「生活・雑感」カテゴリーアーカイブ

リリちゃん

11日夜捨て猫を保護。リリちゃんと名付けました。13日に速攻で手術して頂けました。もともと飼い猫出身のようで、とっても良く懐いていてトイレもちゃんと使えます。暖かいホットカーペットで嬉しそうにゴロゴロ転がっています。他の面々と仲良くなれればいいのですが。ニコちゃんとカラとチュルオを足して3で割ったような顔と毛並み。もしかしたらニコちゃんの妹かも。

先日のニュースで歯科診療がかなり感染の危険性が高いと言っていたので、その前から定期メンテどうしようかなとずっと迷っていたのですが、これで決心して今回はお休みにさせて頂きました。シェフの歯科通いも一応の区切りがついたところで、先生から「どうしましょうか」というお言葉があり、やはり暫く様子を見ることにしました。だんだんとこの異常事態が身に迫って来る感じ。

新しいタニタの体重計で測ったら、体脂肪率は高めでも標準範囲内、内臓脂肪は正常、体内年齢は実年齢と同じか2、3歳低め、との判定。古い方のは実年齢より5、6歳、ひどい時には最高10 歳も高く判定されたことがあります。プンプン!買い換えて良かった。

粗食とやる気

昨日はどういう訳か突然片付けの神様が降臨し、引越し以来丸3年以上も手をつける気にならなかったゴミの山(いえ、何もかも次から次へと積み上げて来たもの)の一角を遂に整理。少しだけ足の踏み場が出来ました。これを叙々に増やして行けばいいのだ。ガンバレ、自分。実は万一コロナに感染しちゃって隔離されたりしたら、このゴミ屋敷にご近所の方に入って貰って猫の世話をお願いしする事態に、、、と想像すると俄然奮起したのです。

朝早くから深夜まで猫の世話をあれこれ挟んで働き続けた一日でしたが、食事は極めて質素、玄米ご飯、梅干、舐め味噌、漬物、チリメンジャコ、前日半額で買った刺身。その漬物ですが、去年秋、白菜やカブラや小松菜を琺瑯の漬物桶に入れたまま何ヶ月も放置していたもの。これも片付けの神様のご指示で蓋を開けてみる勇気が。てっきりもう腐っているとばかり思っていたのですが、何とどれもとっても綺麗に漬かった状態。腐敗菌を寄せ付けない強力な菌がしっかり働いてくれていたようです。全部取り出して洗って切って小分けして冷蔵庫へ。それを茶碗一杯ほど食べたお蔭で体も頭も疲労感ゼロです。善玉菌が腸に満ちた効果は即時に感じられることに改めてビックリです。

昨夜は満月ではないけど十五夜、そしてスーパームーン。肉眼ではそんなに大きく見えなかったけど、なるほど大きい。

昼間の新芽の輝き、何の木か知らないのですがとっても綺麗。

とうとう緊急事態宣言が出された日に呑気な記事を書いていることに罪悪感。

サクラに親しむ

籠城の中のサクラの季節なんて生まれて初めてのこと。おかげで今まで気付かなかったサクラの意外な素顔をいくつか発見。

並んでいるとまるでピンクのシャクナゲのようにも見える。

太い幹から直接花芽が出て咲いているところ、まだ蕾もあってキレイ。

今年はヤマザクラが一際美しく咲きました。一口にヤマザクラと言っても、目に入る範囲で少なくとも2種類あります。

木全体に赤い葉っぱと花がまばらに付いて花と葉のコントラストが美しいもの。

薄茶色の葉が木の上部に多く付いてそれより下には一見ソメイヨシノかと見まがうほど密に花を付けるもの。

徳島県のサクラと言う蜂須賀桜、保存会が無料で配って増やそうとしています。去年、一昨年で計8本貰って植えたもの、全て枯れずに育っていますがまだまだ花は咲きそうもありません。

桜餅の葉っぱになる唯一の品種だと言うオオシマザクラを3本購入しました。ソメイヨシノが消えてしまうかも知れないとのこと、その時に備えて姿のよく似てると思うオオシマザクラを植えておこうと思ったのです。今の自分がこんなに美しいサクラを見られるのも遠い昔に誰かが植えてくれたおかげ、私も遠い未来の誰かの為に。

