「生活・雑感」カテゴリーアーカイブ

この夏の総決算

2月頃からいよいよ外出もままならない日々が続いた今年、連日感染者数のニュースが延々と流れ、ただただそれを見聞きしているばかりで、前向きな事には何も手がつけられず、時間ばかりが矢のように過ぎて行った感の今年の春夏。

しかも凄まじいばかりの猛暑で毎日日に2、3回猫小屋に放水、植木に撒水で毎日クタクタ。それがホンの10 日ほど前までのこと、そして3、4日程前から朝夕めっきり涼しくなり、猫たちが布団を欲しがり始めました。信じられない気候の急変。

16日の夕方、夕焼けに黒く浮かぶ木々の姿が明らかに夏とは違う感じ。

猫小屋の前の茂み、写真ではイマイチよく分かりませんが肉眼で見た時はこちらももう秋へと向かおうとしていました。

キンモクセイに小さな蕾がつき始めました。キンモクセイにはいつもと同じサイクルが巡っているようですが、今気が付きましたが彼岸花が咲いてない!!これは一大事です。去年も確か咲くには咲いたけどとても数が少なかったような。皆様の地方ではどうですか?

この夏の総括を書きたかったのですが、それよりカレンダー、カレンダー。でも明日は用事があるし、、、もう寝ます。一言だけ。今年の夏は思いがけず心身共に元気と若さを取り戻せた夏でした。詳細はまたいつか。

秋の訪れ

20日以上も更新出来なかったのは毎日の猛暑との戦いプラス健診の追加検査等で本当にクタクタだったからです。更に超猛烈台風の接近で対策に追われていました。結果検査も台風も何事もなく、今日は朝からクーラーなしでも薄ら寒いほど涼しい小雨の天気で猫の暑さを気遣う必要もなく、久々に落ち着いた時間を過ごせています。

8月末の山と空と白い雲。前に描いたバス停でスイカを持って立つトッピーの絵の背景そのまま。ああ、憧れだった風景の中に今暮らしている、、、

台風一過の夕方、ふと逆光の足元を見たら猫じゃらしが秋の日差しを身に纏っていました。日が落ちるのも随分早くなり、19時にはもう暗くなった。寂しい。

色々書きたいことがいっぱいですが、カレンダーがもう時間切れ!ゆっくりすることは許されないのでした。

晩夏の点描

気が付けばもう9月が目前。カレンダーに着手せねば。また今年もギリギリにずれ込むのか、、、。もう何ヶ月も猫絵描けてませんTT

家の周りに水を撒いていると、決まってシオカラトンボが飛んで来ます。水を飲みたいのでしょう。今日は何と美しく可愛いVIPが!

ボケてるのが残念。アオモンイトトンボと言うイトトンボ。イトトンボと言うと羽が黒いのはよく見ますが、こんな綺麗な色のは初めて見ます。

今年はうちの周りにはセミが少ない。ツクツクボーシ、カナカナ、ミーンミーン、シワシワと鳴く声は毎日聞こえますが、いつものように猫が捕まえて家の中に持って来る事は一度あったきり。

ヒメボタルが飛んでいるのも1匹しか見なかった。地面でピーカピーカ光っているメスだかサナギだかの光は結構見るのですが。

花が終わって豆の木になったネムノキは夕方になっても眠らない事を発見。

ホトトギスの声も聞かなくなった。10 年前には一日中よく鳴いていたのに。

この頃チビトラがいじめっ子になって毎晩2、3回バニーちゃんやチュンチュンをいじめるので、ギャーッと言う声で起こされて助けに飛んでいかなければならず睡眠不足です。

猛暑!

先ずは涼しげな写真を。去年は赤いスジのあるタカサゴユリしか咲かなかった庭に今年はたくさんの純白の百合が咲きました。3、4年以上前、愛媛から持って来たタネをいっぱい撒いたことがあったけどそれが今頃咲いたということでしょうか?純白の花を咲かすタカサゴユリもあるとか。タカサゴユリは外来種なので駆除しないと日本固有の百合が絶滅させられるとの情報を聞いたので、タカサゴユリを見る目が複雑になっていた私の心を見抜いて純白に変装したのかな?

