「山の動植物」カテゴリーアーカイブ

大寒のシャクナゲ

ソメイヨシノと開花が重なるホンシャクナゲが、12月中頃から3、4輪開花しています。その頃暖かい日が続いていたんでしょうが、その後やって来た大寒波の中でも鮮やかな紅色は褪せることなく、凍りついているのかと思いましたが、今見上げると瑞々しく生き生きしている花弁の様子。それらは高い枝に咲いているので触ってみることは出来ません。が、目の高さのところに上の写真の様なユニークな蕾が。気温は夜には0度近くまで下がるのに、晴れた日中の日差しの強さを物語っています。

オシッコが出なかったFIV猫クロリー2世は今ではほぼ完全に回復、後ろ足の麻痺ももう分からない程度に。今日3回目の飲み薬を処方して頂きました。消炎剤の分量がだんだん少なくなっていきます。

そして、何と、ただ今発情期。夜な夜な外へ出たがってウロチョロ。チビトラが相手をしてくれるから助かった、と思いきや、チビトラに感染の危険が。でクロリーをサンルームで隔離しておくことにしました。

ふと過去ブログを覗いていて、すっかり忘れていた出来事を発見。引越す前の2016年5月28日、FIVだったジブリの最期の記事に、私が圧迫排尿をしたとの記載。病院で教えてもらった訳でもないのに手探りでピンポン玉のような膀胱を探して排尿させた、と。そんなチャングムの様な医療を施したとは@@全く記憶にありません。

また同じ頃の6月、何だかとっても疲労が溜まってシェフが晩御飯の用意をしてくれたのに食べずに倒れる様に寝てしまった、とか、今と違って疲れ知らずだったとばかり思っていた昔も今とよく似たことがあったんだ。と言うことは、今別に老け込んだ訳じゃないんだ(^o^)、とちょっと安心。

まだまだ体と心が冬眠中で、毎日猫の世話だけで時間が過ぎて行きます。これまでこなしていた仕事量の1/3も出来てない。アルツハイマーにならない様にとせっせと秋ウコン飲んで、背中と腰が曲がらない様にツイストしたり腕を大きく振って歩いたり。この2つはとっても効果大です。秋ウコンのお蔭と思うのですが(それを飲む前にはそんなことなかったから)、相貌失認症の私が、チラッと見た印象から俳優の名前を当てられる様になって、しかも一度会った人の顔は忘れないと自他共に認めるシェフより正しい時も結構あってシェフが刮目する程。落ち込んだり、力が湧いたりの今年の冬です。凍てついても花開くシャクナゲと一緒に春を待っています。

クロリー入定

クロリーが推定10年の生涯を今朝未明終えました。徳島市の干潮が2時頃だったのでその頃だと思います。私は添い寝をしていて、その瞬間は眠っていました。4:44目が覚めてクロリーのお腹に手を当ててみると微かにゴロゴロ言ってる様な気がしたのですが。

8月中頃からチュンチュンと時を同じくしてクロリーの様子もおかしかったのですが、チュンチュンの死後暫くして右目が焦点が合わなくなっているのに気付き受診。もしかしたら腫瘍かも知れないが、感染かもとのことで抗生物質の飲み薬や注射、インターフェロンの注射で見守って来ました。一時良くなって来かけたのですが、次に手足の麻痺が起こり、腫瘍であることに違いない、、、。県外へCT撮りに行ったとして、診断がついても猫の脳外科なんかない、、、。

10月末から一切の食事を受け付けなくなり、チュンチュンと違って栄養摂っても腫瘍を太らせることになり、最悪痛みが出て来ては大変と思い、無理な給餌はやめ絶食10日を過ぎて命尽きました。入定などと言ったのは、クロリーは死ぬんじゃなく即身仏になるんだと思うことにしてこの辛い期間を過ごして来たからです。やはりチュンチュンと同じく最後までトイレに歩いて行きました。