先日風邪気味だった時に生まれて初めて知った食欲減退感がその後も持続、と言うと心配になるのですが、実は隠れギャルそねを自認する大喰らいだった私のこと、やっとやっっと普通に戻っただけなんです。腹十二分目でないと満腹感が得られなかったのですが、腹八分目で後は残しておくと言う至難の技が出来る様になりました。しかし体重はなかなか減りません。体重計と言うか体組成計、充電式の電池が古くなってすぐ切れるようになったので、乾電池式のタニタのものを購入しました。

山桜満開

花簪のようなソメイヨシノに比べてまばらな花付きのヤマザクラは、背景に映えて空気の奥行きを感じ、とても清々しく気高い花だなあと思います。江戸時代にソメイヨシノが登場する前は自分たちが日本の桜だったんだから、と言う誇らしい姿。枝垂れ桜はまだ1分咲きです。

まだ満開のソメイヨシノですが一昨日位から散り始めのサインと言う中心の濃いピンクが見られ、今朝黄緑色の葉芽が現れました。

コロナ対策でインスタント食品や冷凍食品を買い込んで、それを保存しておけばいいのに普段に食べてしまって、あっという間に体重がうなぎ登り!次のメタボ健診までに4、5kg減らさなきゃ、と思っていたところ、運良く?風呂上がりに風邪気味になり、倦怠感。まさかコロナ!とヒヤヒヤでしたが、熱、咳はなく匂いも感じる。でも食欲がない状態が丸々2日続き、玄米にお茶漬けの素、漬物、チリメンジャコ、舐め味噌と言うおしんのような食事を続けたところ、2kg減りました。この食生活を維持しよう!

コロナウイルス、こいつが人体に入ってからの治療薬の開発はもちろん大事ですが、例えば顔面などに付着した時、そこに他の細菌がウヨウヨしていたらコロナがやられてしまうとか、コロナの天敵を探す研究、誰がやってるのかな。私に顕微鏡など揃ったラボがあればやりたい。

チカ坊お得意のオッサンポーズ。お尻の傷に塗ったミッチーオイルでお腹周りも濡れてます。

環水平アーク

籠城生活も一ヶ月、だんだん自堕落になっていく感じ、ボケが始まるのでは、と心配です。でも懸案のサンルームの活用が何とか達成出来たのが一つの成果。それと去年の夏、茂るに任せていたら前の道路やキンモクセイの木に伸びて絡んですごいことになっていたアサガオ、冬の間も青々とした葉をつけていたのがこの頃やっと枯れて来たので、邪魔になるところの茎を根本から切ってしまいました。これもやっとやり遂げた仕事。私としては蔓植物に覆われて住むのは大好きなのですが。

一昨日だったか関東方面で環天頂アークが見られたと言うニュース、ん?そんな名前だったっけ?と思って調べたら、前に見たものは環水平アークと言うものでした。太陽に対して現れる位置が違うとか。

2014/5/4
この時の内暈

この現象について、とても詳しく分かりやすい説明をしてくれてるブログがありました。

北東北お天気BLOG

気象予報士&防災士の方のブログです。その中のこのページ↓

環水平アーク 2004.5.12

またいつか見えるといいなぁと願っています。それにしてもこう言う現象は初夏に見られるものだと思っていましたが。温暖化?

ウグイス初音

昨日の小雨そぼ降る一日から一変、今日は朝から眩しい程の陽春の日差しです。

前回の晴れの日、工事現場で日向ぼっこするチュルオ

昨夜ニコちゃんが生きたネズミをくわえて入って来て、ごじゃごじゃ物が置いてある台所で取り逃すという最悪の事態発生。他の子も加わって大捜索してたけど見つからず。困ったけど私にはどうすることも出来ません。仕方なくサンルームで寝て、朝4時頃目が覚め、台所へ行ってみると、何とカラがガッシリとネズミをくわえて立ちはだかっている!でかしたカラちゃん、とネズミごと抱き抱え表へポン。後で出てみると首尾良く仕留めて、しかも食べたりせずに綺麗なまま置いてありました。ニコちゃんは責任放棄してグースカ。