この猛暑の中、シェフも私も元気で生きてます。コロナも今のところクリアしてます。が、徳島県の感染者数が最近ものすごい勢いで増えて来て、だんだん本気で怖くなりました。アルコールスプレー持参での外食もよくよく考えてから行くかどうか決めなくては。今まで知らなかったけど、徳島県の人口は四国一少ない!なので人口比では四国で一番感染率が高いのです。

先月来ずっと突然降って湧いた用事が出来て忙しい日を送っています。ただでさえ猫小屋への撒水、リカちゃんの点滴、散歩と毎日いっぱいいっぱいなのに。そろそろ本気でカレンダーに取り掛からねばならないし、頭がパニクリそうです。

ですが最近ちょっといい事も。特定健診結果を聞いてから本気で取り組み始めた減量がだんだん習慣として身に付き始め、これまでの大食暴食をキッパリ改めることが出来ました。今まで人の倍程も食べないと満腹感を感じられなかったのに、本当に生まれて初めて一人前のメニューでお腹いっぱいになるようになりました。

それとちょっと重いものを持って歩く時背中が伸びなくて年寄り臭かった件。どこに原因があるのか、腹筋か、背筋か、でも腹筋背筋運動もなかなか出来ず悩んでいたのですが、いとも簡単な体操でとても改善されたのです。

それは両肩を後ろに反らすこと。これは腹筋運動のように場所も取らず、体力も大して消耗せず、いつでもどこでも簡単に行えます。一番簡単なのは手を後ろ手に組んで背中を反らすこと。タオルなどを持ってやってもグー。レベルアップすると白鳥の湖のオデット姫のように両腕を後ろに回して白鳥が羽ばたく動作をする。更に難度を上げると後ろ手で両手を合わせて拝む。これ何かのCMで「これ出来ますか?」って言うやつ。手が短い私はまだ完全には出来ませんが、少しずつ完成に近づけています。これによって腹筋も背筋も自然に鍛えられます。

背中が伸びると疲労が違います。気持ちも明るくなるし。少し前まで疲労回復のために毎日必死で食べていた「何ちゃって梅シロップ」も長らく食べなくても平気になってることに気付きました。見たことのない自分の背中、そこがこんなに重要なポイントだとは知らなかった。

序でながら、姿勢を正すと言うゴム製の姿勢矯正ベルトがありますね。あれ、昔使ったことがありますが、あれは良くない!肩とベルト下部の間の背骨が圧迫されて、とてもシンドイ。シンドさを感じない場合でも背骨を縦方向に圧迫するのは事実ですから、きっと良くないはずです。

明け方2時過ぎ、表へ出ると細い月と金星が東の空で美しく輝いていました。先日のペルセウス座流星群の夜は山頂へ登る車がひっきりなしでした。残念ながら少し薄い雲がかかっていて、あまりたくさん見られなかったようです。私は一個も見えなかった。

リリちゃん

11日夜捨て猫を保護。リリちゃんと名付けました。13日に速攻で手術して頂けました。もともと飼い猫出身のようで、とっても良く懐いていてトイレもちゃんと使えます。暖かいホットカーペットで嬉しそうにゴロゴロ転がっています。他の面々と仲良くなれればいいのですが。ニコちゃんとカラとチュルオを足して3で割ったような顔と毛並み。もしかしたらニコちゃんの妹かも。

先日のニュースで歯科診療がかなり感染の危険性が高いと言っていたので、その前から定期メンテどうしようかなとずっと迷っていたのですが、これで決心して今回はお休みにさせて頂きました。シェフの歯科通いも一応の区切りがついたところで、先生から「どうしましょうか」というお言葉があり、やはり暫く様子を見ることにしました。だんだんとこの異常事態が身に迫って来る感じ。

新しいタニタの体重計で測ったら、体脂肪率は高めでも標準範囲内、内臓脂肪は正常、体内年齢は実年齢と同じか2、3歳低め、との判定。古い方のは実年齢より5、6歳、ひどい時には最高10 歳も高く判定されたことがあります。プンプン!買い換えて良かった。