6日の日、トイレの後だろうと思いますが、窓際に座っていたので、暫く表に寝かせて日光浴をさせてやりました。最後の穏やかな時間を過ごすことができました。

ご飯は食べなくても水だけは、と点滴は続けていました。最後の点滴と思って7日11時頃110cc程入れたのですが、これはするべきではなかった、せめて半分位にしておくべきだったと後悔しています。もう体が水分を要求していないのに、、、。それから1時間程後、クロリーが荒い息をしていて気が動転。痛み、苦しみを避けることが何より大事なのに、不必要な点滴をして肺水腫を起こしたのか。手足や背中のツボを押してみましたが、この上は安楽死を、と動物病院へ電話、連れて行く準備をして戻ってみると呼吸は大分落ち着いていたのでそのまま看取ることに。その後幸いこの時の様な激しい呼吸はなく、夜にはほぼ穏やかでしたが良かれと思ってしたことで最も避けたかった苦しみを与えてしまった。

クロリーが最初に来たのは2012年5月末、6月2日に捕まえて一晩泊めて翌日血液検査、その時お乳が張っているので仔猫がいると分かり一旦帰らせました。6月4日に子供のカラをカラスの襲撃から救い、クロリーが子供を取り返しに来たので「あんたが他の子も連れてここへおいで」と説得、結局カラの妹ニコちゃん(初代)を連れてうちの子になりました。ニコちゃんは引越しのための猫屋敷の取り壊し工事の騒音が怖くて家出、行方不明に。カラはクロリーより先、去年の5/3に腎不全で亡くなりました。

チュンチュンが死んだ秋分の日満開だったキンモクセイの大木が10/31からまた花をつけ始め、今また満開になりました。キンモクセイ、大好きだけど、これからは悲しい花になります。

目標、今月中!

カレンダーの完成のことです。かなり無理のある目標設定ですが、このくらいの緊張感を持ってないと!

チュンチュンとの悲しい別れの後も色々猫の事件が。

クロリーがチュンチュンと重なるタイミングで体調崩して、またまた看病の日々でした。だんだん毛艶が悪くなり痩せて来てはいたのですが、長年の持病のヘルペスによる鼻詰まりは改善傾向にあったのでそれほど気にはしていませんでした。ところがふと気付くと右目が変!瞬膜が広く覆って、しかも縮瞳があり、更に左右の目線が違ってる!これは今まで見たことのない症状で、慌てて病院へ。

眉間の毛が盛り上がってるようで、触られるのを嫌がる。最悪、目の周りに腫瘍が?と、先生にお聞きしたのですが、何か炎症があってもこういう症状が出るとのこと。インターフェロンを2回打ち、強い消炎剤の注射、抗生物質のシロップ等の処置。それでも良くならない場合は香川県の病院までCTを撮りに行く決心をしていました。

結果、やはり炎症だったようで、少しずつ良くなって来ているところです。食欲はずっとあったので、体重も少し増えて来ました。まだ手放しでは安心できませんが、、、

もう一つ、例によって捨て猫を保護しました。

8日の朝、シェフの胃カメラに出かける時、うちを出てすぐのところで路肩をこちらへヒョコヒョコ歩いて来る黒猫の中猫を発見してしまった。予約の時間ギリギリだったけど、車を停めて追いかけると、つかまえることが出来ちゃった。大急ぎで車に放り込んで家へ戻り猫小屋のバニーちゃんとララちゃんの部屋へ連れて行き、中で寝ていたバニーちゃんに表へ出てもらってその子1匹だけにして監禁。胃カメラから帰ったら即ウイルス検査しないと他の子と一緒に出来ません。

結果、FIV陽性。メス、年齢不詳。その上驚いたことに、歯が右の上下の犬歯(猫歯か?)以外一本もなく、更に歯茎の歯の生えていた部分は出血の痕が、、、。高齢猫なのかと言えばそうとも言えないフシが、、、残っている2本の牙は真っ白でとても綺麗なのです。何が原因で歯を失ったのか?

