「山の動植物」カテゴリーアーカイブ

時々夜更かし

バタンキューの夜と何故か空が白んでくるまで起きてパソコンできる夜があります。やっと生活のリズムが戻りかけて来ました。

でもまだペンタブを広げるスペースも余裕もないのでイラストは描いてないのですが、代わりにネットショッピングで猫のノミ取り、ソーラー発電の外灯、サマーオーニングとやらなんかを買ったりしています。

いよいよ暑くなってサンルームのリカちゃんが可愛そうなので、屋根の上と二面の窓に遮光ネットとよしずを掛けてやると、何と我が家で一番涼しい部屋になりました。窓の外は三方緑いっぱいで、ここでイラスト描けたらどんなに素晴らしいか。

少し前に撮った写真です。

真夜中、寝ているカタバミを発見。小さい緑の蝶(蛾?)のよう。

涼しげなカタツムリ。うちの前の車道の草刈りをされて路肩にむき出しで転がっていたカタツムリを拾うとずしりと重みがあり、中で生きてる感じだったので、水道のところに持って行って水にチャポンと浸けてお皿に載せて見ていると、ニョキニョキ角出しヤリ出し目玉出し、でした。

まるで「バンビ」か「眠れる森の美女」の背景のような裏庭の森。この景色の中を歩いている私はバンビかオーロラ姫?と思って長生きします。

 

ヒメボタル

夏至の夜、これまでで最多のヒメボタルが見られました。

何とヒメボタルのメスは飛ぶことが出来ないそうで、飛んでいるのは全部オス。

やけに道路すれすれの低い場所とか、地面に落ちて光っているのが多いので、もう寿命が尽きかけているのか、と思っていましたが、地面にいるメスを探していたんだ、と分かりました。

夕方まだ明るい時間に家の前に大きなホタルが留まっているので、ひょっとしてゲンジ?ヘイケ?と写真に撮って詳しく見たらやっぱりヒメボタルでした。1.5cm位はありました。

で、この子を捕まえてガラスコップに水と葉っぱを入れ、濡れティッシュで蓋をして、夜になって光るところをシェフにも見せてあげようと思ったのに、夜10時を過ぎても光らず。もしかして本当にもう命が尽きそうになっているのなら可愛そう、と逃がしてやると、暫くして結構元気に光りながら飛んで行きました。

ホタルの話題ばっかり続いているので猫はどうなってるのかという皆様にはチビトラとトッピーからのご挨拶。

トッピーは個室に一人だけでいるので、夕方ご飯、トイレの世話が終わってから暫く一緒にいてやるのですが、トッピーに背を向けてスマホいじりなどしている時、ふと振り向くとずっとこんなに媚びを売っています。

 

2つの執念

私の無知のために刈られてしまったセンダン、切り株から葉っぱを生やした木のすぐ近くに確かもう一本50cmほどの高さの苗木が生えていて、「これも同じ木ね、これも可愛そうだけど」と言って切らせてしまったはず、とこの2日ほど必死で探し回ったのですが、切り株も見つからず。

その辺りは現在排水溝の会所をコンクリートで作るために深く掘られて、その残土を離れた場所に持って行って捨ててしまったのです。きっと木っ端微塵になってしまったんだ...

それでも他にも種が落ちて生えているのではないか、と地面を舐めるように探しながら歩いていたのですが、ダンプで捨てた土がある場所で、何と紛れもないセンダンの10cm程の背丈の小さく柔らかな葉っぱが突き出ているのを発見。

てっきり種から生えたものだと思い、剣スコを持って来て慎重に掘り出してビックリ。

種から生えたのではなく、その細く弱々しい茎の下にあったのは20cm程の長さにちぎれた細い根だったのです。そう、探していたもう一本の切られたセンダンの根に違いありません。

ユンボに粉砕された苗木の泥の中に埋められたちぎれた根が、それでも生きたいと必死で茎を伸ばし葉をつけた執念。自分の過ちで大事な苗木を切ってしまい、何とか片鱗を探し出して生き帰らせてやれないかと探した私の執念。この広い山の中で2つの執念が出会った奇跡。

取りあえずユズとクスノキの植えてある大きな植木鉢の隅に植えておきました。ここで少しリハビリしてからしかるべき植木鉢を用意して植え替えてやります。

 

昔なじみたち

中1で徳島市を離れて以来、何故か何十年も見ることがなかったカタツムリ。猫屋敷の周りにいるのはナメクジばかりでした><

梅雨入りも間近、絵に描いたような紫陽花とカタツムリの図。

 

こちらもまた幼なじみのツタさん。高知県の佐川で生まれて初めて心惹かれた植物の1つ。名前は知りません。

 

同じく佐川で、毎朝起きたらすぐに走って行って道端にしゃがんでのぞき込んだ可愛い花。最近知った名前はニワゼキショウ。

これら懐かしい皆さんがこの地に揃っている幸せ。

 

 

センダン、ハスノハカズラ

近所のミカン畑の中に数本のセンダンが生えているのを今年初めて確認。花が咲いたのでやっと分かったのです。

30年ほど前、大阪中之島の阪大跡地で漂ってくる芳香の元を辿って見つけた薄紫の花、その時ほど強い香りは感じられませんでしたが、近づいて見ると紛れもなくセンダンの香りが。

ネットで調べると葉っぱに除虫成分があり、生ゴミのコバエ対策とか、門の横に植えておくとハエや蚊が入って来ないとか。この効能のため農家では周りにこの木をよく植えているそうで、車で走ると確かに結構たくさん見かけました。

早速葉っぱを頂いて来て生ゴミで試して見ると、どっかの「コバエ○○」みたいな製品より格段に高い効果が見られました。

うちの敷地内には生えていないのでamazonで更に効果が高いというインドセンダン(別名ニーム)を何株か注文しました。鉢植えにして猫小屋の入り口に並べようと思います。成長が早いそうで楽しみです。

それが昨日、何と敷地内に一本、しかも猫小屋の横に生えていたのを発見。直径3cmほどの幹が切られており、根元から細い枝が生えて小さな葉っぱをつけていました。あっ...それは何ヶ月か前、工事のため不要な木を切ると言う時、私に「この木要りますか?」と聞かれて、その見慣れない葉っぱを見てこれがセンダンとは知らず、「可愛そうだけど要りません」と答えたことを思い出しました。わーん、許して~。切り株からまた立派に育ってくれることを祈るばかりです。そう言えば他にも同じ葉っぱの苗木が生えているのを見たような。探して見つけて保護せねば。

それから愛媛から大事にお連れしたハスノハカズラ様。

猫屋敷では真冬にも何枚か葉っぱをつけて元気に越冬していましたが、こちらのこの冬の3度の積雪と低温に、土の上に出ていた茎は何度か凍ってしまったようでカスカスになっていて、もうダメか~、でも土の中で根が生きているのでは、と祈っていたのですが、祈りが通じて見事に復活。

海の近くに生えるというツタなので、こんな山の中では多分うちにしかないと思います。早くまた地面いっぱいに広がって他の雑草を駆逐してくれますように。

2年前の猫屋敷の通路の写真です。

hasunoha201208.jpg