粗食とやる気

昨日はどういう訳か突然片付けの神様が降臨し、引越し以来丸3年以上も手をつける気にならなかったゴミの山(いえ、何もかも次から次へと積み上げて来たもの)の一角を遂に整理。少しだけ足の踏み場が出来ました。これを叙々に増やして行けばいいのだ。ガンバレ、自分。実は万一コロナに感染しちゃって隔離されたりしたら、このゴミ屋敷にご近所の方に入って貰って猫の世話をお願いしする事態に、、、と想像すると俄然奮起したのです。

朝早くから深夜まで猫の世話をあれこれ挟んで働き続けた一日でしたが、食事は極めて質素、玄米ご飯、梅干、舐め味噌、漬物、チリメンジャコ、前日半額で買った刺身。その漬物ですが、去年秋、白菜やカブラや小松菜を琺瑯の漬物桶に入れたまま何ヶ月も放置していたもの。これも片付けの神様のご指示で蓋を開けてみる勇気が。てっきりもう腐っているとばかり思っていたのですが、何とどれもとっても綺麗に漬かった状態。腐敗菌を寄せ付けない強力な菌がしっかり働いてくれていたようです。全部取り出して洗って切って小分けして冷蔵庫へ。それを茶碗一杯ほど食べたお蔭で体も頭も疲労感ゼロです。善玉菌が腸に満ちた効果は即時に感じられることに改めてビックリです。

昨夜は満月ではないけど十五夜、そしてスーパームーン。肉眼ではそんなに大きく見えなかったけど、なるほど大きい。

昼間の新芽の輝き、何の木か知らないのですがとっても綺麗。

とうとう緊急事態宣言が出された日に呑気な記事を書いていることに罪悪感。

サクラに親しむ

籠城の中のサクラの季節なんて生まれて初めてのこと。おかげで今まで気付かなかったサクラの意外な素顔をいくつか発見。

並んでいるとまるでピンクのシャクナゲのようにも見える。

太い幹から直接花芽が出て咲いているところ、まだ蕾もあってキレイ。

今年はヤマザクラが一際美しく咲きました。一口にヤマザクラと言っても、目に入る範囲で少なくとも2種類あります。

木全体に赤い葉っぱと花がまばらに付いて花と葉のコントラストが美しいもの。

薄茶色の葉が木の上部に多く付いてそれより下には一見ソメイヨシノかと見まがうほど密に花を付けるもの。

徳島県のサクラと言う蜂須賀桜、保存会が無料で配って増やそうとしています。去年、一昨年で計8本貰って植えたもの、全て枯れずに育っていますがまだまだ花は咲きそうもありません。

桜餅の葉っぱになる唯一の品種だと言うオオシマザクラを3本購入しました。ソメイヨシノが消えてしまうかも知れないとのこと、その時に備えて姿のよく似てると思うオオシマザクラを植えておこうと思ったのです。今の自分がこんなに美しいサクラを見られるのも遠い昔に誰かが植えてくれたおかげ、私も遠い未来の誰かの為に。

先日風邪気味だった時に生まれて初めて知った食欲減退感がその後も持続、と言うと心配になるのですが、実は隠れギャルそねを自認する大喰らいだった私のこと、やっとやっっと普通に戻っただけなんです。腹十二分目でないと満腹感が得られなかったのですが、腹八分目で後は残しておくと言う至難の技が出来る様になりました。しかし体重はなかなか減りません。体重計と言うか体組成計、充電式の電池が古くなってすぐ切れるようになったので、乾電池式のタニタのものを購入しました。

山桜満開

花簪のようなソメイヨシノに比べてまばらな花付きのヤマザクラは、背景に映えて空気の奥行きを感じ、とても清々しく気高い花だなあと思います。江戸時代にソメイヨシノが登場する前は自分たちが日本の桜だったんだから、と言う誇らしい姿。枝垂れ桜はまだ1分咲きです。

まだ満開のソメイヨシノですが一昨日位から散り始めのサインと言う中心の濃いピンクが見られ、今朝黄緑色の葉芽が現れました。

コロナ対策でインスタント食品や冷凍食品を買い込んで、それを保存しておけばいいのに普段に食べてしまって、あっという間に体重がうなぎ登り!次のメタボ健診までに4、5kg減らさなきゃ、と思っていたところ、運良く?風呂上がりに風邪気味になり、倦怠感。まさかコロナ!とヒヤヒヤでしたが、熱、咳はなく匂いも感じる。でも食欲がない状態が丸々2日続き、玄米にお茶漬けの素、漬物、チリメンジャコ、舐め味噌と言うおしんのような食事を続けたところ、2kg減りました。この食生活を維持しよう!