クロリーとバニーちゃんを足して2で割ったような端麗な容姿。栄養不良のためか、背中からお尻の毛が茶色っぽいので、女の子ですがチャーリーと名付けました。胸元にチョロっと白い毛、下腹にツキノワグマのような白い半月あり。性格はとっても素直で可愛い。ずっと下痢してますがちゃんとトイレで出来る。その上吐く時もトイレ横のペットシーツへ行って吐くという最高の気配りの出来る子。クロリー、チャッピー、チビトラ、タンタンとはもう仲良くなりました。

しかし、やれやれ。また増えちゃった。

去年姿を見せなかったアサギマダラがフジバカマの蜜を吸いに来ました。もっと羽根が綺麗に写るよう待っていたけど警戒してなかなか留まってくれないのでこの1枚だけ。フジバカマ、あんたのために切らずにおいたんだよ。

チュンチュン12歳

23日、お彼岸の中日の午前4:30、チュンチュンが1ヶ月程の闘病生活を安らかに終えて天に帰って行きました。ここ1年位の間に感染したFIVの発症です。過去ブログを調べてみたらまだまだ若かったのに。7月頃までは丸々と太って態度も大きかったのに。それから突然見る見る痩せて来て目つきもオドオドして、しかも姿を見せない時間が長くなり、心配で大声で呼ぶと外から帰って来たり、家の中の隅から出てきたり。最初に病院へ連れて行ったのが8/24、血液検査では何の異常もなく健康体とのことでしたが、原因不明の激痩せは止まらず。エイズの発症かも、と言われ9月に入ってからインターフェロンを3回打ちました。高栄養の缶詰、リキッドを飲ませたり、ミッチーオイルは勿論、リカちゃんのために買って一定の効果のあった高価な核酸のサプリも飲ませたり、脊椎の指圧も、、、色々手を尽くしましたが恐ろしい勢いで増殖するウイルスを止められませんでした。

19日には鼻にチューブを通して貰って栄養リキッドを胃に流し込めるようにし、2回それを使って給餌をしましたが、エリザベスカラーをしないと抜いてしまう。かと言ってカラーをつけると如何にもしんどそうな顔になる。悩んだ末、当日の夜更けにチューブを抜いてやりました。もう栄養を摂るまでもない状況だと思ったからです。ところが補液だけなのにまた少し元気を取り戻して来たようにも見える、、、抜いたチューブを私がまた挿し直せるかどうか悩みましたが、点滴針の細いチューブの針の部分を切って注射器に繋ぎ、うまく喉の奥の方にチュッと入れられる方法を見つけ、それでまた何度か栄養を入れました。補液の点滴も2日に1回、毎日1回、、、と最後まで続けました。針を刺す皮下も肉痩せして2回に1回は失敗して刺し直しのような状態、可哀想だし、もう自然に枯れて行く方が楽ではないかと点滴をやめようと3度も思いましたが、その度に時間になるとヨロヨロ、フラフラとチュンチュンが歩いて来て目の前にへたり込む。それをみたらやはり点滴を続けないわけには行かない。フラフラなのに、息を引き取る前の日まで部屋の隅のペットシーツまで歩いてオシッコをしました。どこでしてもいいように寝床や途中の至るところにシーツを敷いてあるのに、トイレの場所まで行って、健康な色のオシッコをキチンと上手に。こんないい子なのに、チュンチュンを兄弟姉妹計3匹で拾った時からずっと忙しくてまともに構ってやれなかった。ベタベタ甘えない子だったので、元気でいればいいか、みたいな。でも最後の一ヶ月程は毎晩添い寝をしました。息を引き取る瞬間も見届けました。苦しそうな息もなく安らかだったと言えます。

19日には「お彼岸に入るのを待っているのだろうか」、20日には「最後の満月を見たいと思っているのでは」、次の日は「大安の日まで待っているのかも」と色々推測していましたが、王道の秋分の日、お彼岸の中日を選んだチュンチュン。

コロナもエイズもウイルスのヤツが憎い。宿主を死なせて何の得があると言うのか!

チュンチュン亡き後に秋はどんどん深まって行きます。早々と一個だけ柿色になった実は私の肩に当たって落ちてしまいました。例年のことですが、なかなか綺麗な赤色に紅葉しないソメイヨシノの落ち葉と一緒に。

秋雨

8月の半分程も降り続いた珍しい真夏の長雨がやっと晴れて久々の日差しと猛暑が戻って来たのも束の間、一昨日の夜からシトシトと秋雨が降る天気になりました。気温もグッと下がって今(AM4時半)の外気は寒い位です。温暖化は単純に気温が上がり続けるんじゃなく、北極辺りの寒気がかき混ぜられてこんな不安定な天候が起こるんですね。コロナと異常気象のダブルパンチ、人類大丈夫か?