一昨日の朝、たどたどしく鳴くウグイスの声が聞こえました。それにしてもウグイスの声、めっきり少なくなりました。学生時代、奈良県生駒市のアパートにいた頃は確か2月初めから聞こえていたと記憶していますが。それに10 年前にはうるさい程聞こえていたホトトギスの声もサッパリ。

ホトトギスでふと思ったのですが、「鳴かぬなら〇〇〇〇〇〇〇ホトトギス」の句。私だったらどのタイプかなーと考えたら、前は「鳴かせてみしょう」「鳴くまで待とう」かなと思っていたのですが、今は「それでもいいよ」か「私が鳴こう」。だんだん他者に期待しない方向に行ってます。

で、ハッと気づいたのです、私時々ウグイスとホトトギスを言い間違えることがあるのですが、この句の鳥も何となく頭の中でウグイスを思い浮かべていたことに。普通鳴いて欲しいと思う鳥は何と言ってもウグイスではありませんか。

5音節にするためたまたまホトトギスに?それとも私みたいにウグイスとホトトギスを混同してた?それとも昔はホトトギスを飼って鳴き比べをさせていた?こんな暇な事書いてる暇はないのですが。

その後ネットで調べたら、やはりウグイスとの混同らしいです。

©︎mojuni

チュルオ招き猫

©︎mojuni

真夜中の落描きです。

昨日はやっとサンルームの片付けを一段落させ、ホットカーペットを敷いてクロリー 達の寝床として使える様にしました。最初カーペットの上に潜り込み用の掛け布団を置いて(本当はそんなもの置いてはいけないのですが)いただけでは誰も入って来ないので、山の猫小屋でしている様にダンボール箱に入り口を開けて並べて置いて、その上から布団を掛けてやるとクロリーもカラも速攻入ったきり出て来ません。リカちゃんを山の方に移動させてからサンルームは物置になっていたのですが、クロリーは鼻水を飛ばすしカラは頻繁にゲロするし乱暴するしで安眠が妨げられるので別世帯にしてもらいたかったのです。暮れから計画していたのですが、やっと完了。カーペットだけでは部屋全体が寒いので、人間の部屋との間のドアを開放してエアコンの暖気が流れ込む様にしてやりました。ホットカーペットに加えエアコンの電気代が怖いけど。

やっぱり春の日差しを浴びるとズボラーの私でも多少のやる気が引き出される様です。この調子で次々と掃除、片付けが出来ればいいのですが。

そうそう、最近思い切って掃除機を新調し、サンルームで使って見ました。日立のキャニスター型の吸込仕事率の一番大きいやつです。今までダイソンやその他メーカーのサイクロン方式のものを3個程買いましたが、全て腹が立って人にあげるか捨てるかしました。コードレスはいざ使いたいと言う時に充電が出来てなかったり、ゴミ捨てが大変だったり、一番ダメなところは何故か全ての機種で本体とホースの繋ぎ目辺りでゴミが詰まってしまうこと。よそのお宅ではそんなことないのでしょうね。うちはとにかくゴミの量が桁外れなんだろう、、、。で、必要な時は10 年か15年位前のキャニスターを使っていたのですが、いよいよ接触が悪くなったので買い替えた次第。結果、久々に気持ちいい掃除が出来ました。消費電力大きいですが、何せたまーにしか使わないんだからそんなこと気にする必要なしか^ ^;ズボラーでよかった?

真夜中の雪

天気予報通りに夜中の2時頃雪が降っていて、アスファルト道路は黒かったけど土や草の上は1、2cm白くなって、踏み締めるとキュッキュッとしっかり硬い雪の感触がありました。朝起きたら車の屋根やフロントガラスが真っ白。でも日差しは強く、あっという間に白い雪は消えてしまいました。

雪が積もるとアイスバーンになるうちの前の道路にこの冬配られた凍結防止剤の塩化カルシウムの袋、何故かカラスが突っついて穴を開け、そこから雨で溶けている。道理でやけにカラスがその近くの道路をヒョコヒョコ歩いてた筈だー。今まで3年間そんなことしなかったのに、それに何故うちの前だけそんな被害に遭うのか?? で、合板の板で隠してカラスに見えない様にしているのですが、道ゆく人からは見えにくいので、必要な時には私が撒かないと。カラスのおかげで余計な任務が、と思っていたのですが、積もらなくて助かりました。