コロナウイルス、こいつが人体に入ってからの治療薬の開発はもちろん大事ですが、例えば顔面などに付着した時、そこに他の細菌がウヨウヨしていたらコロナがやられてしまうとか、コロナの天敵を探す研究、誰がやってるのかな。私に顕微鏡など揃ったラボがあればやりたい。

チカ坊お得意のオッサンポーズ。お尻の傷に塗ったミッチーオイルでお腹周りも濡れてます。

環水平アーク

籠城生活も一ヶ月、だんだん自堕落になっていく感じ、ボケが始まるのでは、と心配です。でも懸案のサンルームの活用が何とか達成出来たのが一つの成果。それと去年の夏、茂るに任せていたら前の道路やキンモクセイの木に伸びて絡んですごいことになっていたアサガオ、冬の間も青々とした葉をつけていたのがこの頃やっと枯れて来たので、邪魔になるところの茎を根本から切ってしまいました。これもやっとやり遂げた仕事。私としては蔓植物に覆われて住むのは大好きなのですが。

一昨日だったか関東方面で環天頂アークが見られたと言うニュース、ん?そんな名前だったっけ?と思って調べたら、前に見たものは環水平アークと言うものでした。太陽に対して現れる位置が違うとか。

2014/5/4
この時の内暈

この現象について、とても詳しく分かりやすい説明をしてくれてるブログがありました。

北東北お天気BLOG

気象予報士&防災士の方のブログです。その中のこのページ↓

環水平アーク 2004.5.12

またいつか見えるといいなぁと願っています。それにしてもこう言う現象は初夏に見られるものだと思っていましたが。温暖化?

ウグイス初音

昨日の小雨そぼ降る一日から一変、今日は朝から眩しい程の陽春の日差しです。

前回の晴れの日、工事現場で日向ぼっこするチュルオ

昨夜ニコちゃんが生きたネズミをくわえて入って来て、ごじゃごじゃ物が置いてある台所で取り逃すという最悪の事態発生。他の子も加わって大捜索してたけど見つからず。困ったけど私にはどうすることも出来ません。仕方なくサンルームで寝て、朝4時頃目が覚め、台所へ行ってみると、何とカラがガッシリとネズミをくわえて立ちはだかっている!でかしたカラちゃん、とネズミごと抱き抱え表へポン。後で出てみると首尾良く仕留めて、しかも食べたりせずに綺麗なまま置いてありました。ニコちゃんは責任放棄してグースカ。

一昨日の朝、たどたどしく鳴くウグイスの声が聞こえました。それにしてもウグイスの声、めっきり少なくなりました。学生時代、奈良県生駒市のアパートにいた頃は確か2月初めから聞こえていたと記憶していますが。それに10 年前にはうるさい程聞こえていたホトトギスの声もサッパリ。

ホトトギスでふと思ったのですが、「鳴かぬなら〇〇〇〇〇〇〇ホトトギス」の句。私だったらどのタイプかなーと考えたら、前は「鳴かせてみしょう」「鳴くまで待とう」かなと思っていたのですが、今は「それでもいいよ」か「私が鳴こう」。だんだん他者に期待しない方向に行ってます。

で、ハッと気づいたのです、私時々ウグイスとホトトギスを言い間違えることがあるのですが、この句の鳥も何となく頭の中でウグイスを思い浮かべていたことに。普通鳴いて欲しいと思う鳥は何と言ってもウグイスではありませんか。

5音節にするためたまたまホトトギスに?それとも私みたいにウグイスとホトトギスを混同してた?それとも昔はホトトギスを飼って鳴き比べをさせていた?こんな暇な事書いてる暇はないのですが。

その後ネットで調べたら、やはりウグイスとの混同らしいです。

©︎mojuni