裏庭に季節外れの優しいピンク色が見え始めました。これが秋海棠、秋海棠とはこれか、とPictureThisで調べてやっと知りました。伯母の家の洋間に鉢植えが置いてあって、伯母が亡くなってからうちへ持って来て、それからもしかして引越しの時にここへ持って来たような記憶が。それが回り回ってここに生えたのか?

昨日はちょっと一服のつもりで横になって18時から23時まで熟睡してしまいました。それから最近調子の悪いチュンチュンへの給餌、ほつれたエプロン、ショルダーバッグの繕い等甲斐甲斐しく働いて、さて肝心のカレンダーの仕事にかかろうか、と思ったけど眠くなった。早々と訪れた秋、長年の懸案だった部屋の整理整頓と同時進行で頑張らなければ。

秋ウコンのおかげかどうか、最近これまでイヤでイヤでしょうがなかった家事等を割と普通に出来る様になった気がします。それと何かにつけて建設的、積極的に考えることが出来る様になったような。

例えば猫のトイレ。臭い、掃除が大変、お金かかる、これらは家の中の問題ですが、社会的にはゴミ問題も。それを何とか解決又は軽減出来ないかと思ってやってみたことがあります。まだ実験途中なのでまた次回に。

秋ウコン

うわー、恥ずかしい。前の記事で恐ろしく時代遅れな事を言った私をせせら笑ったお方も居られる事でしょう。4年も仙人の様に山にこもってるとこうも時代に取り残されるのか。人と話す機会が確かにめっきり減ったし。

Windows10のノートパソコン、iPadと比べて画面タッチで入力するのに角度が、距離がと言いましたが、昨夜深夜にまたWindowsマシンを起動して、付属のマニュアル等を見てました。するとふと気になった「タブレットモード」と言う単語。フーン?、、、え、もしかして!? PCをマジマジとあらゆる角度から眺めて見て、恐る恐るディスプレイを後ろへ倒して見た。キーボードとツライチになって、、、え、ああっ、180度を超えて更に曲がるではないかっ@@

折り畳みのノートパソコンがiPadにヘンシーン。2年前購入する時、こんな事が出来るなんて全然チェックしてなかった。想像だにしてなかった。それは無理もないことか、それとももはや常識?恥、、、

兎にも角にも、これでカレンダー制作に願ってもない最高の相棒が現れてくれました。何でさっさとセットアップしなかったんだー。それに昨夜気がついたんですが、サポート期間、1年にしたのか3年にしたのか忘れたけどそれが無駄に過ぎてしまったではないか。

突然、しかもこの猛暑でグッタリしてる中、やる気脳が蘇り始めたのは何故だろうと不思議に思っているのですが、ひょっとして1ヶ月程前から飲み始めた秋ウコンの効能?認知症予防にアミロイドβを掃除してもらおうと思って飲み始めたのですが、少し前から何となく頭がスッキリして来たのを感じていたのです。そんなに高価なサプリじゃないのにスゴイ。イチョウ葉エキスはもっと前から飲んでますが^ – ^;、こっちは特に自覚出来る程の効果は感じません。それと脳の風通しが良くなるかと思って2年前から桂枝茯苓丸(と言っても実は散剤)も飲んでます。他にもビタミンやらカルシウムやら色々飲んでいるので、どれも効能書きの半分位の量にしています。それじゃ効かないよ、と言われるかも知れませんが、その通りに飲んだら腹一杯になる程の量になってしまう。結構アンチエイジングにジタバタしています。

草ボウボウになった庭。遂に通り道すら分からない程に。マムシがいるかも知れないけど別に平気で歩いています。冬枯れになったらまた少し鎌で整理するかな。5、6月に強烈な紫外線の下、柄にもなく草刈りしたら猛烈な倦怠感にひと月位襲われたのでもう無理はしないことに。天が生やしている雑草、地球の酸素を作ってくれているんだし。