©︎mojuni

籠城

10 、11日と一泊で前に住んでいた町へ出かけていました。お世話になった方のお通夜とお葬式に。

ここ数年、何かにつけて涙もろくなってしまって、コーラスサークルで「命の歌」や「花は咲く」を歌うと涙で声が出なくなってしまう。そう言えば歳と共に周りで亡くなる人が増えていくばかり。お見舞いに行かねば、と思っていたり、気になっている人には遅くならないように会いに行かなくちゃ、と思いました。

コーラスは去年秋から参加しているのですが、近々プチ発表会があるとのこと、でも当分お休みすることにしました。理由は例のウイルス、不要不急の集まりは控える方が賢明。シェフの歯科通いも暫くお休みにしました。外食もNGなのが辛いです。王将の餃子も生のを買って家で焼いてます。何しろフェリー便のある和歌山県で感染拡大しているので、徳島県も心配です。

コロナウイルスと言えばもう15年程も前になるか、トラ猫の男の子がFIPと言う猫コロナウイルスによる病気で死んでしまった悲しい記憶があります。今回のウイルスが変異して猫に感染するようになりませんように。

私の手を抱いて寝るチュルオ。手荒れがお見苦しいので隠蔽しました。

近所の乱暴者の猫が怖くて2ヶ月も家に帰って来られなかったチュルオ、痩せこけていた体もすっかり元通りに回復し、大勢のお兄ちゃんお姉ちゃん達にも受け入れてもらえて、昼間サンデッキでみんなと並んで日向ぼっこも出来る様になり、また家出する心配もほぼなくなりました。いじめっ子猫は時々ここへも現れますが、その時にはタンタン兄ちゃん、チカ坊兄ちゃん達が追っ払ってくれます。

今日は仲良し妹のニコちゃんを連れて行って同じ部屋に暫く入れておいたところ、ルームメイトのララちゃんとニコちゃん(メス同士)の相性もまあまあ。ニコちゃんはこっちの家に置いておくとバニーちゃんに意地悪するので、山の方で暮してくれればありがたい。

近所の梅林が満開になりました。が、風に匂いが漂って来ません。京都や奈良の梅とは種類が違うのか?

気が付けばフキノトウがニョキニョキ、で10 コ採ってニンジン、カボチャ、ゴボウなどと天ぷらにしました。粉は米粉、油の量は炒める程度で。まあそこそこ天ぷらでした。

毎日納豆

食べられるようになりました。

関東の皆様には笑われるかも知れませんが、日本が世界に誇るべき健康食品、納豆、今まで何度頑張って毎日食べようと決心しても毎回挫折してしまっていたのです。やっぱり匂いがねえ。10 年程前、ニンニクでアホエンを作って、それをかけて食べると美味しく食べられることを発見したのですが、そのアホエンを作るのが面倒、で挫折。お酢をかけて食べる酢納豆が体に良いと聞いてまた奮起したのですが、酸っぱいマズいでまた挫折。

先日書いた様にアジの三杯酢の残りの酢をかけてみたら、臭みが完全に消えて超美味しい!出来るだけ毎日アジの三杯酢を切らさないようにしておかずにすると同時に残りの酢を備蓄。アジ(青魚)、酢、納豆という健康食品を合理的に取り入れることに成功。今度こそは一生続けられそうです。

ご近所のミカン農家さんが怪我されたか何かで今年は収穫出来ないから好きに採ってもらっていい、と聞き、一番近いところを覗いてみるとそこはユズ畑、いっぱい地面に落ちていました。何と勿体ない。まだ落ちて間もないものを拾い集めて、さて親戚に送って柚子湯に、、、等と思ったけど、とても荷造りして送る暇もなし。

皮を薄く剥いて乾燥させたり冷凍したりして自家製の七味を作ったり、うどんに入れたり、、、できようか、このズボラーに。

洗顔、浴用石鹸の代わりに使ったり、バケツに水を張ってその中に漬け込み、猫の皿洗い液として利用してやって有効利用、気力があれば皮を薄く剥いてミキサーにかけて洗剤液を作ります。