと言うエラーが起こるようになったのですが、今年は発生頻度がやや少ない。天の助け。イラスト描くのに何で表計算?と思われるかもしれませんが、日付の部分は表計算ソフトで作成、それを画像に変換しているのです。

台風は心配した程でもなく、特に風が全くと言っていい程吹きませんでした。台風の前にソメイヨシノの枯葉の綺麗な色のを拾い集めて写真を撮りました。この後2日続いた雨でまっ茶色に変色してしまいました。

タイサンボク開花

今日は朝から結構な雨量で一日ダラダラし、夕方猫たちの世話に行ったらタイサンボクの花が2つ開花していました。去年は6/9だったので、ほぼ同じタイミング。去年は全部で10 コの花を咲かせてくれましたが今年の蕾は4コだけ。その分エネルギーを背を伸ばす方に使う予定かも。

一つは地面から10 cm位の低い位置で咲いていて、匂いを嗅ぐために這いつくばって顔を近づけました。一年ぶりのえも言われぬ独特な芳香、脳内に充満させるべくしっかり吸い込みました。

裏庭では今月初めからネムノキに小さい蕾が付き、アジサイも青く色づき、クチナシの蕾も膨らんで来ました。見上げるといつの間にか見える青空が狭くなる程周りのカシやサクラやスギの木の背が伸び枝が張り出して来て、緑のドームの中にいるようです。

今年の捨て猫と言うか拾い猫ラッシュに音を上げて、捨て猫防止ポスターを作ろうと思いました。下絵です。