晩夏

いつから降り続いたのさえ忘れましたが、21日の満月と十六夜の月は何とか見ることが出来て、やっと今朝から夏空が復活。それと共に猛烈な暑さです。昨夜までは肌寒さを感じる程だったと言うのに。蝉時雨もまだ暗いうちから復活。半月位の間セミはどうしていたのだろう。地上の天気を考慮して出て来る能力を持ち合わせているのかどうか。大雨の真っ只中に羽化したセミ達は鳴き声を立てることもなく消えて行ったのでしょうか。それに比べて少々のことには耐えられて気の遠くなるような長い寿命を授かった人類、最近は愚行ばっかりして嘆かわしい、と神さまは見放しを考えているかも知れない。と、ここで網戸の外からけたたましいセミの鳴き声。チャッピーがセミをくわえて入って来た。すぐ取り押さえて頭ナデナデしながら「ママにちょうだい」と言って口から出してもらいました。幸い無傷で遠くに投げてやると元気に飛んで行きました。チャッピーはゴキブリ(助かるー)とクモ捕りの名手ですがセミはまだ初心者のようです。

小汚い布団で寝るチャッピー。いつも笑える寝姿。癒し系です。

カレンダー始動

遂にヤル気の神が降臨。一年近くも仕舞い込んだままにしていたWindows PCとiPad Proを発掘し先ずは制作のための環境を整えることから始めました。

Windows 7のPC、前回はいくつかのキーの挙動が怪しかったし、内部の電池も寿命が尽きて起動出来ないのではとヒヤヒヤもんでしたが、天の助け、何事もなかったかのように長い眠りから覚めて機嫌よく動いてくれました。今回もまだ箱の中でおねんね中のWindows 10マシンをセットアップする余裕はありませんでした。

次にiPad ProにiCloud版のphotoshopをインストール。もう何ヶ月も前からサブスク料を払っていたのですが、こちらもぐずぐずしていました。で、いざダウンロードと言う段になって、ハタと首を傾げた。どっからダウンロードするんじゃ?ネット検索色々して、何とかAdobeにログインして(中略)、ダウンロード成功。次に必要なお気に入りのフォントの組み込みにまたもや四苦八苦。以前、といってももう10何年も昔、高い金出してAdobe CS 4 を買ってインストールした時には標準で色々なフォントがインストールされてましたが、今回最初の段階ではほんのチョロっとしか入ってない。カレンダーの日付けに使っているLithos と言うフォントはCarol Twonbly と言うアメリカ人女性のデザインによるものだそうで、数あるフォントの中でもとても気に入っているものです。で、これを探すのにもまた一苦労、やっとのことでダウンロードしたもののphotoshopに組み込まれない。その為には前に削除しちゃった (サブスクが発生するといけないので) Adobe Creative Cloudと言う元締め的なアプリが必要ならしい。それをインストールし直してやっとフォントが組み込めた。これでやっとカレンダーの日付から作成に入ることが出来ます。

日付けと言えば、この8月、ドキッとさせられる出来事が。何と突然藪から棒に9日が休日になり11日が平日に@@スワッ、カレンダー間違ったんじゃないかとドッキーン。あれだけ校正したのに?そしたら何とオリンピック絡みの政府の気まぐれゴリ押し。カレンダーを好き勝手にいじくるとは前代未聞? あ、シーザーやアウグストゥスの先例が。しかし彼らは一応英雄、今の内閣に許されるのか??世のカレンダー屋さん達は怒っていると思います。

兎にも角にもやっとPCとiPad Proのスタンバイが完了しました。ヤル気の失せない内に鋭意制作に取り組みます。

豪雨が続いています。緑滴るようなカエデとハクモクレンの葉っぱ。

毎年のように大規模水害、土砂災害が起こるようになり、しかも同じ場所で繰り返し被害が。幸いうちの辺りは今のところ大したことはありませんが、遅い梅雨明けから半月余りも続いたカンカン照りで息絶え絶えに追い込まれていた雑草達は大喜び、すっかりまた勢力を回復してしまい、毎日猫達の世話が終わって少しでも余力のある時にたとえ2、3分でもと鎌を右へ左へなぎ払ったり振りかざし振り下ろしたりして、目に余るヨモギやイラクサやススキなどを刈っています。鎌の刃先に危うくぶった斬ってしまうところだったカラスウリの実。

シルバーさんとかに頼んでやってもらうと何もかも容赦なく丸刈りにしてしまう。茶色い土が見えてるのより雑草であっても緑に覆われている方が好きなのでこれで十分。

秋は名のみの

歴史始まって以来の猛暑が続く今年。しかも雨が降らない。台風のおかげで一昨日少し地面が濡れる位の雨が降って水遣りしなくて良くなって一息つけたのですが、昨日は雨の予報が空振り。今日の深夜からやっと本格的な雨が降るそうです。

早くも立秋と言う頃になって、3日前にFIVの隔離猫ロンロンの部屋、次の日に隣のFeLVのジローちゃんの部屋の北向きのガラス戸を半分網戸にして置けるように鉄製の格子を設置、昨日はその他大勢の2部屋のベランダや窓の周囲に遮光ネットを張りました。いつもは早ければ5月か6月にやってた作業ですが、今年は丁度その頃何故かとっても体がしんどかったのと梅雨が5月半ばから2ヶ月も続き日差しもなく、夜は寒い位の日が続いたから。梅雨明けから一転、半月以上も続いたカンカン照りに、もっと早くやってやらないといけなかったのですが、あまりの灼熱地獄に気持ちが萎えてしまって。でも大事をとった(怠けた)おかげで、この暑さに負けないだけの体力気力が戻って、やっと無事真夏の大仕事を完了出来ました。

じじむさいけど外の景色だけは秘境の宿的なジローちゃんの部屋。最近買ったサーキュレーターの前に水を張った洗面器、中に逆さにした植木鉢に布をかけてなんちゃってここ冷えにしています。隣のはシロカの冷風扇。右端は猫草。奥に立てかけてある梯子はこの後遮光ネット張りのために担ぎ出しました。今度大工さんを頼む時、この窓を出窓風にして、ジローちゃんが外の風に当たれるようにしてやりたい。

で、ジローちゃんのご満悦?の顔。

捕まえてすぐ連れて行った動物病院では猛獣のように恐れられた凶暴猫だったのに、今ではすっかり慣れて、じゃれて私の手に飛びついても爪も歯もたてず、トイレもとても賢く使う模範的な飼い猫になりました。

外は真夏の青空。オレンジ色のコオニユリが終わり、白いタカサゴユリが開き始めました。

猛暑の中奇跡の2度目の開花を見せてくれたタイサンボク、7/30、8/1、8/3と1日おきに3輪の花を開き、今年は全部で17輪を咲かせてくれました。植えてから3年と8ヶ月、最初私の背と同じ位だった樹高は今や倍以上、猫の腕程だった根元の幹は今や私の腕より太くなりました。一見して既に大木の片鱗が。

真夏の奇跡

梅雨明け10日のカンカン照りの猛暑続き、敷地の隅のタイサンボクももしかして喉が渇いてるかもとギリギリ届くホースの水をかけてやったら5、6日後に葉っぱの間にどうも色の白いものが見えて来て、まさか?と思っていたら。

5/25に最初の花が例年より半月ほど早く咲いて6月半ばに最後の14個目が咲き終わってから何と一ヶ月半ぶりに、7/30、15個目が開きました。

花芯の色はややピンクっぽい気がします。またあの香りに会えるとは。そして2日後にまた一個、16輪目が開きました。

シモクレンは毎年真夏に数輪が狂い咲きするけどタイサンボクもそういうケがあるのか。それとも水をたっぷり飲めたのが元気を呼び起こしたのか。それにしてはたった5、6日で蕾を作って開花するのは無理がある?第一陣の14個が終わった後も咲きたいと思って待ち構えていた蕾の卵がずっとあったということには違いない。それがたった一回の散水で一気に開花するとは植物のエネルギーはスゴイ。これからは花が終わってからせっせと水をやることにしよう。

カレンダーの準備は細々と始めました。寝る直前か目が覚めた直後に紙にボールペンで落描きすることに。下描きの段階からiPadでは無駄に目が悪くなりそう。近頃めっきり目が薄くなって(わ、年寄りくさっ)、先日10年ぶり位に針仕事をした時、糸を通すのに何分もかかりました。100均の糸通しを買いました。